HOME   »  ◆真光の教えは盗用と屁理屈   »  根拠とする資料  »  「真光の教えは寄せ集め」とする根拠・資料

「真光の教えは寄せ集め」とする根拠・資料

このブログでは真光の教えは寄せ集めパクリであると断定していますが下記に掲載の269冊の書籍を照合して判断しました。

初級・中級・上級研修テキスト


御聖言・陽光子祝詞集・金口一訓・寸教
1231mahikari02.jpg

大聖主、御対談集、神向き讃詞解説
1231mahikari03.jpg

輝ける崇教真光50年史、崇教真光30年史
1231mahikari04.jpg

御教示選集、み教え集(昭和41年42年44年45年)
1231mahikari05.jpg


二代目聖珠の月始祭の教示集:栄光の光神殿、神の契約の虹、主座へ至る道、陽光子三代徳目 感謝・素直・心の下座
1231mahikari06.jpg 1231mahikari07.jpg

三代目光央の組手時代のペンネーム八坂東明:最後の天の岩戸開き、天意の大転換 霊主文明の暁 岡田晃弥:神の大経倫
1231mahikari08.jpg

真光誌平成5年(1993)5月号から平成25年(2013)まで248巻
1231mahikari09.jpg 1231mahikari10.jpg

竹内文書など市販されている出版物
1231mahikari11.jpg


オミタマの写真を見ると目が覚める!オキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・貧困と病気の信者達実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部


東京都 ブログランキングへ地域情報 ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教批判・告発へにほんブログ村
Comment
魔光の寄せ集め
魔光って矛盾点ばっかりだし、私なんか髪の毛を伸ばしていただけなのに、他の組み手から『髪の毛切ったらどう?』・『切ったら似合うわよ』ばかりでした!!
本当にふざけるな!!
神書
膨大な資料ですね!

真光の神書と言われるものは救い主Kotamaがスの神から賜った(とされる)御聖言に基いて書かれたものと訓練部では教えられ、真光の教えは人類教なので、教団の出版物は全て他言語へ翻訳されなければならないわけですが、私がラテンアメリカ方面指導部の出版部を担当していた頃、例えば「大聖主」は翻訳リストから外されるなどといった指示がありました。

その理由は「お許しがないから」といったものでしたが、同じラテンアメリカの組み手でも日本語を読み書きできる人たちもいるわけですので、その場合は「お許しがあるから」と言えるのか?と不審に思った記憶があります。

このような出来事を通じてもわかることは、神書というものは全てKotama自身が作成したものなので矛盾が発生しやすいことと、幹部の都合で非公開にすることもできるということですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
Only the blog author may view the comment.
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄