HOME   »  ◆実録.魂を抜かれた組み手   »  男性信者も無間地獄へ  »  離婚寸前の家庭内別居中でも神様が第一

離婚寸前の家庭内別居中でも神様が第一

今日は月次祭に参拝しましたよ

私の近所で商売をしているSKさんの御守護の体験談発表がありましたね、この人は元々が商売上のお付き合いで信仰はいまいちだったと思いますが?しっかりした普通の社会人でしたよ


内容はねー現在は離婚寸前の家庭内別居中だそうです、以前聞いた話ではSK夫婦は仲は良かったはずですが、奥さんのほうは組み手(信者)でなく教団への出入りには強く反対してたそうですね


仲の悪くなった原因がね、なんと奥さんがSKさんの御み霊(お守り)を粗末に扱ったことだそうで真にお粗末君ですわ

blog_import_522723d11dd89.jpg

円満だった夫婦が崇教真光が原因で離婚寸前までいって、それが何年も継続中とは、さらに離婚すると双方とも生活費が高くなるから妥協策として同居はしているらしい

 


しかも御守護談の結末がもっと悪い「別居してからは誰に遠慮かなく教団の行事や奉仕活動に参加できるようになりました!神様!御守護まことにありがとうございます」で結んでいいる

 

つまり円満な家庭より教団への奉仕が上なんですよ、更にそれを教団の月次祭で全員の前で発表するかー?それに対してみんなが全員が拍手する?


はまると怖いね!

「価値観の違い」と言え、恐ろしいことですねー

私は凡人ですから普通の人生が良いと思いますね


崇教真光ではお守りは命より大切に、四六時中身に着けていなさい、入浴時は外しても良いが外すことへのお詫びをしたあと「専用のポーチ」に御安置することと教えられます


御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
2014/10/13追記
このSKさんはその後お主枝和人になっている。
悪いことがあると教団の中では出世できる。
Related Entries
Comment
崇教真光よりも創価学会の方がまともな宗教です
崇教真光の信者からの収奪が余りに酷くて、
創価学会がまとな宗教のように見えてしまいます。

創価学会が何故金集めが上手いかと言うと、
信者からの収奪やマインドコントロールを程々にして、ある程度は社会で役立たせることで信者の生活基盤を確立させることで、
献金しやすくしているのです。

ネット上で創価学会の信者が騒ぐのは完全にはマインドコントロールされていない証であり、まだ健全であると思われます。

崇教真光の場合、真光とネット検索する事ですら畏れ多いほど徹底的にマインドコントロールされるため、恐怖心でネットに真光のことを書けないですし、他人に話すことも怖くて出来ないのです。
元々私がそうでしたが、マインドコントロールが解けていくにつれ、平気で吸狂魔卑蚊利と書けるようになりました。


私の知り合いにも精神病患者や医療拒否して亡くなられた方は何人かいますし、私も少し前まで統合失調症でした。



しかし、崇教真光のように信者が潰れるまで搾り取ると、
資金の供給源である信者が潰れてしまうわけですから、結局教団に資金が入らなくなるのです。





Trackback
Trackback URL
Comment Form
Only the blog author may view the comment.
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄