HOME   »  MEMO  »  上級研修は日本人と外人は別の教え

上級研修は日本人と外人は別の教え


このページは訂正しました
8月の上級研修も日本人が受講しています
訂正文
http://uritakego.blog.fc2.com/blog-entry-86.html


このページは私の憶測です確たる資料、情報は持っていませんが

明日8月23日から3日間、本山で上級研修がありますが
これは外人さん向けですね。日本人向け上級研修は3月ですが内容はかなり違うと思います



なぜ分けるのかと言いますと通訳などの都合もあると思いますが。一番の問題は天皇を中心とした世界観ですね、これを外人さんが受け入れるはずがないでしょうね。超古代の天皇は世界の王ですから。

この考え方がアジア地域では侵略戦争の根拠ともなったり、モーゼやイエスも日本に来て修行をしていたとか、しかも聖書までも真光流に解釈を変えている。{例としてはいろいろありますが}
上級テキスト45頁イザヤ書11:1 エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。(根=日本、枝=イスラエル)

特に今年は今年は韓国の大僧正の印鏡さんが受講するらしいですが(真光誌4月号607教示)
日本人に対し怨念さえ抱いている韓国人が例え僧侶といえども黙って聞いていることは絶対にないでしょうね




比較的対日感情の良い台湾には準道場が一つあるようですが、中国や韓国には道場はありませんね。天地創造の神様ですから世界とか地球とか言うより宇宙レベルのハズですが隣国の韓国にも通用しない教えですから


「人類は元一つ」とか「宗門宗派なし」とか教えながら真光内部でも人種別に教えが都合良く変わるんですね?

もー!真光の教えは無茶くっちゃですワ


この件については最初に書いたとおり私は詳しくは知りません
よく知っている方教えて頂けると有り難いのですが
http://ogenkidesuka.biz/mahikari/y_mail.cgi?id=higai



御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部


Related Entries
Comment
6. 話はかわりますが
文明の霊線保持御礼は毎月千円ですが

崇教では500円だとどこかの掲示板に

書いてありました。道場維持費の相場は

どれくらいなのでしょうか?よろしかったら

教えてください。
5. Re:幹部の定年のことはよく知りませんG?
>管理人の高丙文さん

現役時代(20年ほど前)の話になりますが、基本生涯現役ですよ。
大抵は80歳になる前に病気や認知症などでリタイアしますが、導士の場合は道場幹部(道場長)になれば現役引退とみなされますので、年配(60代)の導士は少数派です。
理由は導士の収入は低いため、生涯現役でいるのは厳しいからです。
数年前、真光幹部(道場長クラス以上)専用の老人ホームが出来ましたので、現役引退された幹部はそちらに入ると聞きました。
4. 幹部の定年のことはよく知りませんG?
>通りすがりさん
初代光玉が73才で死亡、2代SEI珠が73才で3代目の代理にバトンタッチしたことから、崇教真光で73才定年説もありますが公式には発表されてないと思います。
3. Re:Re:無題
>高さんさん

>ところでお聞きしたいのですが世界真光文明教団では、竹内文書はどのような扱いになってるでしょうか?

申し訳ありませんがよくわからないのです。
組み手の数が少ないのでそういう勉強会など
ありません。方面で一番大きな道場では
毎月一回は勉強会をやっているようですが
遠いので参加したことがありません。

ところで崇教の幹部さんの定年は80歳だと
誰かから聞いたことがありますが本当なの
ですか?
2. Re:無題
>通りすがりさん
コメントありがとうございます
ところでお聞きしたいのですが世界真光文明教団では、竹内文書はどのような扱いになってるでしょうか?またご都合の良いときに教えて戴いたら幸いです
1. 無題
はじめまして、ここのブログを興味深く読ませて
いただいております。

>比較的対日感情の良い台湾には準道場が一つあるようですが

世界真光文明教団(真光裁判で勝った方の教団)
の組み手は台湾にはたくさんいます。

本山の参拝も大変なので台湾に本山の分院
を建設するらしいです。

台湾から幹部を志願して来る人も多くいます。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
Only the blog author may view the comment.
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄