HOME   »  2015年11月
Archive | 2015年11月

「霊動」は真光の専売特許ではない

ブラジルの元組手でAprendendo com a Sukyo Mahikari​ (SM)「真光から学ぶこと」の発信者キャリーさんからの投稿です。


キャリーさんは「真光の霊動」のことを「氣功の自発動」と同じようなもの、つまり真光で教えられる心霊現象ではなく本能的(生理現象)なものとして解明しておられます。また岡田光玉も立教前に「外氣功」を学んでいたと言われています。

当然ですが御み霊(オミタマ)とは何の関係もありません 暗示にかけるための手品師の小道具にすぎません
1117ooharahi03.jpg 
 これより↓キャリーさんの投稿 太字・大文字による強調は高丙文


教団の実態を知らされた真光の信者がそれでも教団を止められない最大の理由は「手かざし=霊術」の存在で、神の光により憑依霊が救われ、霊・心・体が浄められ、治癒されると信じて疑わず、その証拠に「霊動」を挙げますが、人体から発生しているオーラ=電磁波というものは、昨今では「オーラカメラ」で撮影も可能になり、科学的にも説明することが可能になり、「霊動」というものも実は身体が自然に起こす本能的現象だということなんですね。

『気功 その思想と実践』 春秋社 廖 赤虹/廖 赤陽著の中で、真光が言うところの「霊動」についての記述がありますが、組み手の皆さんは知るべきですね。

霊動は、気功でも知られており、真光の専売特許ではない。また 気功ではこれを身体が自然に起こす本能的現象として捕らえており、 神秘的なものとは考えていない。ゆえにこれに興味を持つこともなく自然に任せるという立場を取っている。

真光では真光の業が人類で初めて霊を浮き上がらせることを許され た業であり、従来の方法では霊力がないため、起こらなかったなどと 主張しているが、気功では起こらないのではなく、起こそうとしない、 興味を持っていない というのが実態であろう。

気功と真光の業との次元と格の違いを見せ付けられる一例である。 もちろん気功の方がはるかに格が高いということである。」 

この本能的現象を自発動というのだそうですが、気療法(気功)の下記のサイトで詳しく説明されています。怪しい真光の手かざしなどに頼るよりも、気功を実践したほうが手っ取り早い感じがしますね。

http://rakuan.biz/jihatudou.html身体

続きを読む
高丙文の近況twitter
御奉仕より婚活
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
広告欄