FC2ブログ
    HOME   »  MEMO  »  今朝、ある幹部の奥様に会いました

    今朝、ある幹部の奥様に会いました

    今朝というかつい先ほど、私が市内のある場所で信号待ちをしている特に
    向こうから自転車を停めて「おはようございます」と声をかけてくれました

    さすが宗教家の奥様だけあって明るく品もある、いかにも清貧といった雰囲気があります、私は人間的には彼女を素晴らしい人だと思います。また3人のお子様達も素直そうな可愛い子です、さすが信仰者の子供さんとだと思います。

     

    このブログの存在を思うと御一家には心苦しく思います。


    でもここまで来ると勝負です
    後戻りはできません!

    あとは神様にお任せですね
    (あの!本物の神様のことですよ!)


    ただ幹部の多くは真光の教えの実態は解ってると思いますよ。

    パクリ教だと言うことはね!

    でも女房、子供ができると生活が大切ですから黙って働くしかない。


    幹部にもいろいろあるんですよ
    渡辺顕真幹部のように夕方五時頃になると家に帰ってしまうようなタチの悪い奴もいましたね。愛読書は「雑誌ムー」でガセネタばっかり組み手(信者)に教えてましたね。また機会があれば詳しく書きたいと思いますが。


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    関連記事
    Comment
    2. 無題
    いつから本当に気がつくんですかね。真光隊で幹部志願する人は、心酔して志願していますもんね。
    上の人たちは、どう思っているんですかね。
    1. 無題
    確かに幹部の帰宅時間って、一部を除くとサラリーマン化してました。


    ただ、これって難しい問題だと思ってました。

    早く帰れば『ヤル気あんのか?』と見られますが、遅くまでいると『家庭を放っておいてんのか?幹部が理想の家庭を作れよ。』と見られます。

    結局、なくなるのがベストかな。
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ