HOME   »  ◆真光3代の教え主の経歴   »  光玉の本性と病気  »  タバコを喫いながら真光の教えを説いていた光玉の本性

タバコを喫いながら真光の教えを説いていた光玉の本性

タバコはコーヒーや酒と同じ嗜好品ですが、喫煙者の70%はニコチン依存症(タバコ中毒)と言われ脳の病気の場合もあります。現在ではこの治療には健康保険を適用できます。

まじめな組手の皆さんが知っている大聖主光玉師病死したあと教団による誇張と歪曲によって「神格化」された虚像です、この頁に載っている姿こそ光玉の実像です。写真はすべて「光玉師御写真集」に掲載されていた本モノです。


先日も少し書きましたが、光玉の「み声のテープ」をじっくり聞いたことのある方は気付いておられるでしょう、講義中に何度も「カシャカシャ」とライターの音が頻繁に聞こえます。

そうです光玉はニコチン依存症と言う脳の病気でした。御神前でも、組手の前でも一般の人が吸わないような場所でも平気でスパスパやってました
01koutamatabako0427.jpg


0001.jpg本山の御神体はタバコの脂でベトベト
下の写真は最も参拝者の多い大炎開陽霊祭の一斉お浄めの風景です、ここでも灰皿とライターは用意されている、大勢の信者のまえでも平気で吸ってたんですね?光玉は本山参拝の意義を「教え主のアウルの乗った言霊を聞かなければならない」と言っていたが実際はタバコの煙が混じった言霊ですね。大炎開陽霊祭でさえ休憩時間までタバコを我慢できなかったんです。自分がエライと思ってたのかな?と言うより人々(組手)を見下げていたんですね(カモですから)
ohoharahi0428.jpg

0002.jpg所構わずタバコを喫う光玉は病気
ここでは灰皿はない信仰者なら自然には特別な敬意を払うはずです。教え主でなくても野草の上にタバコの灰をまき散らす人はいないでしょう、岡田光玉は人(組手)も草木も平気で踏みにじるような傲慢なオッサンだったのです。おまけに堂々と愛人(聖珠)を連れ歩いたり、やりたい放題です!病気じゃね
koutamasougendetabako0428.jpg
同じ日、光玉はヒマさえあればタバコを吸っていた
koutamaseisyu0402-02.jpg

0001.jpg不潔!タバコのヤニはとれない
家族に喫煙者のいる方はお分かりでしょうが?タバコのヤニ(ニコチン・タール)は一度着くと簡単には落ちません。おそらく光玉の頃の本山の御神体はタバコのヤニでベトベトだったでしょうねー!
0429koutama-tabako01.jpg

0002.jpg教祖様は病気持ちの変な人が多い?
このページの何枚かの画像を見ただけで解るとおり、光玉は他を思いやることなく我慢することもなく自分の好き勝手な行動をする異常な人物だったのです。
asaharasyouko.jpg imgres.jpg
地下鉄サリン事件の「オウム真理教の麻原彰晃」(写真左)や足裏診断の荒稼ぎで一泊50万円の高級ホテルに常住していた「法の華三法の福永法源」(右)と共通するモノを感じますね。善良な人々は異常な奴には騙されるんでしょうね。(どちらも宗教法人格は喪失していますが、オウム真理教はアレフと名前を変えて生き延びています)


0003.jpg光玉のタバコ代は大卒の初任給以上
タバコ代だけでも平均的な労働者の給料分くらいのお金を使っていたでしょう?光玉が好んだと言う「ラーク」は現在では国産タバコと同じくらいの価格ですが、当時はかなり高価なモノでした、マールボロ、ケントと並んで人気銘柄のラークなどの輸入タバコは洋煙(ようもく)と呼ばれ手に入りにくい贅沢なものでした。真光の立教当時昭和34年(1959)頃は大学卒業者の初任給は歌にも歌われた1万3千8百円(いちまんさんぜんはっぴゃくえん)くらいでした、また最下層の日雇い労働者はニコヨンと呼ばれ日給が240円の人も大勢居ました。(ニコヨン物語:三國連太郎主演で映画にもなった)その頃のラークの値段は知りませんが人気のあった国産の「ハイライト」が70円とタバコは現在よりかなり割高でした、1本のタバコを何回かに分けて吸う人もよくいました、たぶん洋モクは2倍以上はしたでしょう、1日3箱ほど吸うと大卒初任給を超えます、光玉は立教当時からかなりの贅沢をしていたと言えます。




私が世田谷区にいた人に聞いた話では当時は救い主様と呼ばずに「岡田さん」と呼んでいたようです。その頃(昭和30年~40年代)の先輩方が「光玉の実態」を正しく伝えなかったために?現在でも大勢の若者(特に女子真光隊)の被害者が続いているのです。

「岡田光玉師御写真集」は光玉の死後一年目の昭和50年6月に発行された、つまりね編集は「教え主の跡目争い」の真っ最中の混乱期でしたから光玉の醜い姿など十分に吟味することなく発行されてしまったと考えられます。

私も数年前まではヘビースモーカーだったので、喫煙者の気持ちも費用も良く解るのですが光玉がこれほどまでとは驚きです。私は2011年12月になんとなく自然とタバコを辞めましたが翌年の3月頃には真光からも目ざめ禁煙から満二年後に教団を退会しました、憑きものが落ちるような不思議体験です。

次回は光玉の金時計と金とダイヤの指輪について書いてみようと思います。ではまた!


オミタマの写真を見ると目が覚める!オキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 真光三代の教え主・年表実録・貧困と病気の信者達実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部


東京都 ブログランキングへ地域情報 ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教批判・告発へにほんブログ村
Related Entries
Comment
なかなか興味深い内容ですね。
組み手の皆さんがこれを見たら、「霊の仕業だ」とかいうのでしょうか。
本当に強力な認知バイアスがかかっていますからね。
洗脳って恐ろしいです。
No title
道場長は薬は毒、恋愛禁止、海水浴、プール、スパ(大衆浴場)禁止
ネットは全部嘘、煙草は毒とか言ってるのに、教え主がこれとは
今突っ込まれたら「私は煙草を無毒化している」だの言うんだろうなぁ
でも、また吸いたいと思うならニコチン依存だから無毒化にはできてないのか・・・
とありあえず、何か言えば理由つけて返してくるんだよね
海面上昇は火と水の神がどうだの言って、地球温暖化で南極の氷
溶けて増えたりしてるのに、なーにが火の神、水の神のパワーがだよ
ブレザーだけでも8万円、靴は白は絶対、掛け軸にうん万
御神殿ミニ(車用)にうん万、結局、金、金、金、金
金は神様への感謝だの言ってオウムの布施と一緒だよもう
ニコチン依存症の詐欺師
まったくおっしゃる通りですね。私も教団に入信した当時「神の地上代行者である救い主」が喫煙するなど理解できず、お導き親に説明を求めた際、救い主は霊細胞・肉体細胞が完全に浄まっているのでタバコを吸っても害はないとか、タバコにお浄めをすれば大丈夫だとか言われましたが、問題は喫煙という行為自体にあり、環境汚染のみならず、第三者の受動喫煙による被害も起こします。

ドラッグと同様に肉体と精神を蝕んでいくタバコ依存症の「神の地上代行者」などいるわけもないはずですが、「お浄めをすれば」といった言葉のマジックに惑わされ、洗脳された組み手は、事態の異常さにも気付かなくなってしまうんですね。

結局、おっしゃるように、光玉は重度なニコチン依存症の詐欺師に過ぎなかったわけですが、驚くべきは未だにその詐欺師の愛人がでっち上げた「崇教真光」などという盗作を信じて止まない人たちがいるということです。

そういう意味でも、偽教祖の正体を(証拠を見せながら)どんどん暴いていくこのブログは実に見事だと思います。
本当に愛人ですね。
草原で喫煙する光玉さんと聖珠さんの写真を見てると養女というよりも愛人という言葉がピッタリですね。
No title
次回の記事、楽しみにしています。
たしかに私が真光隊だったころ、タバコは救い主様も吸ってたから僕も吸いますといってた隊幹部もいました。
生き方を真似しろという教えを忠実に(笑)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
Only the blog author may view the comment.
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄