HOME   »   201602
Archive |  201602

神理のみたま、汝の腹中に入る。 御聖言は光玉の虚言・妄言集!

今年も、もうすぐ御光誕祭とか言う光玉の誕生日と立教の記念日が近づいてきました。この根拠となる御聖言の「天地一切神の声」には実にバカバカしいことが書かれています。

御聖言24頁後ろから3行目:汝、その奥を語らしめん、神理のみたま、汝の○○に入る。汝その聞く所を語らん。天の時到れるなり。起て、光玉と名のれ。手をかざせ。厳しき世となるべし。

汝の○○と伏字を使ってますが元は汝の腹中ですね?また「神理のみたま」とは組手(信者)のこと!正に御聖言は光玉の口からデマカセ集ですねー(´ー`*)ウンウン

恥ずかしくもなく岡田光玉は自分で言っているんです
岡田光玉師 魁のメシア一世

「神理のみたま」とは組手(信者)の意味で「救い主様のお腹が出てるのは組手の数が増えた分だけ膨らんでくる」そうです。御聖言によると組手(信者)は光玉の内臓脂肪?となりますがねー!現在ではメタボとか言いますが!

前々回紹介したように光玉の額のコブからは、み光出ていたとかこんなバカげた話(教え)が昭和30年代(1955)から40年代(1975)には通用していたんですねー。またなんども紹介してますが光玉を名乗る前は龍道をつかっていました。本名は良一(よしかず)・龍道・光玉・聖玉・聖鳳・救い主。

それでも立教から順調に教団を発展させてきた真光ですが

【パソコンとインターネットの普及】によって急速に衰退!
Read more

「煎り豆に花が咲く」とは復活のこと 【節分の豆まき】

立春大祭参拝のアホ組手諸君へ 
今頃はバスの中か参拝の準備中でしょうね!私は今日はあびこの観音さんへ厄除けのお参りに行ってきましたよ!
abikokannnon (7-1)

真光では正神(火の神)に煎り豆を投げつけて「二度と出てくるなっ」と呪いの言葉をかけて追放したと教えられ、組手の家庭では豆まきをしてはいけないことになってますよね。つまり「煎った豆」は芽が出ないということですが?諺では逆の意味ですねー!


【煎り豆に花が咲く】衰えていたものが、再び勢いを盛り返すことのたとえ。また、あるはずのないことが実現することのたとえ。煎り豆が生える。

火(カ)+水(ミ)=神(カミ)
火(カ)と水(ミ)を十字に組んで神(カミ)、火の神を正神、水の神を副神と呼びますね!この真光の教えは組手ならほとんどの人が知っていると思いますが?煎り豆は火で焼いてるんですよ!その(火で焼いた)煎り豆を火の神様である正神に投げつけて呪いがかかる?と思いますか?この教えはどこから拾ってきたんでしょうね?竹内文書にはなかったと思うけど?真光の教えは矛盾だらけです!また古事記では天の岩戸開きはアマテラスのことですが、大本(教)での艮の金神はスサノオのことだったりします、真光もたぶんそうでしょう?この辺はあまり深入りしないほうが良いと思います。


真光の教えは岡田光玉が50才代に世界救世教や竹内文書からパクったり、仏教、キリスト教を自己流に解釈し寄せ集めて短期間に作り上げたものですから?こじつけとデタラメと矛盾だらけですねー?さらに3代目教え主光央もネットからコピペした情報をそのまま御教示にしてることがあります
http://memo.kouheibun.com/blog-entry-81.html

教え主にとって大切なことは教団の経営とマルチ商法的なシステム管理ですから、教えは二の次です、当然ながら教え主に神通力(霊力とか超能力)はありません。なにより証拠に私が3年以上も光玉や教え主たちの悪口を言い続けてもなーんにも起こりません(´ー`*)ウンウン 
Read more
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄