HOME   »  MEMO  »  真光を辞めたい方はゆーっくりと逃げましょう!

    真光を辞めたい方はゆーっくりと逃げましょう!

    安全な辞め方
    時々このブログをご覧くださいジワーッと醒めてゆきますよ!結構な効果があるんです、よく冷ましてからキッパリと辞めましょう。

     

    御み霊(おみたま)を外したら楽ですよー!
    夏ですから海へ行ったり、温泉もゆっくり入れますよ!


    日曜日にみ祭り参拝や御奉仕もしなくていいですよ!
    お小遣いも余裕ができますよ!

    組み手を辞めてしまったら世界が広くなりますよ!
    御奉納金だけで旅行ができますよ!

    辞め方は簡単です
    道場へ行かなければ良いのです


    ヨッシ!今日からきっぱり辞めよう
    これは危険です


    永年、真光を信仰してきた若者にとっては辞めるのは怖いもんですね、
    解散した芸能コンビの「オセロの中島」もなかなか醒めないでしょう。

    恐る恐る辞めると不思議と身の回りで悪いことが起こります、つまずいて転倒しそうになったとか、自転車がパンクしたとか、普段ならなーんでも無いような事に恐れたりします。

    大変!ヒエー やーっぱり戒告がきたー

    逆に信仰心(マインドコントロール)が強くなってしまう事があり生涯、教団のために働くことになりかねません


    好きな人でも夢中になってるときに別れることになったら死んでしまいたいくらい辛いでしょう。醒めてしまうと別れても何ともないこともあるかも?うーnうん


    気の毒な女達のことをこのブログにたくさん書いてあります
    すべて実在の女性達です

    普通の幸せになりたい方はどうぞ又お越しくださいませ 管理人の高
     



    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    関連記事
    Comment
    4. Re:無題
    >ナカナカアツイさん
    むこう側と現実社会との価値観の問題でしょうね!
    教団では「選ぶ他なき今人類」と旨く逃げています。
    3. 無題
    >高さん

    先日、数年前に方面副隊長をされた男性とバッタリ逢いました。

    今年からお主枝和人をされてるそうですが、真光隊時代と比べて垢抜けてたイメージが印象的でした。

    彼は『本音を言うと、お主枝和人も断りたかった。昨年、色々あって気づかされた。毎日の道場参拝・施受光は、無意味だったかも。もっと20代30代を満喫すればよかった。この年齢から結婚も考えもの。教団の為に結婚する気はないしね。』と語ってました。

    公務員とはいえ真光隊時代は毎月高山に行ってましたから、貯金も【天の倉】でしょ。

    ちょっと可哀想に想えました。

    『その辺の神社に参拝するくらいの信仰で丁度よかったんだよなぁ』とも言ってましたね。

    根は優しかった人なので、残る人生を少しでも楽しんで欲しいです。

    『真光隊』『元真光隊』と胸を張ってる信者さんの影に、こういう被害者が隠れてるんだと思いました。
    2. Re:こんにちは
    >ナカナカアツイさん
    1、親孝行と思って道場に来ている可愛い女性はよく見かけます
    2、組み手の批判はしないつもりですが、私の文章力の拙さでしょうね。行かず後家を最近「生涯未婚」に変更しました
    3、「八つ当たり」と言われることもあります、私のお導きは子と孫の代までで入れると十数人いますがほとんど消えました
    かなり覚悟を決めてこのブログを書いていますが、ナカナカアツさんのコメントは何となく嬉しいです
    1. こんにちは
    最初から読ませて頂きました。

    私は真光隊を約10年やり、結婚して3年後に真光をやめました。


    おっしゃりたい事は分かるのですが、真剣に?盲信している隊員に失礼な気がします。

    また、しがらみを承知でやってる若者も多数います。それが親孝行と思ってやってる二世もいます。

    辞めれるなら辞めたい人、たくさんいます。

    いかにも『ブスだから』みたいな言い方は、よろしくないのでは?

    今の教団には『救いの力』も『布教(恢弘)の力』も無くなりました。放っておいても10~15年後には組み手数は今の1/3以下になると思います。

    どんどんと『教団』より『組み手』の批判になってるのが気になりました。

    『単なる憂さ晴らし』とか『自分の人生が失敗したことへの八つ当たり』にしか取れない様な気がします。
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ