HOME   »  ◆真光3代の教え主の経歴   »  光玉も聖珠も痴呆だった?御神書に残る動かぬ証拠!  »  ニセ神!二代目教え主「聖珠」を追悼(追討)する!ねつ造を見抜けなかった上高森遺跡

ニセ神!二代目教え主「聖珠」を追悼(追討)する!ねつ造を見抜けなかった上高森遺跡

真光の教え主様は神の地上代行者?
今年も秋期大祭の季節です、57周年大祭とか言うらしいが、その頃には聖珠さんの四十九日ですね!さて言うまでもなく聖珠/甲子は普通のオバ(婆)さんですが!先ずは下記ご覧ください、いずれも秋期大祭がらみのお話です。

崇教真光二代目教え主の聖珠は平成8年の37周年秋季大祭の御教示で遺跡発掘の名人で神の手と呼ばれた藤森氏らによって発掘された上高森遺跡を北京原人より古い日本原人の存在を示す・・・と賞賛しました?

1996-12-01.jpg

実は上高森遺跡は捏造だったンです。覚えておられる方も多いと思いますが、当時は考古学会はもちろん日本全国が大騒ぎになった大事件です。
yomi-kamitaka02.jpg
近い例で言うと騒動の大きさではSTAP細胞の小保方さんの話と似ていますが、崇教真光にとっては教えが崩壊するほどの大不祥事であります。
 火(日)の神のご出現と五色人類の霊的結び
真光誌411号 平成8年(1996)12月号 13頁9行目


引用ここから救い主様は、昭和四十年に日玉の国をご探訪なされました。そして「太陽信仰は、少なくとも六十万年以前の巨石器時代に遡る」ことをご垂示くださいました。そしてご承知の通り、平成六年には、宮城県上高森遺跡に於いて、北京原人より十万年古い六十万年前の地層から「日本原人」の存在を示す前期旧石器が出土したのであります。これは六十万年前の太陽信仰を裏付ける発見でありました。引用ここまで
 1996-12-02.jpg

1996-12-03.jpg




その4年後の秋季大祭の真っ最中に捏造が発覚した。平成12年11月5日(日)毎日新聞の朝刊トップのスクープ記事!
kamitakamoriiseki01.jpg

ねつ造者の「汚れた神の手」の藤森氏はマスコミ各社から袋だたきに遭いました。でも嘘を見抜けなかった神の地上代行者?教え主聖珠はそれ以下のニセ神様
1028kaminote.jpg 

翌日の6日(月)には読売新聞
yomi-kamitaka01.jpg
朝日新聞なども朝刊トップ記事で追随しました
asahi-kamitaka01.jpg

その後、聖珠からも教団からも訂正もお詫びもありません。普通のオバサンだったら「間違ったことを教えてゴメンなさい」くらいの事は言うでしょう!よって恥知らずな偽神と断定しました。

ニセ神様を拝まされデタラメな歴史を教えられた若者達が失うのは現実の時間と空間(学びと経験・交友関係など)であります!

新聞の縮刷版は各地の図書館で閲覧できます。私は大阪市立中央図書館で撮影しました。
tosyokan01.jpg
私は平成12年当時から、この件については気付いていましたが?退却(真光を退会)することができませんでした。なぜなら入信7年目で既に十数人のお導きをして、4ヶ月後の平成13年3月には上級研修の受講を控えていました。そのうえ大勢の人々に真吼え(布教活動)もしていたので今更自分だけ辞めるとは云い難かったのです。ひじょうに後悔をしています。お導きをした方々には申し訳なく、せめてものお詫びの気持ちとして私の知っている限りのことを書き残したいと思います。高丙文
130318jyoukyu.jpg 



オミタマの正体・中身 ◆醜い教え主の正体 ◆真光の教えはパクリ ◆幹部の実態


Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
Only the blog author may view the comment.
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄