HOME   »  ◆実録・教団幹部と地元幹部  »  真光にダメージを与えるには?幹部への実名攻撃が一番?

真光にダメージを与えるには?幹部への実名攻撃が一番?

教団内部(道場)では絶対に幹部に勝てません、争っても何処にも訴えるところも相談相手もいないでしょう。どんな幹部に落ち度があっても必ず「幹部が正しく」「組み手が間違ってる」ことになるでしょう。
教団・道場はゾンビの巣窟なのです
世間の常識は一切通じないことを誰もが経験したはずです。


昨日の朝、長居公園で撮りました馬が空を駆けてるようにも見えませんか!

エソラさんの質問へ
-どのように世にしらしめ、出来るなら訴えることで一矢報いたい。-下記リンク参照
http://memo.kouheibun.com/blog-entry-122.html#comment191

質問への高の考え
「高丙文の考え」です、アドバイスではありません、かなり過激な方法ですから。


実名で幹部を攻撃する!
どの幹部にも必ずネタはある!

渡辺元道場長、志水指導部長などは個人情報ではないと思います


実名攻撃をしても幹部自身はびくともしません。閉鎖社会(教団)に籠もって社会から隔離された生活を送っています、幹部達は教団が飼っているゾンビのようなものです。

私は何度も幹部と組み手のトラブルを身近で見ましたが、すべて現場の導士、道場長のやりたい放題です、指導部長など上役には「自分勝手な報告」だけで済むのだと思います。

但し家族は別です、ここが幹部の唯一の弱点です、奥さんや子供達は実社会と接してるので必ず大きなダメージをうけます。子供達は可哀想ですが、親である幹部が教団を辞めて普通の職業に就けば済む話です。


具体的な方法としては
269[1]無料ブログをつかう。PCだけではなく携帯電話、スマホでも簡単に始められるので効果的(掲示板の効果はチョット疑問) 270[1]幹部の実名をつかうのですから嘘や誇張することなく事実のみを冷静に書く 271[1]幹部個人への名誉毀損とならないよう質問形式が良いと思います。この場合は質問者の名前も特定されることもあるので相打ち(刺し違え)となる。

泣き寝入りや黙んまりはあなたも加害者!

被害者が同時に加害者となる振り込め詐欺
20140120furikomesagi.jpg
写真は今夕のNHKのニューですなんと昨年の被害額425億円。被害に遭ったおばちゃん達は可哀想ですが、同時に加害者となって次の被害者を生みます。

御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
関連記事
Comment
沖縄の教団幹部も威張り腐ってる奴多い。
この教団のみ教えは素晴らしい。しかし、幹部が威張り腐っている為に和がない。
しかも組み手同士にも派閥がありみ教えで裁く事を平気で脅す。
でも、これだけは言える。参拝して施受光すれば確実に精神的苦痛が緩和される。と言う事実がある。幹部や裁き合いをする組み手は放っておいて神様と自分の関係を築きあげたら良いと思う。組み手ならそれ位、知っているでしょ?
沖縄の教団幹部も威張り腐ってる奴多い。
この教団のみ教えは素晴らしい。しかし、幹部が威張り腐っている為に和がない。
しかも組み手同士にも派閥がありみ教えで裁く事を平気で脅す。
でも、これだけは言える。参拝して施受光すれば確実に精神的苦痛が緩和される。と言う事実がある。幹部や裁き合いをする組み手は放っておいて神様と自分の関係を築きあげたら良いと思う。組み手ならそれ位、知っているでしょ?
ここまで書くからには…
ここまで書くからには、
何か嫌なことがあったからなのですか?
辞めてから後はどうですか?
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
やめたい2世さまへ。真光の辞め方と注意事項
やめたい2世さま

ここに辿り着き、読んでくださったこと
わたしも心から嬉しく思います。

真光に騙されてきた悔しさは誰よりわかります。
真剣に真摯に「愛をもって」取り組んできた人ほど、真光では苦しみますから…。

ただ、ひとつだけ注意してほしいことがあります。

「真光の辞め方、離れ方」
★真光を辞める時は、絶対に教団側に「辞める」と表明してはいけません。
「フェードアウト」するのが一番安全です。

その理由は、最初の投稿にも書いたのですが
彼らは、真光の正体を嗅ぎつけた者「辞めようとする組み手」を
徹底的に破壊するため「最後の大制裁」を加えてきます。

それは引き止めるのとは違います。

それまでの態度と一変して、悪魔の本性を醜くさらけ出し、
あらゆる悪態と言葉と手段で、責めに責めて、立ち直れないほどズタズタにするのが目的。
悪魔の最後のあがき「人格破壊行動」に出るのです。
※モラハラ加害者も、被害者が歯向かったり逃げようとすると同じことをします。

ですから、相手に気付かれないよう、静かにフェードアウトするのが大切。

※家族に盲信者がいる場合は、その家族にも辞めることを話してはだめ。
教団同様の「フェードアウト対応」して距離を置いてください。

「オミタマの処分」
辞めると決めたら「オミタマ」は好きなように処分すればいい。
ただし、組み手や道場や盲信者を通じて直接返却してはだめです。
その時から制裁が始まるので「会うこと」が危険。
★「本部に返すか、*ゴミとして処分する」←これがお薦め。

※家族に盲信組み手がいる場合は、オミタマは付けず、そのまま放置でよい。


そうして、教団や盲信者には、誰にも辞めるとは言わず、まず「距離を置く」。
何を言われても、あらゆる言い訳を使って「距離を置き続ける」。

距離さえ置いてしまえば、ほとぼりが冷めて忘れられた頃に、
本部に退会届を出して縁を切ってもいいし、本人が好きなようにすればよいと思います。

本部に退会届を出してもオミタマの返却を迫られたりしません。
もしそのようなことがあったら、むしろ「初級研修費も含めてこれまでのご奉納も全て返せ」と言っていいほどですから。
またオミタマの返却を迫るのは、籍を置いてる道場拠点関係者たちで、
「制裁を加えるための口実」ですから、何も反応せず無視してください。

これらが安全な辞め方と注意事項です。


こころ穏やかに過ごせる日が、もう目の前ですね。
本当によかったです。

No title
フェードアウトさま。
とてもわかりやすい言葉で、ずっと考えていた事をまとめてくださったと
感謝します。
残念なことに、まだおみたまを返納できずに、両親が代納しているのですが、フェードアウトさまが書いてくださった内容を使わせていただいて更に説得していきたいと思います。
両親も所属道場の道場長に不信感を感じつつも、やはり恐怖を植えられているため距離を置けないでいます。お金と時間を奪われ、ため息をつきながら道場に通っています。
御主枝和人会長を現在していますが、長くいるだけに教えに矛盾も感じるようです。
(いろいろ時代と共に教えが変わりますしね)
とにかく、参考になる文章、ありがとうございます。
崇教真光は組織的巨大モラルハラスメント
はじめまして。15年前にフェードアウトした元組手です。

まず、真光の洗脳から解けた先人たちが、これまで真光の謎(不正)を暴くために、様々な実態の情報提供や資料を提示してくださっていることに深く深く感謝いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう「完全に真光は悪質な組織だと確信した方」も、「数々の矛盾を感じて薄々はインチキだと自覚ある元組手・現在組手の方」も、その「正体」がはっきりと掴めないために、モヤモヤとした苛立ちに包まれているのではないかと思います。

ただ、疑惑は持ちながらもまだ洗脳からハッキリ覚めることのできない方々は、どんな酷い実態を見せられ聞かされたとしても、繰り返し刷り込まれた『教え(恐怖心)』によって、即座に否定できません。

今も前にも後ろにも進めない・立ち止まった状態にいる方がいるのではと、心が痛みます。

そこでまず、今も迷い続けている方は
真光の内側から疑惑や疑問を「近視眼」で、ぐるぐる探るのは一旦やめ、教えはいったん抜きにして
『真光(新興宗教)のカラクリは洗脳・支配・コントロールである』という〝仮説”を先に立てて調べたほうが、
理解と回復が早まると思い、今回コメントさせていただきました。

調べる過程でどんどん合致していくので
「自分の置かれていた状態は洗脳である」とわかってきます。

※仮説ですから頭から信じなくていい。
※「自分の実感として洗脳されていた」とわかる。

これは辞書でいえば『逆引き辞書』。
洗脳を解くには、まったく別の方向から探る逆引き辞書方式のほうが早いです。

真光は洗脳ですから、教団が一番恐れれいるのは、洗脳が解けてしまうこと。
洗脳が解けると教団の都合が悪い。
(組手を利用できない・儲からない・騙せなくなる→自分が不利になる)
だからそりゃあもう必死に必死に洗脳します。
特に「恐怖を与える教え(魂の抹消)」の徹底刷り込みによって外部の情報を徹底阻止しようとします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【彼らの正体を知る方法】

世の中には「洗脳に関しての本」がたくさんありますが
今ひとつ解りにくいと私は思う。
洗脳は、カラクリの一部でしかないからです。

そこで思い付いたのが、
最近社会問題として注目されてる【モラルハラスメント】。

規模こそ違えど「新興宗教教団組織の正体・目的・洗脳方法」と「モラルハラスメント」は、中身は全く同じカラクリなのです。

モラルハラスメントは
★『自己愛性人格障害者』が行う精神的虐待。

教団の教祖をはじめとする教団幹部・トップクラスのみ役者たちの言動は、
私が思い浮かべる限り、ほぼ「自己愛性人格障害者の特徴と合致」します。

自己愛性人格障害【悪意のみの悪魔】でなければ、
このような陰湿で悪質なことは続けられない。

※万が一このコメントを読んだ教団側が、人格障害とは失礼な、人権問題で訴えるぞと脅しても、訴えることはできない。
こちらは断定はしていない。「想定」して各々が検証してください、と話しているだけなので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★★★まず「自己愛性人格障害」を調べてからモラルハラスメントを調べていくと、「彼らの本性と目的と手法」がわかってきます。

まず「敵はどういうヤツか」を知るほうが早い。
「モラルハラスメント」から調べると、おそらく内容が複雑すぎて理解不可能かもしれません。ハラスメントより「自己愛性人格障害者の本質のほうがあまりにも難解」なのです。

★検証のとっかりは、ネットで「自己愛性人格障害」を検索
今は情報量が多すぎるので、迷う方は
下のサイトを参考に検証を広げてってください。
http://mora110.blog.fc2.com/
【モラハラ資料館】

★これらをもとに真光をひも解いていけば教団の全貌が見えてきます。

また被害者の特徴も書いてあり、これまで漠然と抱えてきた自分自身の「心の傷」や「謎」も明白になる。
たとえ被害者に何らかの非があるように感じても、人格障害は一生変われませんが、被害者は変わることができます。

長い間矛盾を感じて苦しんできた被害者であれば、やがて散り散りバラバラのモヤモヤしていた点と点が繋がるでしょう。



ただ、、事実を知ったあとのショックは、並大抵のことではありません。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ものすごーく簡単に説明します
【自己愛性人格障害とは】

人格障害というより脳機能の障害です。
(共感・愛が働く機能が全く無い・欠損している脳機能障害)=悪魔=動物より劣ります。
罪悪感は全くありません(脳機能の欠損)
内面に抱えているものは、主に「嫉妬・憎悪・欲望」。

邪霊とは、まさしく教団そのもの。
教団で「悪」とされてきたもの全てを「教団に当てはめる」と全て合致します。

★教祖と教団幹部の目的は主に三つ
①「他人の人生(金品と労力)の利用と詐取」。
②彼ら【悪魔】は神様として頂点で崇められることを渇望(支配欲)
人の頂点に立ち「神様もどき」になる方法はそれしかないから教団を作る。
③彼らの趣味は、姑息で残酷な精神的虐待と人格破壊。
※【人格破壊】正体が見破られそうになる・または見破った者は、目に見えないリンチ的な制裁を受けます。これが教団側の最後の制裁、人格破壊行動です。実態は動物より凶暴です。

神様扱いされながら、人を騙して利用し金銭を巻き上げ、
精神的虐待と人格破壊することが〝なにより楽しい”。
これらを一石数鳥でできるのが宗教教団です。

彼らは人間の皮を被った悪魔。
もはや人間とはいえないと、実態を知るわたしは思います。



自己愛性人格障害者は(自分は正しい・善である)という揺るぎ無い前提で、どれも本気で、しかも「無自覚」で行います。

ですから「全て悪魔に騙されていたこと」を知れば
被害者が精神を病むのも当然なのです。
その時は、組手ではなく「被害者」としての苦しみが待っている。
だけど、そこは気持ちをしっかり持ってほしい。

悪魔は彼ら。邪霊は彼らのほう。
被害者は、人として善良であればあるほど騙されるものだからです。
教団を不審に感じたのは、人としてあるべき温かい心を持ち、
愛とは何か知っているからこそ違和感を感じるわけです。

あなたの善良さは、全ての悪魔の手から離れて、
信頼できる人間関係の中だけで、自分らしく自由に活かされていけばよいと、わたしは思う。

理屈は深くわからなくてもいい。
せめて、一日でも早く まず「距離」を置いてほしい。
その時間に真光を検証してほしい。

彼ら悪魔のために自分の人生の一部たりとも無駄に使うのはやめてほしい
一日も早い目覚めと回復を、心から願っております。


政治力で減刑された可能性があります。
山城小道場には前原誠司が所属していますし、京都大道場には伊吹文明・北神圭朗・泉健太が所属しています。
大祭に来賓として招かれている谷垣禎一は京都府福知山市(舞鶴小道場福知山お浄め所管轄)出身です。
政治家が上から物申すことで減刑し、マスコミに働きかけて報道されないようにした可能性があります。

吉岡が長らく着任していた山城小道場から伏見小道場へ異動になったのもこの時期でしたから、何か問題が起きたのは確かでしょう。


日本は法治国家と言われていますが、建前に過ぎないと思います。

何しろ、今だに6億もの公金を町長の個人企業に補填されたり、横領した職員への処罰が町長の判断で軽減されているからです。
何十年も前からですが、最高裁判所裁判官国民審査は形骸化し、事実上政治家が裁判官を任命しています。

法律にはいくらでも抜け穴がありますから、教団内では根回し口封じを行って証拠隠滅し、資金力により凄腕弁護士を味方につけて裁判を有利にし、政治力により司法関係者を懐柔すれば減刑は可能です。
そうなれば被害女性組み手1人では到底太刀打ち出来ません。
そういえば、アメリカ・ニューヨーク州の弁護士が月始祭にしょっちゅう来賓として招かれていましたね。

そして、日本人は政治や法律に無関心です(そのように誘導されていることも歪めません)。

欧米人には「それは間違っているだろう」と上に対して意見する気風がありますが、日本人には「長いものには巻かれろ」という気風があるため、上が間違っていても中々意見出来ないし、無関心だから問題意識がなく改善もされません。
特に京都ではこれが顕著です。
大阪人は自己主張が強い方ですが、京都人は真逆であり歴史的背景から自分の意見を率直に言えない方が多いのです。
そして、田舎になると程度の差はあれ崇教真光と似たような人間関係が構築されているため、権力者に反抗するものは叩かれる(偽の噂話拡散など)のが常ですから、誰も意見出来ないのです。
因みに田舎では、噂話は49日で消えるどころか余計に大きくなるため、勝手に犯罪者にされることも多々あります。さらに、その人が死ぬまで何十年も言われ続けることがザラにあるのです。


町長の個人企業に公金補填
http://www.peeep.us/4d9de3f2

町長の判断で処罰軽減
https://archive.is/Sdd2R
へぇー
そうなんですか?
私が所属していた道場で道場長が、苦しいから多目的室のカーテンで隠れて泣いていたの組み手さんが道場長から『ほらやれ』と強制したりして、虐待まがいな事をしていました。
吉岡道場長の記事について
ブログの発信者の高丙文です

この記事には矛盾が多く私は支持しません

道場長が道場の中ので元信者の頭部を殴打、女性の血の付いたセーター、破かれたコートなどから判断して傷害罪、不法監禁、婦女暴行などいくつかの刑が重なり重罪となるはずです。


示談が成立していなければ数年の実刑(懲役)判決は免れないでしょう、示談成立して吉岡が初犯の場合は執行猶予もありますが

罰金刑はあり得ません

日本は世界でもトップクラスの法治国家です。吉岡がいまでも幹部を続けているとしたら?女性の側に問題があったのかも知れません?

軽い精神障害または知的障害など、問題を起こす例はかなりあり得ると思います。これもまた真光(閉鎖社会)の問題点でもあるのです。

社会に適合できない人達が多く集まって濃縮されているのです

私が若者達に「早く真光から逃げなさい!」と言うのはこのことなんですよ!
吉岡英夫道場長について
吉岡道場長は組み手に対して傷害事件を起こしましたが、山城小道場から同じ京都市内にある山科小道場へ異動になっただけで、のうのうと道場長をしています。
事件を起こした平成19年以降も初級研修会の講師を毎回していました。まるで何事もなかったかのように。

真光内では、事件を起こした吉岡はむしろ組み手から悩まされた被害者であり、被害を受けた組み手が一方的に悪いことになっていますが、
裁判所から罰金を課せられた時点で吉岡が悪いのは自明の理です。
名無しさんへ
ありがとうございます。

確かに、日本でのご神業、ご奉仕を通してそのような印象は受けましたが、例えば東京(恵比寿)の道場では、オーストラリアの元幹部のゲリー・グリーンウッドさんが書かれた暴露本の為にヨーロッパの真光の組み手離れ現象が起きたことを知っている組み手さんたちもいました。

日本でも外国でも、大半の組み手はマインド・コントロールの為、非常識なことが起きても、正当化する傾向があるので難しいのですが、私の考えでは、ネットを通じて真光の実態を発信していくことにより、組み手の中に段々と疑問が生じていき、自分たちの現状と照らし合わせて見て矛盾を感じ始めると思います。

なぜかというと、手かざし・教えの実践をいくらしたところで、健・和・富など絶対に得られず、何も変わらず、不幸現象も避けられないといった状況のほうが多く、誰しも何らかの不満・疑問を持っているからです。

元組み手の大半がそうでしたし、最近のポ語HPへのアクセス数・内容を見てもわかるからです。

そのプロセスには時間がかかりますので、諦めないことが重要なんです。
キャリーさんへ。道場長の傷害事件について
組み手は傷害事件を起こした道場長に疑問を感じる以前に、道場長が事件を起こしていること自体を知らないのです。
私がこの件を初めて知ったのは、「真光被害者の会」サイトに書き込まれているのを偶然見つけたからです。
恐らく、山城小道場の組み手でも知らない方は結構おられるでしょう。
日本の真光は秘密主義を徹底しているため、幹部組み手が事件を起こしたり自殺しても隠蔽されるのが常です。
日本の組み手は、神のみ名を穢す(崇教真光の評判を下げる事全て)と、とんでもない罪穢を積んで地獄に堕ちると脅されていますから、隠蔽するなんて簡単なのです。
名無しさんへ
ありがとうございます。

2011年5月度月始祭の導士任用式の教え主の発表については、他の方々の主なコメントと共にポ語HPに掲載させていただきます。

今後ともよろしくお願い致します。
道場長の傷害事件
この件については以前読んだことがあり、ネットで更に調べたところ、下記の書き込みを見つけました:

崇教真光幹部 吉岡英夫

傷害事件で罰金二十万円確定・・・・(京都地裁)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経 緯

平成19年1月5日、山城小道場で道場長の吉岡英夫が、元信者の女性の 頭部を殴打した事件発生。
女性の血のついたセーター、吉岡に破かれたコートなども保管。

吉岡英夫被告(父親も九州方面指導部の指導部長=幹部)は、平成18年 9月にも、近鉄大久保駅駅前で、道場所有のワゴン車の中で、被害者の 女性の首を絞めるという事件を起こしていたことが判明。

平成19年3月29日、午後5時40分、京都検察庁は、崇教真光 
山城小道場(京都府久世郡久御山町=きょうとふくぜぐんくみやまちょう)  道場長 吉岡英夫(45歳)を、傷害の罪で、京都地方裁判所に起訴。

こういう事が確認されても、組み手が問題視しないところが異常ですね。
キャリーさんへ

ご回答ありがとうございます。
2011年導士任用式の教え主発表は秘密であるようで真光誌にも乗っていませんし、月並祭で道場長のお伝えにもありませんでした。
私はその時の月始祭に参拝していましたので、教え主が発表しているのを直接聞いたのです。
当時の私はマインドコントロールされていたので、「教え主様は組み手が▲▲▲▲幹部のせいで苦しんでいることを知っておられ、組み手を助けるためにこのようなことをされるなんて非常に有難いことだ。問題ある幹部を辞めさせずにお使いになられるなんて教え主様は本当に素晴らしい方です。」ということを本気で思っていました。

今思えば、▲▲▲▲幹部を放置している時点で組み手のことなど単なる金づるとしか思っていない証であり、▲▲▲▲幹部は組み手を縛り金や労働力を搾取するために置いていることがわかります。
組み手の不満が▲▲▲▲幹部に向いている間は良いが、そのうち教団に不満が向いてネット上での告発など教団が危うくなる事態になるのを避けるために、「教え主は組み手の味方だよ」とアピールするべく幹部からお房を取り上げるパフォーマンスを行ったのではないかと思っています。
名無しさんへ
新たな情報ありがとうございました。

何年か前の海外組み手向け研鑽会の折に堀場幹部と再会したのですが、かつての横柄な態度は見られなかったので、教え主に咎められたのかも知れませんね。

それにしても、「教団幹部には威張っている者がいる」などとよく言えたものですね。幹部でありながらみ教えを実践していないということと、日夜お浄めを受けているにもかかわらず、まったく効き目がないということを公表しているようなものではないでしょうか?

元々滑稽な「お房」を外させる口実にも見受けられますが。

道場長が傷害事件を起こしている可能性があります
聞いた話ですが、
京都府の山城小道場の吉岡英夫道場長が、組み手に対する傷害事件の被告人として京都地方裁判所に起訴されたことがあるようです。
キャリーさんへ
堀場幹部は、今から8年前は中国方面指導部長補佐と山口中道場長を兼任していました。
表向きには面白そうな人物だと思っていましたが、導士からの評判が思わしくないのは、そのような理由があったからなのですね。

2011年5月度月始祭の導士任用式にて教え主が「教団幹部には威張っている者がいる」「東日本大震災は教え主をはじめとする幹部の責任である」「霊主文明が来るまでお房は付けない」と発表し、全幹部からお房を外すように命令しました。

しかし、その後も問題ある幹部の言動が改まらないことから、
単なるパフォーマンスであることがわかります。
上級幹部の身内が魔光隊に入っていないことが多いのは、魔光隊に害があることを知っているから
上級幹部の家族を知っておられる方ならよくわかると思いますが、
魔光隊に入隊する年頃の子供さんがいても魔光隊に入っていないことが多いです。
特に少年部には絶対に入らせない。
魔光隊に入隊しても成人してから。しかも、隊の中では特別扱いされる。

何処かの食品会社の会長が孫には自社製品を食べさせないのとよく似ています。


上級幹部の子息には教育方法も魔光の自虐的な教えはしない。
虐められたらやり返せと魔光のみ教えとは逆のことを教えている。



魔光の上級幹部は魔光のみ教えは有害だとわかった上で組み手に押し付けているのですから、
本当に悪質です。
島流し
組み手の手前、つまり、表向きは、幹部は常に正しいという説を押し通しますが、教団側としては「へま」(教団のイメージを悪くするようなこと)をした幹部に対しては、往々にして「島流し(飛ばし)・出戻り(再訓練)」といった処置をとります。

少なくとも私が真我台で訓練をしていた頃は、何らかの問題がある幹部は「修練生」として訓練部に戻り、再訓練を受けていました。

訓練と言っても、一般の訓練生とまったく同じ訓練をするわけではなく、どちらかと言えば、「反省」を強いるための期間のように見えました。

教団に対して損害(例えば奉納金のネコババ)を与えるとか組み手に対してセクハラ・パワハラ等をし、教団のイメージを悪くするような行為を行った幹部に対しては、大抵海外(主にラテンアメリカ)へ島流しする処置が取られますので、方面の組み手にとっては迷惑なことでした。

例えば、私が指導部の職員を辞め、日本へ行く少し前に、指導部長補佐に堀場幹部という人物が新しく就任してきましたが、富田元局長の娘婿ということもあってか、かなり横柄な態度で、

1.ラテンアメリカ方面の組み手のアイドル・リーダー的存在であった金野導士と対立、ついにはラテンアメリカ暦10年以上の金野導士を日本へ「飛ばし」;

2.私も含めた翻訳ご奉仕グループが訳した御聖言、み教え集、祈り言集の翻訳が間違っているとし、担当の田中導士と対立、ついには彼女を日本の導士と見合い・結婚させ、日本へ「飛ばし」;

3.初級研修を伝えるため、行かなければならない地方へ事前にファックスを入れ、自分の好みの料理を夫人部に作らせるなど、

当時の組み手から聞いた話では、金野導士を飛ばした後は、やりたい放題でしたが、ある日大きなへまを犯し、突然日本へ戻されたということです。

大半の組み手は密かに喜んだとの話ですが、私にとって最も理解に苦しんだことと言えば、それまで私たちがボランティアでしてきた膨大な数の翻訳を否定するのはよいとしても、ポルトガルのポの字も読むことも話すこともできない人物が、どのようして翻訳の中身をチェックすることができたのかということです。

高様ではないですが、これが真光の実態です。
内破
私が訓練生だった頃は、SM教団の教えを広める唯一の許された手段は「マボエ」&「マクバリ」しかなく、インターネットの時代になってからは、アクセス・利用することは「邪霊に操られる」可能性を含んでいるという理由で全面的に禁じられていました。

ところが、現在では教団の公式ホームページがあるだけでなく、昨年(2013)には、ブラジルの真光隊に対し、専用ブログを立ち上げるよう、鈴木統長という幹部から指示があったそうです。

私が話を聞いた真光隊員によると、実は私&その他のブラジルの元組み手グループが立ち上げたポ語HPとフェイスブック等のソシアル・メディアを通しての真光の実態を公開する幅広い運動に対抗するためだそうです。

このような実例を見てもわかりますように、真光のような詐欺教団を地上から根絶する唯一の有効な手段は情報の公開・共有で、しかも高様がおっしゃるように、できるだけ「実名」で述べることです。

それと、名無しさんのおっしゃるように、脱カルト協会のような各協会、関連雑誌へも投稿・訴えることだと思います。

私がポ語HPを作成するきっかけとなったのは、私の友人でブラジルの元幹部(道場長)に対する酷い仕打ち(道場内での毒殺未遂&他幹部のいやがらせ等)ですが、私のサポートの下、彼女が指導部(志水部長)へ辞表を提出した際、弁護士ファミリー(彼女、夫、娘)が相手なので後々のことを恐れたためか、彼女に口止め料(表向きは功労金)を支払いました。

なぜ口止め料なのかというと、ラテンアメリカの真光教団には功労金などという制度は存在しませんし、同じく酷い仕打ちを受け、後に教団を訴訟した他の元準幹部(元テスト生)に対しては、功労金どころか教団から強いられた訓練の為の借金の返済を最後まで執拗に迫ったからです。

このように教団側は常に相手を観察していて、手強そうな相手に対しては、「優しさを演出」するわけで、そうでない相手に対しては、狼の本性をむき出しにしますので、面と向かっていっても勝ち目はないでしょう。

つまり、外部からの「explosion(爆破)」よりも、内部からの崩壊「implosion(内破)」を狙ったほうが賢明かも知れません。
高様へ
これからもこのブログ続けて下さい。
お願いします。
このブログは必要です。
被害者を増やさない為にも…
教団本部から道場幹部に真光隊員のFacebookやブログを監視するように命令されている可能性があります
私の場合、ブログに
マインドコントロール


反セクト法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%88%E6%B3%95


政府の文書によってカルトと分類された団体一覧(崇教真光はフランス・ベルギー・ドイツでセクト指定されています)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%81%AE%E6%96%87%E6%9B%B8%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%A8%E5%88%86%E9%A1%9E%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%9B%A3%E4%BD%93%E4%B8%80%E8%A6%A7


集団健康度チェック
http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/GHI/index.html

日本脱カルト協会
http://www.jscpr.org/index.htm



へのリンクを張り付けてからしばらくすると、
私への幹部の態度が変わりましたね。
今まで人を見下すしか能がなかったのが、妙に優しさを演出するようになりましたね(笑)。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄