HOME   »  MEMO  »  「あまり抵抗を受けないように旨く入り込みなさい」初代教祖

    「あまり抵抗を受けないように旨く入り込みなさい」初代教祖

    初代教祖のK玉さんは布教活動のコツとしてこんな風に教えます

    「逆法の世に入ってゆくのだから」
    「あまり抵抗を受けないように旨く入り込みなさい」

    一般の世間の人は「物主逆法の世の人」
    つまり間違ってる人、正しい法を知らない人「未組み手」と呼びます
    自分が変人になったことには気付かないんですね。
    アイゴー

    ここまでくると立派な変人ですから布教はほとんど出来ないだけでなく友達も出来ません。毎日々々拠点、道場に行って無料奉仕でもするしかありませんそこには友達が居るからね。

    つまりね世間的に孤独で不幸な女達
    カゴメの中の女へと近づいてゆきます
     
    すべてはこのペンダントが悪いんですよ
    そして次はいよいよ本番ですが浮霊・霊動・霊査です


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    関連記事
    Comment
    Trackback
    Trackback URL
    Comment Form
    管理者にだけ表示を許可する
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ