HOME   »  ◆手かざし・お浄め・み光   »  癌もケガも病気も治らない  »  上級研修に命を捧げた?女性組み手は49才のときガンで死んだ

上級研修に命を捧げた?女性組み手は49才のときガンで死んだ

このブログの始めの頃に書きかけて忘れていた「49才のときガンで死んだHoriちゃん」のことを思い出しましたので改めて書きたいと思います。

 


Horiちゃんは熱心な組み手と言うより狂信的な信者でした。当然、毎日道場参拝して、教団・道場行事にはすべて参加していましたね。ただ熱心すぎて他の人に命令調で指図するのが過ぎて私は嫌いでしたが、いったん人に指図(命令)すると相手が聞き入れるまでは徹底的に攻め込みます。温和しい女性組み手から見ると恐かったと思います。典型的な真光バカです

 


組み手の価値観として御み霊の昇格がありますが、Horiちゃんは私が入信したときは既に中級で上級を目指すために日々、恢弘(布教)に頑張っていましたが、40才代半ばを越えたあたりから頭に「ずきん」をかぶってくるようになりました。本人に聞くまでもなく、これは抗がん剤の副作用による脱毛だとすぐに解ります。


それでもめげることなく47歳くらいの時に叔母さんのお導き(入信)で正味7人のお導きに成功して上級研修の受講ができました。

但し、その頃にはもう働くこともできなくて経済的にも困っていたはずですが、真光誌100冊(3万円相当)を取り寄せて布教活動に励んだり、さらに力を振り絞って翌年には上級研修の再聴講を受講します。でも力つきて1年も経たずに49歳で他界しました。

まさに上級研修に命を懸けたのです!

Horiちゃんの死後、道場内ではみんなが言いましたね「Horiちゃんは救われた」「Horiちゃんは幸せだった」「だれか弟さんのお導きを・・」両親と叔母さんは既に組み手(信者)です


仏教の教えでは親より先に死ぬと成仏できないんですが?


他人には解らないでしょうが?Horiちゃんは生きたかったのかも知れません?上級者になれば病気が治ると思っていたのかも知れません?Horiちゃん自身が幸せと思えば幸せなんでしょうかねー?


まもなく叔母さんもガンで死にますが、その夫である叔父さんがその後入信します。が、その叔父さんも癌で闘病中です。

ガーン!
としか言いようがないなー

この頃から私には道場にいる人たちがゾンビに見えてきました。
 
Horiちゃんは30才くらいの時にY頼子さんのお導きで入信したらしいです。Y頼子さんはSラTツ道場長と連んで組み手にマルチ商法の健康器具を売りつけて退会していった、上級者で元お主枝和人副会長です。
上級者って変な人ばっかりですねー

Horiちゃんは姓(苗字)です、私と同じ道場の人に解るように書いてます。
みんな見てるー?オレオレー!


御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
Horiちゃんのお通夜の時みんなでオキヨメをしたら「より幸せそう」な顔になったそうですね。


これは遠赤外線効果でしょうね!

御遺体には水分があり、遠赤外線を照射すると水の分子が活性化し遺体の温度が上がり、多少ふっくらとするかも知れません。

このとき見ようによっては「より幸せそう」に見えるかも知れません。これも真光のカラクリの一つでしょう。但し欠点としては真夏は腐敗しやすくなります。大量のドライアイスを使っていても出棺の時間には匂いがしますね。

マリちゃん解りましたか?
関連記事
Comment
No title
上級者Y子も45歳で乳がんで死去しました。
乳がんは初期なら治る病気です。しかし医者にも行かず気づいたら乳房から液体が出て来ると。子供を産んで6年も経つのだから母乳など出るわけないのに「水子さんが母乳を吸いに来てる」と。数年してようやく診断だけはと医者に行き手術を勧められましたが「御霊さんが懸かってるのだから手術しても体の他の部分に移動するだけ。神より借りた体をメスで切りたくない」そのまま数年経ちついに乳房が岩のようにごつごつに...
男性道場長に相談すると「自分なら神様に全ておまかせしご神業であがなう」と云われ3人の子供のご飯も作らず1日中道場で施光する日々。
ついに乳房が破裂。「メスを使わない神様の切開手術」と月並祭で体験発表するも、その5日後死亡した。
医学的にみて末期の当たり前の症状だそうです。
手術を考えだした彼女にあまりに無責任なアドバイスだと思います。
「刃物の罪穢もあるのだから手術で元気になって頂いた命で人救いした方がいい」そう私は言っていたのですが道場長に従う事が縦の線だからと。
小さい子を孤児にした道場長の罪は許せません。
1. 究極の価値観
そんなものじゃないでしょうか?

新興宗教は価値観を植え付けられるというか。


『生きてる間が幸せなら』と考える一般人、『生きてる間に苦しんでも、あの世で幸せなら』と考える信者。
これって、究極の価値観だと思います。

ただ、生きてる間に気付いてしまうと『後悔』になります。
『しらぬが仏』です。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
高丙文の近況twitter
広告欄
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ