HOME   »  閉鎖社会の御守護の実態  »  良かったね(種)も現代医学のパクリ

    良かったね(種)も現代医学のパクリ

    組み手の皆さんは気をつけて真光誌を読んでいただくと分かると思いますが

     良かったね(種)は必ず下記のパターンに?ハマるのです

    病院に入院中あるいは通院中教え主様に握手をして貰うと良くなった
     医者は治らないと言った、でも握手をして貰ったら良くなった

    つまり9分9厘は現代医学による治療の効果ですね。その過程で握手をしたら良くなったと言っている(但し良くならない人も大勢いますがこれは表面化しない)

    ただ、ブラシーボ効果もあることはある
    効くと思って飲むと頭痛薬で腹痛が治るようなこと


    つまり現代医学の効用のパクリ(横取り)に過ぎないんですよ
    よーく気をつけて真光誌を読むと分かりますよ

     

    私の周りにも教え主様から握手を受けた人は何人もいますが特別な御守護談は聞いたことがない。真光誌に掲載されている御守護談はほとんどが誇張されているのです


    本人談(多少の誇張)→み役者による誇張→真光誌編集部の編集(誇張)
    事実と大きく違ってくる、身近に真光誌掲載された組み手がいたら聞いてみるとわかりますよ

     

    真光そのものがパクリで成り立っているからしょうがないけどね
    hikarusinden.gif
    この建物もパクリですね



    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    関連記事
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ