HOME   »  ◆真光3代の教え主の経歴   »  光玉の本性と病気  »  「地上天国は家庭の天国化から」?よく言えるよ光玉さん

「地上天国は家庭の天国化から」?よく言えるよ光玉さん

寸教462頁 地上天国は家庭の天国化から

個人の、ひとりの神向きというものは、まず家族ぐるみの神向になった時、初めてその燃える神向きが社会に広がるのである。なぜなら神様が人を産み、人間が親となって子を、子が親となって子孫を残すということが人類界の原理となり、家庭が集まって社会になっている限りは、人類社会の向上はどうしても家庭が根本になってくるからである。

「家族にいくら真吼えしてもダメなんです」という嘆きを時々耳にするが、それは自分の霊性の浄まりの不足と、それほどお導き燃えていないということを暴露しているようなものである。もちろん、頭ごなしに教えを言ったり、押しつけたりするのはよくないが、もし本当に家人を救いたいという願いと愛と真があれば、いろんな方法と方便が考えられ、諦めずにお導きし続けられるハズである。

特に自分自体が全く変わってみせることがまず大切だ。家族すら導けない想念では、いくら神向きしても、いくら偉そうな顔をして理屈いってみても、「神の子として種人を残し地上天国を築く」という大神業を遂行する上で、小さなお役しかできない魂といえよう。したがって、今後はいよいよ家ぐるみの神向が大切な時代なってくる。

初代光玉さんも2代目聖珠さんも
家族は一人も真光に入信していない

娘二人が入信していると言う話もあるが?


これほど勝手なことを平然といえるのは
組み手(信者)を見下げてるから出来るんです
とにかく人集め最優先です


光玉さんは奥さんと娘さん二人を捨てて離婚
井上甲子(2代聖珠)さんといい仲になっている


正確な時期は知るよしもないが
甲子さんが12歳から18歳の間と推測される
これは光玉さんが40歳から46歳の時である



光玉はただのドスケベー親父である
その証拠には光記念館には初代光玉のキンタマがある
(金色の光玉で略して「キンタマ」)



御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

Related Entries
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
Only the blog author may view the comment.
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄