HOME   »  ◆真光3代の教え主の経歴   »  光玉の本性と病気  »  語るに落ちる光玉

    語るに落ちる光玉

    {真光誌607号33頁5行目}国常立神様が出現して、その警鐘を乱打したのが黒住教であり、御獄教、あるいは大本などであったのです。そして遂には真光教団を興された。{35頁2行目}天国文明の造り主・・・・そこで私(光玉)のみ役が宗教史上から言うと特殊なもの・・・・

    以上は信者(組手)向けに言ってはいるが?
    一般に言われているのは光玉は大本の流れの世界救世教の所長で教団から給料を貰っていた。(昭和27年に破門になる)初和30年に教祖の岡田茂吉氏が亡くなったあと昭和34年2月27日に「天地一切神の声・・・・」とか言って格好良くLH陽光子友の会を立ち上げた


    手かざしは世界救世教が黒住教からパクリ、さらに光玉んが黒住教になかった額のお浄めをプラスしてLH陽光子友の会(真光)をつくった

    しかし現在の一般社会では「手かざし」は遠赤外線による効果と思われている。つまり誰でも手(全身も)からは遠赤外線が出ており多生の癒やし効果はある、と言われている


    この寄せ集めの教えが光玉さんにかかると「天地創造の神の地上代行者」になってしますからすごいですねー

    と感心しているわけにはいきませんこの寄せ集めによって大勢の不幸な女達が犠牲になるのですから


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    関連記事
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ