FC2ブログ
    HOME   »  MEMO  »  ご主人は60歳代でなくなったHT子さん

    ご主人は60歳代でなくなったHT子さん

    久しぶりに真光の道場で元看護婦のHT子さんにあい初めて彼女から施術を受けました。


    受けながらいろいろな話を伺いましたが!

    彼女のご主人は若いころから糖尿病の症状があり、40代から60代までにガンで2度の入院いずれも4、5年の闘病生活で大変だったそうです

    ご主人は生前は真光のお浄めを受けるのが好きだったそうです?
    受けてる間は痛みが和らいだりしたそうですね!

    結局はご主人は8年前60歳代でなくなりました?死に顔が化粧でもしたように綺麗だった、火葬場で骨が綺麗だったそうです?
    真光のお浄めを受けていたおかげだそうです?



    私は疑問を感じますねー??


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    関連記事
    Comment
    No title
    葬儀屋に勤める友人からの話ですが、最近の死体は腐敗しない(しにくい)そうですよ。
    防腐剤の必要もなく、腐り難くて朽ち難いといいます。
    骨がきれいだったと言う話ですが、一昔前のように骨がボロボロになるような人って、実は火葬場の火力が強すぎたからという話も聞きます。
    つまり、科学の進歩で保存状態も良くなり、火葬場での焼き加減も調整できる時代なのですよ。
    何時までも昔の話を鵜呑みにして、死体は腐りやすく、骨まで灰になる…を信じていると、世間で笑いモノですね。
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ