HOME   »  ◆実録・教団幹部と地元幹部  »  陰気で短気な近藤導士  幹部は切り捨て御免

陰気で短気な近藤導士  幹部は切り捨て御免

では落ちこぼれ幹部について語らせていただきます
先ずは私が崇教真光に入信したばかりのころ拠点にいた近藤文男導士である、まあ普通の30歳くらいの男でひょうきんな面もあったが短気で陰気な部分もあった、一般の労働者であれば特に問題はないが、教団の職員ともなれば問題もある

かなり昔の話ですがこんなことがありましたね
組み手(信者)のY秀子、Yあつ子はこのK指導員に教団を除名にされた二人とも熱心な信者だったが軽い「精神障害」があり、思い通りには動かない近藤導士はこの2人の扱い困って橋本指導部長に相談の上除名とした。上役に相談とは言っても一方的に報告するだけの話であるから簡単


Y秀子とYあつ子は自分に欠点があるから宗教にすがって入信したわけでしょ?「崇教真光」では「人を救う」と言いながら、奉仕(無料労働)奉納(金)だけ取って哀れな2人は結局は少しも良くはならなかったと言うことですね

教団幹部はね自分に服従しない
信者は切り捨て御免なんですよ!

閉鎖社会ですからね!
 

「組み手なんか締め付けておきゃーいいんだよっ」
これは近藤文男導士から私が直接聞いた話である、導士達は仲間内ではこんなセリフがあるらしい!。幹部達は若いときから自分たちは上で、組み手はどうにでもできると思っている。


御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
関連記事
Comment
元組み手Tさん へ
どうぞ、何でも質問してください。知っている限りお答えさせていただきたいと思いますし、他の方々にも参考になるかも知れませんから。

日本人組み手の方々が幹部に対して意見しないのは、縦の社会からくる文化的な要素もあるのではないでしょうか?

ブラジルの組み手は打算的と言いましたが、私が日本の道場(主に関東方面)に所属中、日々の御神業を通して感じたことは、40代までの主婦の方々は熱心でス直(最も盲信的)でしたけれど、み役者でない50代、60代の女性組み手はマイペースで、真光信仰も「趣味の中」といった印象を受けました。この点はブラジルも同様で、道場が一種の社交の場になっているケースも結構あると思います。

み役者でない既婚男性信者は、奥さん&子供が信者なので仕方なくやっている場合が多く、独身男性で熱心な組み手はマイコンの典型的な例と言ってもいいでしょうね。

幹部が訓練部について語る時厳しさを強調するのは、それだけの試練に耐えて選ばれた筋金入りの指導者という印象を与えたいからで、実際にはそれほどでもないわけですが、訓練部初期のほうが現在よりも厳しかったのではないでしょうか?

独房というものも当時は存在したかも知れませんが、私の訓練期(18期から19期)に新たに設けられたD棟という、訓練所のメインビルから少し離れた建物には、いわゆる激しい霊動が出る訓練生・修練生が受光できる専用の部屋と、酷い清浄化が長引いている訓練生専用の部屋・バスルーム・トイレ等がありました。

新たに設けられたというのは、なぜか18期・19期に集団清浄化(皮膚病)が発生し、大半の女子・男子訓練生が日々の訓練もできない状態になったからなんですね。もちろん、ラテンアメリカ訓練生も酷いアトピー性皮膚炎を発症したようになり、D棟に移されましたが、私ともう一人のブラジル人女子訓練生はならなかったので他の訓練生たちへの食事運び等の世話をしばらくしました。

このD棟には他に心臓病を病む訓練生も収容されていましたが、集団清浄化といった現象は訓練部でも初めてだったらしく、その後の噂を恐れてか、19期以後は持病持ちとか清浄化になりやすい(?)組み手は訓練部志願できないという条件が追加されたと聞きました(こういったことも真光の矛盾点ですね)。

この出来事と元ドラッグ常用者の訓練部志願禁止と関係があるのかはわかりませんが、18期・19期訓練生の大半が元ドラッグ常用者だったとは考えられませんし、清浄化になった同期のブラジル人訓練生についてはドラッグなどやったことはないと確信します。

また、霊動が鎮まらない状態で奇声を上げたり、手足を激しく動かしたりする現象は見られましたが、半狂乱になった状態は見たことはありません。

ポ語ホームページを立ち上げるため、手かざしについて色々と調べましたが、一つ言えることは、真光の信者が行う手かざしは、例えば米国NIH(国立衛生研究所)が補完医療として認めているセラピューティック・タッチ(Therapeutic touch) のように、科学的に立証されたものではなく、技術的な指導も行われませんので、いわば【気違いに刃物】的に、時として大変危険な結果を招いていると思います。


元組み手Tさん へ
返信が遅くなり、申し訳ありません。

ブラジルの真光隊の指導も基本的には同じですが、指導幹部等があまりにも滅茶苦茶な指示を出したりしますと、隊員の間で噂になり、組み手である親が道場長とか指導部長に問いただすといったケースが多いですね。

多人種国ブラジルは階層社会で、下層の国民は経済的に困窮し、生活苦もあり、宗教、霊媒信仰等に傾注しやすく、マイコンされやすいわけですが、真光の信者の大半は中間層なので比較的意識が高く、批判的思考が強いので「これはおかしい」と思えば徹底的に追求する傾向があります。

ただこの現象はラテンアメリカでもブラジルに限り、同じ南米でも、ペルー、ベネズエラ、ボリビア等の信者は「ス直で純真」といわれ、盲信的になりやすい感じですね。

私の観察では、真光カルトの正体が多言語で公開された現在、教団に居続けるブラジルの信者の大半は信仰というよりも惰性とか自分たちの都合(日々のフラストレーションの穴埋め等)で止められないといった状態に至った人たちだと思います。

それだけ純真でないというか、打算的な部分があるわけですので、マイコンなど必要ないともいえますが、もちろんマイコンされて信じ続ける組み手もいます。

オウム真理教のマイコンの関連映像も拝見しましたが、私の時代(80年代)の真光の訓練部で最も辛かったことは、分刻みのスケジュール(トイレは5分等)と教官によってはむやみに怒鳴られることでした(挨拶の声が低い等)。

ただ、訓練が厳しい反面、定期的に何かを祝う晩餐会が催され、厨房担当の訓練生が腕を振るった数々のご馳走&日本酒&お喋りを夜遅くまで楽しむことが許されましたので、オウム真理教のような「狂気の沙汰」でなかったのは確かですね。

それでも、あのように人里離れ、隔離された施設でプライバシーがまったくなく、見知らぬ人たちと怒鳴り散らす訓練教官等と生活を共にしていますと、「愛情の欠如」状態になり、無性に甘いものが欲しくなり、チョコレートケーキの夢まで見るようになるんですね。

そのため、一部の男子訓練生は夜密かに訓練部を抜け出し、どこかに(?)菓子類を仕入れに行き、親しい訓練生たちに配っていると聞きましたが、実際に私もチョコボールを男子班長に貰ったことがあります(後で発覚し、注意を受けましたが)。

上記のような訓練状況でしたが、深夜に徒歩で脱走を図る男子訓練生もいて、深夜に教官たちが慌しくバンで出かけて行ったと思ったら、脱走訓練生を乗せて帰ってくるといったことがありました。

私は訓練を途中で辞めましたが、元々幹部になるつもりはなく、当時のラテンアメリカ方面指導部の白崎指導部長に「幹部でなければ他の翻訳ご奉仕者である組み手の手前、教団の出版物の翻訳一切をあなただけに任せられないし、一緒に行く言葉のわからないブラジル人訓練生の面倒も見て欲しい」と説得されたからですが、訓練が進むにつれ、何もかもいたたまれなくなったからですね。

以前にも書きましたが、同じカルトでも、岡田光玉が求めたいたもの&妄想のレベルはオウムの麻原彰晃のそれとは違っていたように思えますが(岡田は行商をやった経験もあり、世俗的な思考)ひょっとして側近(幹部)の知能指数の違いが影響したのかも知れません。

ある意味、優秀な幹部に恵まれなかった岡田はラッキーだったと言えますし、そのため真光幹部は信者にパワハラとかセクハラはできても、凶悪犯罪など起こせないとも言えるのではないでしょうか?




キャリーさんへ
ご回答ありがとうございます。
真光隊には少年部という洗脳組織があり、2世組み手の場合10歳の初級研修修了直後にほぼ強制的に入隊させられます。
特に、親が真光隊をやっていた場合は間違いなく強制入隊です。
私も少年部に強制入隊させられて、常識も判断力もコミュニケーション能力も奪われ、脱会した現在も後遺症に悩まされています。
市場原理
私も、理不尽で知能指数の低い導士は何人も体験しましたが、最終的には不幸になっていますね。

ただ、滅茶苦茶な指導を受け入れ、更に守護報告するなど、マインド・コントロールかも知れませんが、そのような若者がいるかぎり、真光のようなカルトでマルチ集団を地上から無くすのは難しいと思いますが、SNS等を使い、絶え間なく情報を流し、真光の実態を共有していくことにより、事態を変えることが出来ると思います。
真光隊では、幹部に絶対服従せよと教えられます
平成24年に青年会館にて行われた関西方面隊夏の陣(夏季修練会)では、大阪のある道場にとても理不尽なうとう導士がおり、滅茶苦茶な指導をス直に実践したら御守護をいただけたとするアホな発表がありました。
うとう導士だから「う業」なんて言ってました。
こうやって若人から人生を収奪する真光隊は最低な洗脳集団です。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄