FC2ブログ
    HOME   »  ◆真光3代の教え主の経歴   »  光玉の本性と病気  »  光玉は世界救世教を破門になった「御聖言」はウソばかり

    光玉は世界救世教を破門になった「御聖言」はウソばかり

    -世界救世教側では光玉を破門にしたと言っている-
    下記に引用した書籍名と内容の一部を紹介していますが、長いので要約しますと

    光玉は世界救世教の岡田茂吉の弟子であったが、危険として禁じられていた「鎮魂帰神法」の施行や「竹内文書」の解釈など勝手な振る舞いが多かったので破門となった<br>

    (注:光玉と茂吉は同じ岡田姓だが姻戚関係はない)

    つまり光玉はこの頃から宗教団体の独立を考えていたと思われる、破門になったのは昭和27年頃で光玉51歳の時のことである「鎮魂帰神法」は真光で言うと眉間(8番)のお浄めと霊査のようなものと思いますが?また「竹内文書」は一般には偽書と言われているが分かり易い解説書を読むとなかなか面白い面もある


    光玉は救世教では商売としての「信者獲得法」を学んでいたともいえる。それを茂吉氏に見抜かれて破門となったんでしょう


    中島多加仁氏:著の「超宗教」
     
    「超宗教」182頁8行目から
    真光の教祖・岡田良一は、茂吉の弟子であった。が、あることにより破門されたのである。
    それは彼らが励行する”真光の業”という浄め方法を見てもよくわかるが、あれは茂吉が全面禁止した、いわゆる「鎮魂帰神法/ちんこんきしんほう」なのである。

    茂吉の講義
    「・・・・・神憑りの危険なことは、常に私は注意しているにもかかわらず、今もってやめない人があるが、これは断然やめるべきである。・・・・・神憑りの八、九割までが狐霊であって、狐霊の八、九割までが邪霊であるから人を瞞すことなど本能的であり、人間に悪いことをさせるのは何とも思わないどころか、むしろ面白くて仕様ががないのである。という訳で彼らの中でも高級なやつになると憑依する場合、何々神だとか何々如来、菩薩、竜神などと言い、本人にもそう思わせると共に人にも信じさせようとするので、御本人もすっかりそのきになってしまい、生き神様扱いにされて多くの人から敬われ、贅沢三昧に耽るのがよくあり、これが狐霊の本性である。そして狐霊でも劫を経たやつになると、相当神通力をもっており、人間に憑依するやその人の思ってることは何でも分かるから、それに合わせて色々ななたくらみをする」
    (霊憑りについて/昭和26年2月5日)


    このように厳しく憑霊現象の危険を促した。ところが、それを無視して「鎮魂帰神法」に励んだ弟子が数人いた。そのもっとも有力者が岡田良一(のちの真光教祖・岡田光玉)だった。彼は、戦後に世界救世教へ入信したが、病気直しを中心とした茂吉よりも神秘を全面に押し出した王仁三郎へ意識が向いてしまうのも無理はないが、それではあまりに節操がないので、かれは超古史伝の最高峰とうたわれた「竹内文書」に目をつけた。さらに予言を全面に出し、教団拡充にへの糸口をみつけたのだ。



    ここで解ることは
    「御聖言」の最初にある「天地一切神の声・・・・」はウソ。光玉は昭和34年2月27日に突然(はじめて)神の声が聞こえたと言っているが?その十年も前から神様商売をしていた。昭和22年世界救世教入信、昭和24年ころには幹部として給料をもらっていた、昭和27年破門の後は「岡田竜造」を名乗って手かざし商売をしていた。もちろん巨額の借金返済の話もウソでしょう、そんな余裕はなかったはず。


    -下記はアマゾンの広告ですが詳しく知りたい方はどうぞ-

    超宗教―医学・農業・芸術の革命児 岡田茂吉の霊子科学


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    関連記事
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ