HOME   »  ◆御み霊(おみたま)の中身は印刷された紙切れ  »  チョン

チョン

やっと謎が解けました
チョンの神様ですからチョン切ってしまえば良いのです
これで呪いが解けます!

チョン
20131231omitama04.jpg
チョン
20131231omitama33.jpg
チョン
20131231omitama03.jpg
チョン、チョン
20131231omitama02.jpg

私の真光の話はこれでおしまいです。

皆様良いお年をお迎えください!


真光3代の教祖とパクリの教えの実態 御み霊とオキヨメ病気は治りません 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
関連記事
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
開けました
なんかこの記事見てスッキリしたわ
あと今日お御霊パッカンしたおww
純金なケースじゃないし、あの宗教なんなんだろwww
すべてニセみ霊
「崇教真光」など、そもそも「世界真光文明教団」からパクッて作られたものですので、教示から、手かざし、おみ霊等すべて紛い物ですが、「世界真光文明教団」も「世界救世教」からパクったものですので、そのすべても紛い物といえますね。

「光玉のオミタマの正体」(「キャリーさんのお便り」のカテゴリー)でも書きましたが、ko玉のミタマというものが、実は外国製の懐中時計だったという事実が裁判中に発覚したわけですし、いい加減、組み手の皆さんも気づかなければいけないと思いますが。
友森という人物について
恵珠を担ぎ上げた友森という人物は、「元旧日本陸軍の将校で戦犯として有罪判決を受け、最初は死刑を言い渡されたが、再審で終身刑に減刑され、東京巣鴨の監獄に入ってた」といった詳細は、「真光を離れて」というサイトの日本語訳で読むことができます。

下のリンクをクリックしますと、はじめに表示される英語の文章の中に軍事裁判中の彼の写真も載っていますので必見です。同文章の日本語訳は英語文に続いて見れます。

http://anne987.blogspot.com/2007_03_01_archive.html



真光裁判時に恵珠を担ぎ上げたのが友森(警備局長)や宇尾(初代真光隊統長)ですが、二人とも元旧日本陸軍の将校であり、軍人時代から光玉と付き合いがあります。

真光裁判後の世界真光文明教団に真光隊が存在しないのは、関口は軍人が嫌いだからだそうです。
崇教真光の御み霊は「ニセみ霊」である
ニセみ霊とは、
世界真光文明教団から崇教真光がパクった御み霊という意味です。
s学会の本尊は日蓮正宗からパクったとして、ネット上ではニセ本尊と呼ばれていることにちなんで名付けました。


崇教真光の御み霊はニセみ霊である根拠。

『真光』誌昭和49年9月号 巻頭カラーページ
「聖凰師●みたまおくりの祭り 人類の師よ永遠に」より(一部)
『 「二代様は関口さんにお願いしなさい」という、救い主様のご遺言により、ご神命を受けて立たれた関口二代様は、参集の神組み手に決意を表明された。 』とある。

関口榮師は、岡田光玉師より直接の御指名を受け、「二代教え主」および世界真光文明教団代表委員に御就任あそばされました。
これにより、崇教真光「教え主」岡田恵珠氏、および「教え主代理」岡田晃弥氏の霊的正統性は否定される。
http://photozou.jp/photo/show/3041758/186847071


恵珠は救い主より「私に何かあれば関口さんにお願いしなさい」と遺言を受け関口教え主の補佐役を命じられたが、
友森(旧日本軍将校)など恵珠側の実権を握る幹部が恵珠をお飾りにして教団本部を占領し、
そして葬儀の時も「二代目教え主は関口さん」と発表されたのに知らぬ間に恵珠が二代教え主と登記されていたそうです。
これが裁判の始まりみたいです。恵珠は光玉が亡くなって自分の立場が不安になったのと関口に反感を持つ複数の教団幹部がグルになってしたことだと思います。
Happy New Year!!
高様、最後の謎解き、おめでとうございます。

上級のオミタマの見事に切れた画像により、まだ迷われている方々の呪縛が完全に解けるかもしれません。

このブログにアクセスされた元組み手の方々の勇気ある投稿を願って止みません。

これからも時々、コメンテーターとして登場していただければ嬉しいです。

このようなブログを作っていただき、本当に有難うございました。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄