HOME   »  MEMO  »  布教活動によって「社会的落ちこぼれ」が濃縮される

布教活動によって「社会的落ちこぼれ」が濃縮される

教団では日々拠点の奉仕と布教活動が奨励(強制)されます。しかし新しい信者を入信させるまでに至ることは滅多にありません、20年以上ゼロの人も普通です。この布教活動は拠点あげてのチームプレイとなりますが、ここに問題があるのです

 

つまりね社会的落ちこぼれ
①病気持ちの人②友達のいない人③経済的に困ってる人が
誘いやすいのですね
この人達を健和富をエサに勧誘するのです、つまり
①健=病気のしない体になる
②和=愛和の家庭、職場など
③富=脱貧、つまりお金に困らなくなる


しかし教団にはそんな神通力はありませんから
教団内は落ちこぼれが濃縮されるんですね!

したがって道場は社会的弱者の巣窟となる、こんな人とばかり付き合っていると?自分も同類になってしまう。つまり巣喰われるのです
 
  これ呪いの紙かなー??

 中級の教えに「崇劇性」とか「超畳性」とかありますがこのことでしょうね?


御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
高丙文の近況twitter
広告欄
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ