HOME   »  MEMO  »  組み手が気付いていない「利他愛」のほんとうの意味

組み手が気付いていない「利他愛」のほんとうの意味

偉そうな書き出しでも申し訳ないが、ほとんどの組み手さんは解っていないと思います

「利他愛」というと「世のため人のため」と思うでしょう?実はそうではない!

御聖言162ページの「他力と自力」を読んでいただくとわかり易いと思うが


「他」とは神様のこと
つまり
他=神(教団、教え主、正法の教え)


教団に都合の良いことは
すべて正法、利他愛

その逆はすべて逆法(分かり易いんです)

どんなに、世のため人のために働いても、そこは逆法の世、逆法の人たちですから、神様(真光の)はお喜びにならない。

分かり易い例を挙げるとね、中国人が日本企業や商店を襲撃して破壊しても罪にならない「愛国無罪」がありますね!あれの逆ですね。恐ろしい自分勝手、徹底した利己主義です。


おばちゃん達の利他愛は「意地」と「メンツ」ですね、でも一人こまった利他愛のオバちゃんがいます、意地とメンツで道場を守ってるおばちゃん道場長がいるでしょう!こまったもんじゃのー(意味不明?)


こんな事を議論してもなんの役にも立ちません、気付いた人から逃げるだけです!神学論争と言って100年も1000年も議論しても結論はでないんですわ。


おみたまのご無礼なんて事はありません!だって病気を治せないんですから呪いの力もありません。詐欺師の小道具みたいなモンですから、眼が醒めるだけです(マインドコントロールが解ける)




御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
関連記事
Comment
No title
それであなた今幸せですか?
毎日いきいきと暮らせていますか?
おみたまの中身ってあんな物だったのですね 入信するには騙されますね
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
高丙文の近況twitter
広告欄
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ