HOME   »  閉鎖社会の御守護の実態  »  悪いことが起こると感謝する!なんで?

悪いことが起こると感謝する!なんで?

ミソギ
災い:例えば怪我、病気をする、お金など物質的な損失
このような災厄を崇教真光では「ミソギ」「贖い」として

神様に感謝しましょうと教えられます


一切は良くなるための変化=つまり正常化であると教えられます

「ミソギ」や「贖い」を乗り越えて良くなってゆくと教えられるのです


ではどうやって乗り越えるのですか?

神様へのご奉仕によって乗り越える
①教団施設のご奉仕(無料で労務提供)
②金銭的な奉納(金集め)
③布教活動(人集め)
④教えの勉強など
⑤業の修練
だいたい上記の5項目位を推奨されます
強制はされませんが、気の弱い人には圧力となるでしょう

 

ここまで書いてみて、うまくは表現できていませんが
今しばらくお暇のある方はお付き合いくださいませ



御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
関連記事
Comment
No title
元組手花子さんも書かれていますが、私の場合はさらに深刻でした。
私は二世組み手で親が盲信真光隊員でしたので、生まれた頃から親によってミソギに感謝せよと叩き込まれました。
すると、他人が病気や事故に遭って嘆いていても「自分が犯してきた罪を消してくださる有難い運動なのに感謝もお詫びも出来ないなんて呆れた人だなあ。これを自業自得と言うのか。」という想いが自然にこみ上げてくるため、他人様を思いやることが出来なくなってしまったことに脱会後気付きました。
現在、正常な人間性を手に入れるために日夜リハビリ中です。(私の場合生まれた頃から異常な環境にいましたので、「取り戻す」より「手に入れる」という表現が合っていると思います)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
高丙文の近況twitter
広告欄
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ