HOME   »  
 | 

聖珠と光玉と手島右卿この三角関係を検証してみました!

二代目教え主聖珠(甲子)の性癖について、いまとなっては確たる証拠を示すことはできませんが資料の積み重ねによる状況証拠で憶測することは可能です。前回は光玉との関係について書きましたが今度は別の男の話です。そう三代目教え主光央(泰六)の実父である手島右卿と聖珠の噂話の裏付けです。

表紙に「右卿」の書と落款が浮き彫りにされた豪華本その訳は?
0303yuukei33.jpg
続きを読む

岡田光玉は妻の実家の財産で豪遊・・用無しの妻とは離婚


2月27日は岡田光玉の誕生日で「御光誕祭」とか言うらしいが、経歴を見ると卑しい男だったことが解ります。ただし教団発行の出版物(御神書)には光玉に妻がいて離婚していることは一切書かれてないが?また二代聖珠の前歴についても同じです。教団の存亡に関わる秘密ですから当然!しかし現実にはほとんどの信者が知っていることですね。

たった一行だけ
義父さまの経営されていた繊維会社を引き継ぎ(崇教真光50年史38頁5行目)という記述がある。私の知る限りこの一行だけである
 
uritake022.jpg 
傷痍軍人だった光玉は28歳年下の愛人聖珠(甲子)と生き延びるのが精一杯だった、この光玉の生きる術が神様商売真光なのです

真光の初代教え主(教祖)である光玉は戦争で全財産焼け出され「王侯の如き生活からルンペン(乞食)になった」とあるが、この焼け出された全財産とは妻の実家の遺産である。王侯の如き生活とは妻の遺産を使って豪遊していた、そして二代教え主聖珠(甲子)とはすでに愛人関係であったと思われます。その後戦火による焼失もふくめ全財産を使い果たすと離婚しているのです。

 ◆光玉が会社経営に関わったのは昭和17年から昭和20年8月敗戦までの約3年くらいで、現在と違ってすべて手作りの時代ですから工場建設だけでも簡単ではなく、しかも日本軍はすでに劣勢が噂され新規事業の立ち上げはできなかったはず?しかし既存の会社を食い潰す事はできたでしょう!! 
◆戦後(第二次世界大戦)は日本人誰もが生きるか死ぬかの苦労したのですが、光玉も行商(闇屋、かつぎ屋)とか世界救世教の幹部(給料を貰っていた)、不動産ブローカー、あんま(手かざし)をしながら十数年後に宗教起業家(神様商売)として成功したと考えられます。 

 ◆光玉は借金の返済などしていない
一生かかってもとうてい返すことのできないほどの借金を返し終わって立教と言われていますがウソでしょう、「大聖主」を見ると解ります202頁7行目あたり・・あのインチキ勲章の叙勲祝賀披露宴での光玉の挨拶「・・都民銀行の工藤先生と福田先生のお世話により・・事なきを得たのであります」。つまりネ!政治家の口利きで帳消しにできる程度の借金はあって、しかも返済は免除された?と考えられます?傷痍軍人の光玉に大金を貸す人はいなかったでしょうね?また軍人だった実父は光玉が16歳の時に病死しており、公務員ですからそれほどの財産は残してなかったと考えられます。

この項目(光玉の妻の実家の財産と借金)に関しては資料が少なく私の憶測による部分もあります、そこで「考えられる」「思われる」という表現を使いました。但し光玉から直接教えを受けた局長、部長クラスの話は何度も聞き記憶には残っております。さらに詳しい情報をお持ちの方コメント欄に書き込んで頂けましたら有り難いです


いつも他人のことばかりを書いているのでチョットだけ自分のことも書いてみました。真光関連の資料の中に私の昔の写真があった、平成6年2月頃で入信から9ヶ月目に一人「光神殿」へ参拝したときの撮影です今から20年ほど前のものです。
uritake03.jpg 
私は平成5年5月に入信しました、もともと暗示にかかりやすいタイプなので入信後はスグに熱心な組手(信者)として活躍をしてきました。◆初級研修:平成5年5月 大阪大道場衣笠道場長、斉藤補佐 再聴講は同メンバーで3回受講 ◆中級研修:平成8年10月 白崎照明奉祭部長 平成9年4月 岩井浩次崇教局長 平成10年4月 中村泰通恢弘部長 ◆上級研修:平成13年3月 山田安住総合調整局長 (役職はいずれも当時)


オミタマの写真を見ると目が覚める!オキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 真光三代の教え主・年表実録・貧困と病気の信者達実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

続きを読む

光玉の教えは寄せ集め!と3代目光央は言っている

「輝ける崇教真光50年史」41頁後ろから11行目
救い主様は、不思議な体験を振り返り、手かざしを続けながら、神の世界を解明する為、日夜研鑽に励むことになります。心霊研究から宗教の研究へと参入していきました。イエスやモウシェ、釈尊の研究、イスラム教やゾロアスター教、儒教、道教、また神道、更には新宗教と言われ各宗教にもその範囲は広がりました。黒住教、天理教、大本教、世界救世教など、時にはその団体に属して(入信)まで宗教研究をしました。
tataki50.gif{画像をクリックすると大きく読みやすくなります}
1101mahikari007.jpg
上記のアンダーラインの部分を見て頂くと解りますが、初代光玉は世界救世教に入信し宗教的知識はそこで得たものでしょう、これに竹内文書を足してモヤモヤっと造り上げたのが「LH陽光子の友の会」ですね。

光玉が自称しているように神のウツシ身※なら、新興宗教に入信してまで勉強する必要は無く直接神の声を聞けばよいのです。

3代目光央によるネタばらし?
光央がハッキリと口に出して言ってる訳ではありませんが?なぜ問題かと言いますと平成21年(2009)11月に光央は3代目教え主に就任し同時にこの「輝ける崇教真光50年史」を発行しているのです。この出版をもって光玉より上に立ったと考えられます。(同25頁から)「救い主様、立教へのミチ」をじっくり読んでみると何ヶ所にも初代光玉を貶める記述があります。

光玉は自らを神だと名のっている
1101mahikari03.jpg

教え主は神の地上代行者 寸教231頁
私は初代の教え主であって、教祖ではない、また、神と間違えては困るが、神の地上代行者として出現させられたこと、つまり現界においては、神の「ウツシ身」※としてやっているのである。それを”代行者”という言葉で表現している。それでは、その神の本体かといえば本体ではない。しかし人間であって神のお役をしてしまっている。

光玉は繰り返し自分は神だと言っている 寸教239頁
1101mahikari02.jpg

それはウソですと光央が「輝ける崇教真光50年史」のなかで言っている
1101mahikari005.jpg
真光の教えは寄せ集めで、光玉や聖珠、光央に神通力などありません!

※「ウツシ身」:テレビ局のカメラの前にいる総理大臣は本人で、放映されてテレビに映っている総理大臣は「ウツシ身」どちらも全く同じ権力を持っている同一人物である。では真光の「教え主」は神と同じ力を持ってますか?

光玉は73才で病死、2代目聖珠は73才の時に光央を「お教え主代理」にした。今年は聖珠85才、光央68才そろそろ4代目の登場の時期ですね。

真光教え主光玉・聖珠・光央の3代の年表を参照して頂くと分かり易いです、私が纏めました
続きを読む

光玉は世界救世教を破門になった「御聖言」はウソばかり

-世界救世教側では光玉を破門にしたと言っている-
下記に引用した書籍名と内容の一部を紹介していますが、長いので要約しますと

光玉は世界救世教の岡田茂吉の弟子であったが、危険として禁じられていた「鎮魂帰神法」の施行や「竹内文書」の解釈など勝手な振る舞いが多かったので破門となった<br>

(注:光玉と茂吉は同じ岡田姓だが姻戚関係はない)

つまり光玉はこの頃から宗教団体の独立を考えていたと思われる、破門になったのは昭和27年頃で光玉51歳の時のことである「鎮魂帰神法」は真光で言うと眉間(8番)のお浄めと霊査のようなものと思いますが?また「竹内文書」は一般には偽書と言われているが分かり易い解説書を読むとなかなか面白い面もある


光玉は救世教では商売としての「信者獲得法」を学んでいたともいえる。それを茂吉氏に見抜かれて破門となったんでしょう


中島多加仁氏:著の「超宗教」
 
「超宗教」182頁8行目から
真光の教祖・岡田良一は、茂吉の弟子であった。が、あることにより破門されたのである。
それは彼らが励行する”真光の業”という浄め方法を見てもよくわかるが、あれは茂吉が全面禁止した、いわゆる「鎮魂帰神法/ちんこんきしんほう」なのである。

茂吉の講義
「・・・・・神憑りの危険なことは、常に私は注意しているにもかかわらず、今もってやめない人があるが、これは断然やめるべきである。・・・・・神憑りの八、九割までが狐霊であって、狐霊の八、九割までが邪霊であるから人を瞞すことなど本能的であり、人間に悪いことをさせるのは何とも思わないどころか、むしろ面白くて仕様ががないのである。という訳で彼らの中でも高級なやつになると憑依する場合、何々神だとか何々如来、菩薩、竜神などと言い、本人にもそう思わせると共に人にも信じさせようとするので、御本人もすっかりそのきになってしまい、生き神様扱いにされて多くの人から敬われ、贅沢三昧に耽るのがよくあり、これが狐霊の本性である。そして狐霊でも劫を経たやつになると、相当神通力をもっており、人間に憑依するやその人の思ってることは何でも分かるから、それに合わせて色々ななたくらみをする」
(霊憑りについて/昭和26年2月5日)


このように厳しく憑霊現象の危険を促した。ところが、それを無視して「鎮魂帰神法」に励んだ弟子が数人いた。そのもっとも有力者が岡田良一(のちの真光教祖・岡田光玉)だった。彼は、戦後に世界救世教へ入信したが、病気直しを中心とした茂吉よりも神秘を全面に押し出した王仁三郎へ意識が向いてしまうのも無理はないが、それではあまりに節操がないので、かれは超古史伝の最高峰とうたわれた「竹内文書」に目をつけた。さらに予言を全面に出し、教団拡充にへの糸口をみつけたのだ。



ここで解ることは
「御聖言」の最初にある「天地一切神の声・・・・」はウソ。光玉は昭和34年2月27日に突然(はじめて)神の声が聞こえたと言っているが?その十年も前から神様商売をしていた。昭和22年世界救世教入信、昭和24年ころには幹部として給料をもらっていた、昭和27年破門の後は「岡田竜造」を名乗って手かざし商売をしていた。もちろん巨額の借金返済の話もウソでしょう、そんな余裕はなかったはず。


-下記はアマゾンの広告ですが詳しく知りたい方はどうぞ-

超宗教―医学・農業・芸術の革命児 岡田茂吉の霊子科学


御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

「竹内文書」の出版物

「超図解 竹内文書―地球3000億年の記憶」¥1728
私が読んだ「竹内文書」関係の出版物では最も解りやすい内容でしたネー、定価は1728円ですが中古も600円くらいからかなりの数が出てるので買いやすいでしょう。

下記はアマゾンの広告へのリンクです



超図解 竹内文書―地球3000億年の記憶 (超知ライブラリー)



超図解 竹内文書〈2〉天翔ける世界天皇(スメラミコト) 甦るミロク維新とは何か (超知ライブラリー)

超図解 竹内文書〈2〉天翔ける世界天皇(スメラミコト) 甦るミロク維新とは何か (超知ライブラリー)

真光の御神体が25万円で落札されました!ヤフオクで

岡田光玉の直筆ですが?25万円で売れたのなら上出来でしょうね!私の憶測に過ぎませんが買い取ったのは教団関係者でしょうね?
gosintai01.jpg

3人の入札者が値段をつり上げる?
安値で落札されると初代開祖光玉の値打ちが下がりますから、教団関係者数人(代理人)が150回に渡って交互に値段を付け合って25万円まで吊り上げたと考えられます。

00001.jpg落札者kit*****  00002.jpg対抗馬uch*****  00003.jpg最終日に現れたabc*****

ほんまにお暇な方は次の表をご覧ください入札の経過表です
続きを読む

真光の御神体がヤフオクに出品されました!日本国内で!

コメント欄に情報を頂いたので取り急ぎ紹介させて頂きます。私もよく分かりませんが日にちが迫っているのでそのまま掲載しました。詳細は下記のアドレスをクリックしてご自身で確かめてください。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f142179926?al=11
通販サイトですから買い手がつくとリンク切れになるかも知れません(20141210-pm18:30)
1210gosintai001.jpg
画像をクリックすると大きく見やすくなります
1210gosintai002.jpg

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f142179926?al=11

出品者は「崇教真光」側ではなく「世界真光文明教団」側のようですね、いずれにせよ真光に神様はいないことが浸透してきましたネー

神仏を敬うことと、真光の「インチキ御神体」を粗末にすることは別の話です。


オミタマの写真を見ると目が覚める!オキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・貧困と病気の信者達実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部


東京都 ブログランキングへ地域情報 ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教批判・告発へにほんブログ村

返り霊(カエリダマ)も戒告もウソ、真光は寄せ集め!

ついさっきH祐子道場長とバッタリあった!
久々の出会いなのでチョット戸惑ったけど、お互いに笑顔で「コンチワー」とか言いながらすれ違ったよ(A準道場の近くの郵便局の前で20141208/11:45)

なんとなく懐かしい人にあったような気がして嬉しかったね!通り過ぎてから少し話をすればよかったかなーと思った!

ブログの中で何度も彼女を攻撃してはいるが個人攻撃ではない、「真光の教え・組織」と「み役」を突いているだけである?と、、、私は思っている。現役の組手だった頃は彼女とはよく話をして、わりに「話の通じる女性」だったね、個人感情としては嫌いではないが。しかし私自身が真光のデタラメを知った以上は話は別じゃ


このブログを書き始めて二年そして昨年暮れ「御み霊」をちょん切ってから一年になりますが、未だに「返り霊」とか「戒告」らしいものはありません私に悪想念がないことは本物の神様は観てくださっていると言うことでしょうかねー

返り霊(カエリダマ)=他人に悪想念を抱くとコダマのように本人に跳ね返りケガ病気などの災いに見舞われるという。 戒告(カイコク)=神仏の間違い、神様を粗末に扱うと同じく災難にあうらしい、当然ですが、似たような話はどこの宗派にでもあると思うよ。

私が元気にしていることは、蓮井道場長に今日バッチリ観て頂きましたから間違いありません!今月の月並祭でみんなに言うといてねー!

高丙文さんはネー侠客ですから、若い娘さん達を騙す連中が許せないだけなんですよー!任侠の道はつらいよ(^_^;)
1208mandaisirasagi.jpg
写真は万代池の白鷺(コサギ)今朝(12月8日)撮りました


オミタマの写真を見ると目が覚める!オキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・貧困と病気の信者達実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部


東京都 ブログランキングへ地域情報 ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教批判・告発へにほんブログ村

三代目教え主のお粗末な「奇跡の体験談」大炎開陽霊祭で

このブログを書き始めて満2年が経ちました、振り返ってみてよくも続いたなと自分でも驚きます。なによりも訪問者の多さです、今週も1日平均227人が訪れ同600PVも見てゆかれました。そのほとんどが組手や家族でしょう?真光に疑問を持たれてる方が多いんでしょうねー  https://www.ptengine.jp/の無料版で計測
1202pt03.jpg

きっかけは幾つかありましたが一番は3代目教え主光央の大炎開陽霊祭での教示です。しまい込んでおいた段ボール箱から当時の真光誌を引っ張り出して読んでみました。

平成23年12月大炎開陽霊祭の教示(真光誌平成24年1月592号35頁)
昨年の大炎開陽霊祭に参拝された埼玉中道場の千秋信仁さんは、長い間大きな正常化で歩くことができず車椅子でありました。ところが大炎開陽霊祭に参拝され神のみ光を賜り、私と面談をし握手をして帰られました。その後、千秋さんは車椅子から立ち上がることが出来るという御守護をいただかれたのであります。
1130ooharai01.jpg

↑この記事がなぜ問題かと言いますと?うっかり聞いてると教え主と千秋さんが握手をしてその場で立ち上がったように見えますが・・・「その後」なんですねー?その場でもなく?翌日でもなく?翌月でもなくその後なんですよ!教え主の握手とは何の関係もなく回復されたとみることが出来ます。一点だけを強調・誇張・歪曲して都合の悪いところはボカすんです、これが真光の「奇跡の体験談」ですネー!


しかもこの平成23年はあの3.11東日本大震災で2万数千人の死者と40万人の被災者を出した年です。その日からまだ9ヶ月しか経ってない大炎開陽霊祭で被災地の人々については一言も語らず。なんと一年前のたった一人の組手の話をしてどうするよ?(台湾からの震災への義援金のことは書かれていましたが教団と関係のないことです)


また真光誌には載ってませんが、3代目教え主光央は「千秋さんはこの会場におられます」「千秋さん立ってみてください、立てるはずですよー」と自慢げに言ってましたが?立ったところで証拠にはなりません?事実だとしてもたいしたことはありません、正に言うに事欠いてですねー他にネタはないんかいっ(`_´メ)


ついでに同真光誌の40頁にある秋田中道場の宇佐美さんの体験談はもっとひどいよ(~_~;)↓
続きを読む

崇教真光の「奇跡の体験談」はパクリと誇張・歪曲

また大炎開陽霊祭が近づいてきましたねー!道場には既に大炎開陽霊祭用の御奉納箱が用意されていると思いますが
ooharai20141130.jpg
特別祈願は祈願だけ!
一年に一回だけ個人的なお願いをしてもよいと教わりますが、「お願い」が「叶う」とは教えられていません。私は大炎開陽霊祭には19回参拝して結構な金額を御奉納しましたが一度も願いが叶ったことはありません。20年目に悟りましたねー(遅い)そうか!「お願い」をしてもよいが叶えるかどうかは神様次第?

但し崇教真光に神様はいない

青少年が健全な社会人になるためには多少はお金が要るでしょう!交通費も関西方面ですと1万数千円で済みますが、北海道や九州沖縄からは結構な金額となるでしょう。吸い上げるだけでなくできるだけ無駄なお金を使わせる!そうですこれも教団の大きな戦術です。

組手(信者)は貧乏にしておくべし!
健(病気)・和(家庭不和)・富(貧乏)これが教団繁栄の極意!!困ってる人ほど信仰心が強いので教団としては易々と「不幸の連鎖」のなかに閉じ込めておくことができる。

あのー!ちょっとお聞きしますが?大阪の新名所「グランフロント大阪」は崇教真光の松村さんがつくったんですかねー?gforot1206.jpg


奇跡の体験談も誇張・歪曲とパクリ
大阪大道場の松村さんの体験談を分析してみると分かり易いですね!
続きを読む

真光に掬われて巣喰われた女

祈言集104頁4行目
救わんと 思わばザルのドジョウすくい 土の下迄くぐる下座かな

この歌の意味:甘い汁を吸う食う(巣くう)には、先ずは網で信者を捕獲(掬い)してきなさい(幹部向けかな?)


掬い=教団では恢弘、お導きとか言うが?要は布教活動、新規信者を入信させる人集めのことである(金魚掬いとか)

巣喰い=教団は利他愛とか御奉仕とか言うが?教団行事への参加、奉仕活動、奉納など無料労働と資金提供のために何十年でも退会するまで利用され続ける。(シロアリに巣喰われる


つまり岡田光玉は「巣喰い主」である


写真:この影は私です、お花畑で臨死体験!ではありません。私はまだ元気に生きてますよ!


トドミちゃんが結婚?そんなアホなー
続きを読む

オミタマ(御み霊)は無理に棄てなくてもイイヨ!市議の木下吉信先生も?

要はね!
オミタマは身に付けない!
道場には行かないことが肝心ですね!
教団に近づかなければ年月とともに忘れてゆきますよ!
20140825omitama00.jpg

先日、私がお導き(入信)した知人S氏に会いました。正確な年月は忘れましたが15、6年前だったと思います、あの大阪市会議員の木下吉信先生も一緒に3日間「初級研修」(入信の教えと儀式)を受講しました。S氏に会うのは何年ぶりかで御み霊のことを聞きましたが本人はとっくに忘れていました、奥さんのほうがよく覚えていて仏壇の引き出しに保管してあるとのことでした「持って帰って欲しい」と言われたので預かって来ました。この写真がそうです結構汚れて濁ってますね
20140825omitama01.jpg

昨年暮れにチョン切ったオミタマに更に一つ仲間入り合計三個
20140825omitama02.jpg
S氏の二人の息子は既に独立してごく普通に元気に過ごしておられます。また市議の木下吉信先生http://www.kinoshita-yoshinobu.com/もお元気でしょうね、私が在籍していた20年間は阿倍野区王子町二丁目にあるA準道場の月並祭には必ず参拝されて「来賓」としてご挨拶をされていました、前に御本人が語っておられましたが一回だけ「手かざし」をされたことがあるそうです。たぶん御み霊は付けたことないでしょうね?なんせ100kg超の巨体ですから。月一回の参拝で数十票が確約されたら十分に元は取れます。

但し:政治家にもいろいろいます。
H優美ちゃんのように選挙違反で逮捕され
続きを読む
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄