HOME   »  閉鎖社会の御守護の実態  »  三代目教え主のお粗末な「奇跡の体験談」大炎開陽霊祭で

三代目教え主のお粗末な「奇跡の体験談」大炎開陽霊祭で

このブログを書き始めて満2年が経ちました、振り返ってみてよくも続いたなと自分でも驚きます。なによりも訪問者の多さです、今週も1日平均227人が訪れ同600PVも見てゆかれました。そのほとんどが組手や家族でしょう?真光に疑問を持たれてる方が多いんでしょうねー  https://www.ptengine.jp/の無料版で計測
1202pt03.jpg

きっかけは幾つかありましたが一番は3代目教え主光央の大炎開陽霊祭での教示です。しまい込んでおいた段ボール箱から当時の真光誌を引っ張り出して読んでみました。

平成23年12月大炎開陽霊祭の教示(真光誌平成24年1月592号35頁)
昨年の大炎開陽霊祭に参拝された埼玉中道場の千秋信仁さんは、長い間大きな正常化で歩くことができず車椅子でありました。ところが大炎開陽霊祭に参拝され神のみ光を賜り、私と面談をし握手をして帰られました。その後、千秋さんは車椅子から立ち上がることが出来るという御守護をいただかれたのであります。
1130ooharai01.jpg

↑この記事がなぜ問題かと言いますと?うっかり聞いてると教え主と千秋さんが握手をしてその場で立ち上がったように見えますが・・・「その後」なんですねー?その場でもなく?翌日でもなく?翌月でもなくその後なんですよ!教え主の握手とは何の関係もなく回復されたとみることが出来ます。一点だけを強調・誇張・歪曲して都合の悪いところはボカすんです、これが真光の「奇跡の体験談」ですネー!


しかもこの平成23年はあの3.11東日本大震災で2万数千人の死者と40万人の被災者を出した年です。その日からまだ9ヶ月しか経ってない大炎開陽霊祭で被災地の人々については一言も語らず。なんと一年前のたった一人の組手の話をしてどうするよ?(台湾からの震災への義援金のことは書かれていましたが教団と関係のないことです)


また真光誌には載ってませんが、3代目教え主光央は「千秋さんはこの会場におられます」「千秋さん立ってみてください、立てるはずですよー」と自慢げに言ってましたが?立ったところで証拠にはなりません?事実だとしてもたいしたことはありません、正に言うに事欠いてですねー他にネタはないんかいっ(`_´メ)


ついでに同真光誌の40頁にある秋田中道場の宇佐美さんの体験談はもっとひどいよ(~_~;)↓

ある時、私は腰に激痛がはしり・・・大腸癌と診断され・・・手かざしと道場のご奉仕に励むと・・・癌が跡形もなく消えていた・・・

そんなバカな!大腸癌で腰に激痛がはしることはない、元々ガンはなかったのでは?よくよく読んでみるとこの宇佐美さんは種人米農家なんですよ!自分の作ったコメを教団の関連会社に買ってもらって収入を得ている、祟教真光の下請け業者のようなものですよ。なるほど納得!

「種人米」と「一般のコメ」との違いは農家の自主申告で教団側が確認していることは「手かざし」の有無だけ・・という情報もあります、農家の皆さんは一生懸命作っても売り方によっては怪しい商品ともなりかねません。さらに詳しく知っている方情報提供をお願いします。

組手の皆さん!たまには真光誌をじっくり読んで御覧なさい作り話がいっぱいですよ!


◆霊動は外的刺激と自己暗示よってもご覧ください


私はこの日はメイン会場であるポーメッセ名古屋の1号館にいましたが、畳一枚に3人掛けでゆったりと座れました、それでも後ろのほうは殆どが空席でした。翌年からの大炎開陽霊祭は本山開催となったのです。

3代目教え主光央は怪しいなー?大炎開陽霊祭は教団による年末の金集めイベントか?と私は思いはじめましたねー!

いろいろありましたがブログを書き始めたのはこの一年後からですね

オミタマの写真を見ると目が覚める!オキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 真光三代の教え主・年表実録・貧困と病気の信者達実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
Related Entries
Comment
No title
兄夫婦、姉が、バリバリの信者です。
私は、兄妹の末っ子で昭和48年に東京大道場で初級研修受けさせられました。当然、他界した両親も信者になっていました。他に仏教教団の信者でもありました。
仕方なく40数年付き合ってきましたが、昨年、ようやく霊線保持御礼を止めてもらいました。
しかし、兄妹たちは、一向に、ここで記されているような事に目を向けません。『理屈じゃないんだ。』よく言われました。つまり、証明は主観のみです。
私は、高校2年からはオミタマをしまいましたが、潜在的には支配を受けていました。例えば、ケガしても薬は飲まず、悪化してしまいましたこともありました。
どうか、信者に目を覚まさせて下さい。
真光をしている人に、幸福感を感じたことありません。
乱文失礼しました。
今は、傍観者でしかないのが悔しいです。
敬具
崇教真光公式ホームページから教え主の写真が消されました
今から半月ほど前から真光被害者の会では、「光央は光玉と恵珠に顔がよく似ている。本当は実の子供ではないか」という書き込みがあり、「そのような噂は光央が枚方中道場に導士として着任していた頃からあった」という書き込みがされ、被害者の会はその噂が話題になっていました。

すると、崇教真光公式ホームページに載っていた、岡田光玉・岡田恵珠・岡田光央の写真が全て消されていました。
本当に血が繋がっていないならホームページの写真はそのままにするはずですが、怪しいですね。
http://www.sukyomahikari.or.jp/information/index.html
No title
私は光央サンのことはほとんど知らないんですが、なんかご教示とか聞くに堪えないような気が、します。なんとなく。
以前こちらでブラジルでの光央サンのバカ顔写真(確かブラジルで真光の日設定とかの写真かな)見てから、キモチワルイおっさんのイメージしかないですね。
まあそれは私が冬眠して脱退したからかもしれませんけど、組み手さんはあの写真見たらどう思うんだろう?って思います
Trackback
Trackback URL
Comment Form
Only the blog author may view the comment.
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄