HOME   »  2013年11月
    Archive | 2013年11月

    おみたまは「安っぽいペンダント」幹部達は承知している

    ブラジルの元組み手キャリーさんからのお便りです、下記の日本文は御本人が書かれました。


    オミタマについては、ポ語ホーム・ページでも記載していますがhttp://newsea.wix.com/aprendendo-com-a-sm(日本語版がなくて申し訳ありません)

    私がラテン・アメリカ方面の第一期訓練生だった頃と後に日本の訓練部・真我台で訓練生として体験したことの中で印象に残ったことは

    ◆サンパウロ大道場で訓練中に、ある地方の準幹部が「ご無礼」をしてしまった数多くののオミタマをお運び(?)してきた時、明らかに「ご無礼」とわかるものの数個を道場の幹部の判断で再お浄めなしとし、人的な多忙と都合による処置をしたこと

    ◆ある道場長は手を洗わずに自己のオミタマを扱っていたこと

    ◆真我台では、オミタマを付け忘れてお浄めを施光した相手の訓練生が酷い清浄化(?)に襲われ、病院に搬送される事態となったことがあります。


    こういったケースでわかることは
    ●オミタマとは特別なものではなく、信者を惑わすために作られた単なる安っぽいペンダントでしかないということと

    ●人間の体からは常にある種のエネルギー(科学的には電磁波)が発散され、周囲に影響を及ぼしているということだと思います。

    ●教団で奉仕した25年間には、オミタマをハンマーで破壊するとか、オミタマを包まずに外側にアクセサリーのように使用する信者もいましたが、全員元気で健在です。

    ポルトガル語の分かる方はこちらからどうぞ!
    http://newsea.wix.com/aprendendo-com-a-sm



    ここからは管理人の高
    真光のことが解ってくると誰もが疑問に思い、やがて怒りに変わります。来週は早くも大炎開陽霊祭ですね、今年は一寸変わってるみたいですが?

    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    バイブルからのパクリ

    キャリーさんからのコメントです
    http://newsea.wix.com/aprendendo-com-a-sm



    バイブルからのパクリに関して詳しく述べられているのがアメリカの元組み手のアンネさん(仮名)のブログ「真光を離れて」です。

    日本語で書かれた部分もありますのでご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、光玉と上級幹部の友森戦犯との関係等、あらゆる角度から事実検証されていますので、特に組み手の皆さんには必見です。

    世界本山建設〜バイブルの利用
    http://anne987.blogspot.com/2011_08_01_archive.html


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    御み霊の写真について

    私のブログでは時々、おみたま(御み霊)の写真を公開していますが、この件についてコメントを頂いたりします。

    ドンドンやれっ!という御意見と、逆に嫌悪感をを感じるとか、別れた彼女のヌード写真みたいとか、なーるほどーと思うことがあります。

    言われてみれば御み霊は男女とも熱心な組み手は、下着に固定して四六時中身につけている物ですから、気持ちが悪いと言われればそうかも知れません。

    但し、迷ってる若い組み手(信者)たちを
    マインドコントロールから醒ますには
    御み霊を卑しめるのが最上の方法

    だと私は思います。おみたまはマイコンの為の小道具(グッズ)であって、霊的な意味は全くありません、その証明です。

    若者が御み霊の呪縛からはなれて「普通の幸せな生活」に戻れたらいいなと思いながらブログを書いています。下の写真は先週の土曜日、近くの神社での七五三の風景です。世間並みとか人並みとか、普通の人生が幸せでしょう!

    真光の狂った人達(幹部とか狂信的なみ役者)が普通の幸せより教団の行事を優先して、気の弱い人達や陶酔した信者達を強要する姿を時々見かけます。

    コメントには公開してもよいものと、私宛の非公開が条件のものがあります。

    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    志水ラテンアメリカ方面指導部長から聞いた話

    志水宏僖ラテンアメリカ方面指導部長が関西の道場長のころ聞いた話

    「救い主様は、お百姓さんが田植えのときヒルに喰われて困っているのを見て長靴を思いつき、これを制作して販売した。救い主様の優しさが認められ大儲けをして借金の返済をした。」

    ンな!あほなっ?
    長靴をはいて田植えをしている百姓なんか見たことがない。

    この発言のどこが問題かと言いますと?
    (何度も言いますがほんの一例ですよ)

    269[1]社会常識に欠ける(志水道場長の非見識)
    非常に単純な話しです。まず言えることは長靴を製造販売するためには大資本と技術開発の期間と専門家が要るはず、これを文無しのKO玉にできるはずがない。(KO玉は自らを王侯からルンペンになったと言っている)

    270[1]真光の勉強ができていない。
    崇教真光の公式発表では、靴の行商をしたり、不動産業で高給を得ていて、この時に借金を返済したことになっていて長靴の製造の話は御神書のどこにも書いていない。

    両方ダメなら普通のバカでしょう(^_^;)

    志水氏は口は達者ですが知性は低い、よく指導部長にまで成れたもんじゃ?と言うより上級幹部といえどもこの程度で十分なのでしょう。

    正確な年月は忘れましたが7、8年前だったかな?志水氏が大阪大の道場長だったころ、傘下道場へお浄め巡回をしたことがありましたよね、その時に私も受けました。なんせ大道場長から頂くのは初めてでしたから奇跡の体験ができるかな!と大いに期待しましたね、でもガッカリでした、他の組み手も同じ見解です。
    普通の組み手並みのオキヨメでした

    当然、他の末端の幹部達もデタラメ発言が多い

    W顕真氏の話(志水道場長の下にいた幹部)
    み役者研鑽会の席で、KO玉の借金の額を当時の金額で300億円と言っていた。このW氏はなんでも「口から出まかせ」を言う相当タチが悪い。この男の事は後日、実名で詳しく書きたいと思っている。

    幹部になる人はみんな
    変な人ばっかりですね!(-^〇^-)
    と言うより普通の人にはできません。


    証拠となる記録はありません、私と当時一緒に聞いていた数人の組み手のメモと記憶だけです。

    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    やっぱり黒い影!ブラジルの「崇教真光の日」

    サンパウロ州とサンパウロ市での「崇教真光の日」について
    当ブログ11月14日付けの記事でサンパウロ市では(元)市議の口利きと書きましたが、正確にはK(前)市議だそうです。

    聖市はサンパウロ市の略、またブラジルは漢字では伯剌西爾で、日本とブラジルの場合は「日伯」と書く


    この件に関して元ブラジルの組み手キャリーさんから下記の様な情報を戴きました

    269[1]K市議は脱税の罪で議員資格停止処分&起訴されています。
    270[1]H州議は過去に「不正資金を受取った」


    私(高丙文)はポルトガル語が全く解らないので真偽は確認できていませんが?あり得ることだと思います。言えることは(前)市議の口利きって変ですよね?

    キャリーさんのコメントの全文

    日々お忙しい中、ブログの更新をしていただき、ありがとうございます。
    サンパウロ州議会と市議会が認定しました「崇教真光」の日につきましては、ブラジルの元組み手グループを代表し、
    発起人である、ハト州議及びサンパウロ州議会へ抗議の手紙を出し、HP「Aprendendo com a Sukyo Mahikari」にもその内容を公開しています。

    おっしゃる通り、このような行為は「人集め金集めの宗教団体と人(票)と金(献金)のほしい二者の利害が一致しただけのこと」で、調べて見ると、ハト州議は過去に「不正資金を受取った」為とカミヤ市議は脱税の罪で、議員資格停止処分&起訴されています。少なくともサンパウロ州の組み手はこの事を知っているはずですが、マインド・コントロールと惰性のお陰で異議を唱える者はいません。ブラジルにおける汚職や不正行為は日常茶飯事的なもので、連邦政府から地方自治体等の政府機関による政治腐敗は珍しいものでもなく、先進国で伸び悩む真光のようなセクトにとっては好都合でしょうが、元信者グループによる運動、HPを通しての情報公開により、段々と難しくなっていくと思います。


    コメントを寄せられたキャリーさんは
    Aprendendo com a Sukyo Mahikariの発信者です
    http://newsea.wix.com/aprendendo-com-a-sm



    組み手(信者)は「神気体に満て」と教えられる、また寸教504頁「私(KO玉)の写真だったらみ光は出ています」とありますが、下記の写真はいかがでしょうか?

    サンパウロ新聞からの無断転載写真ですが、3代目KOU央の目つき怪しいでしょ!目が浮いて(ラリッテ)るんですね。この写真をクリックすると大きくなりよく解ります。
    20131119kouou02.jpg

    20131119kouou.jpg
    サンパウロ新聞http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/14668/cat/105

    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    鞍馬山は紅葉が見事です

    鞍馬寺へ修行に行ってきました。(うそ)紅葉を見に行っただけです


    kouheibun03.jpg
    真っ赤に色づいている木も
    kouheibun02.jpg
    青葉もあり今が一番見頃かも知れません!
    kouheibun04.jpg
    そろそろ真光の事を書くのがめんどうになってきました。明日は月並祭です、気が向いたらもう1、2回は行ってみようかな?と思っています。

    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    ブラジルには「崇教真光の日」も「創価学会の日」「生長の家の日」もある

    崇教真光614号 2013年11月号
    20131114mahikarishi.jpg

    サンパウロ州に「崇教真光の日」ができたらしいが?当然ながら「創価学会の日」もあるし「創価学会母の日」もあり、この日を記念する「特別慶祝議会」が開催されたり、しかも池田SGI名誉会長はサンパウロ州では各地で名誉市民だそうです。さらに「生長の家の日」はある、真言宗や天理教はまだかな?

    日本では考えられないが、ブラジルの人は記念日好きで他の宗教の記念日もいろいろあるようです


    真光さんも遅ればせながら記念日を作ってもらったんでしょうね。サンパウロ州は聖パウロでキリスト教の聖人の名前であり、ほとんどの方がキリスト教徒ですが、人々は他の宗教にも寛大だそうですね。
    市議会場にはキリストの像が掲げられているほどですから。
     
    20131115sanpauro.jpg 
    ただ近年ではカトリック一辺倒からいろんな宗教への多角化が進んでいるそうですから、新興宗教にとってはブラジルは狙い目でしょう。


    地元の日本人向けWEB新聞にも紹介されていますが。
    WEB版サンパウロ新聞へのリンク
    sanpauroshinbun.jpg 
     サンパウロ新聞では組手(信者)数30万人、ニッケイ新聞では2万人となっている

    人集め金集めの宗教団体と人(票)と金(献金)のほしい二者の利害が一致しただけのことですね?光央と口利きをした羽藤州議どちらもあんまり知性的な顔ではありませんねー。サンパウロ市議会でも記念日が設けられたそうですが、こちらは(元)市議の口利きですから、まー簡単にできるんでしょうねー?

    20131119kouou02.jpg 
    画像をクリックして3代目光央の顔をよくご覧ください、真光誌ではみれない馬鹿面です。(目が死んでいる)


    3代目「羽藤、おぬしも悪よのー」
    州議「教え主さまこそ」
    3代目「ほんなら貰らっとくでー」

    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    立教は昭和38年?では最初に犬に手をかざしたのいつ?

    もう!うんざりするくらい光玉の発言と御神書の矛盾バラバラぶりを書いてますね。いつ立教したのか?光玉の手かざし第一号と言われる「犬」の病気を治したのはいつかは?このブログではどうでも良いことですが、このバラバラぶりが後々、現在に至るまで続いていますね。


    幹部と言われる道場長や導士達の発言もバラバラで一貫性がないでしょう。組み手の皆様は実際に体験することがあると思いますが?

    つまりね
    教団に都合の良いことが正法!
    この頃にできたのかも知れませんね

    立教当時の日本は高度成長期でもあり混乱期でもあった
    {真光と光玉年表}
    私の作った年表を参照して戴きますと分かり易いと思いますが、当時の日本は敗戦からたちあがり高度成長期でもありましたから「新興宗教」にとって延びやすい時期だったでしょうね。「病気は治る」「お金は儲る」とか言いたい放題だったと考えられます。

    この10年くらい後ですが初期のマルチ商法でネズミ講と言われていた「天下一家の会」の事件が発覚しました、被害者が110万人で被害金額は1900億円と言われていますね。いまの価値では一兆円を越えるカモ知れませんね。瞞される人がいっぱいいたんですねー


    大阪万国博覧会(1970)のときに作られた岡本太郎氏の「太陽の塔」です。この頃光玉は69歳くらいでしたね。
    taiyounotou.jpg
    万博記念公園の紅葉は色付きはじめです、タイトル画にしてみた。
    20131107tai.jpg



    またまた「御対談集」にもどりますが、この本の275頁から始まる本山博氏との対談では、取材時期が昭和49年2月とありますから、光玉が病死する4、5ヶ月前ですね、この本山氏(文学博士)は光玉とは年令も近く、どちらも怪しいオヤジで似たもの同士ですから、光玉の本心がよく垣間見ることができます


    では、ここから先お暇な方はご覧くださいませ269[1]は立教の時期270[1]は犬の手かざしの時期

    269[1]「御対談集」276頁4行目 本山氏への光玉の発言
    「最初に立教しようとしたのは昭和35年のことですが、本当に立教したのは昭和38年のことです....」
    rikkyou38.jpg

    「御対談集」280頁8行目
    たしか昭和34年2月27日ですが、私の家の神様を拝んでいたら、大きな声で「光玉となのれ。厳しき世となるべし」なんて言う声が聞こえたんです。
    (イ){犬に手をかざしたのは昭和34年「光玉となのれ」の後}
    ...........最終行 270[1]「ところがふと犬に手をかざしてみたら犬の病気が治ってしまった。それが評判になって治った人がまた誰かを連れてくる...



    270[1]「崇教真光50年史」39頁3段目始め
    戦災による借金を返す当てなどありません。死を決するしか道はありませんでした。........
    (ロ){犬に手をかざしたのは昭和20年頃、自殺を考えていたとき}
    同40頁1段目11行目
    その帰り道大きなお屋敷の前を通りかかると、270[1]一匹の犬が苦しんんで倒れています...その時天空の彼方から「手をかざせ!」という声がハッキリ聞こえてきたのです。...10分も経過したでしょうか。なんとあれほど苦しんでいた犬がみるみる元気に起ち上がったのです。

    269[1]「最後の天の岩戸開き」 
    著者は八坂東名、言うまでもなく3代目教え主光央である
    40頁7行目 師が立教を決意したのは昭和34年2月27日の御神示によ。5日間の高熱による人事不省の後、師は立教に関する御神示をうけた。
    天の時至れるなり。
    起て、光玉と名のれ。
    手をかざせ。
    厳しき世となるべし。
    立教の関する御神示が天地創造の主神から垂直に天下ったのである。

    なぜ「お暇な方ご覧ください」と書いたかおわかり頂けると思います
    まじめに読んでると頭が、こんがらがってくるからですねー(-^〇^-)

    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    御聖言はデタラメ書?光玉の御神名と神向き讃詞解説から解る!

    御聖言の疑問点は以前から書いていますが今回は「神向き讃詞解説」と光玉の名前から検証してみましょう
    20131101kamimukisanjikaisetu1.jpg

    まず光玉さんの名前は下記の通り5回変わっている
    269[1]龍道、光玉、聖玉、聖鳳、救い主

    270[1]龍道
    昭和29年(1954)から7年間、この名前については「真光50年史」に記載されています。立教前ですが教団でも公認で「手かざし」もしていたことになっている。
    このブログでも前に書きましたが→http://memo.kouheibun.com/blog-category-13.html
    271[1]光玉
    昭和34年(1959)から2年間
     
    御聖言に「..光玉と名のれ...」という割には一番短い。次回書きますがこの時点ではまだ立教はしていません。
    272[1]聖玉
    昭和36年(1961)から7年間
    鳥仁仙人から貰ったとか言う御神名(KO玉の人生にはよく仙人が都合良く登場します)
    273[1]聖凰
    昭和43年(1965)から7年間



    今回は4番目の聖玉について書きますが1~5まですべて矛盾点、疑問点があるのです
    272[1]聖玉
    聖玉を名のるときの記事{引用}神向き讃詞解説40頁2行目
    次に頂戴しましたのが「聖玉」というみ名です。確か鳥仁仙人からだったと思います。しかし、正直に言いますと、この「聖」という字をつけるということは、非常に恐ろしく感じたのです。と言いますのは、「聖観音」というときや「聖徳太子」のときに、この「聖」を使っているからです。...しかし、これを戴いた昭和36年頃というのは、まだ大祭をしても参加者は170人くらいのときですから、とても「聖玉」という名を使えるところまでいってなかったのです。{引用ここまで}


    問題点の説明
    光玉は神の声として「天地一切神の声・・・光玉を名のれ、手をかざせ、厳しき世となるべし。仰々しく登場したのに?たったの2年で光玉から聖玉に変えてしまった。

    それも
    「鳥仁仙人」とかいう訳のわからない
    人物の言うことを聞いて聖玉に変えて

    しまったのです。
    しかも「確か鳥仁仙人からだったと思います」。とあるように曖昧なんですねー。


    これでは神様より「鳥仁仙人」の方が上?になります。
    それとも御聖言に登場する神様は何者?

    鳥仁仙人とは、「神向き讃詞解説」の7年後に発行された「崇教真光30年史」79頁には読みは鳥仁(うじん)仙人で役の行者を霊界から指導した、現界に肉体を持ったことのない霊界だけの仙人と説明しています。便利の言い説明ですね光玉の神様は?


    他にも疑問点の根拠はいろいろありますが
    組み手(信者)の立場からは
    「御聖言はデタラメ書」と呼んでおきましょう?
    私たち組み手は、「御聖言」を拝読して「実在の神の声」と信じて付いてきたのですが?「なんとか仙人」と同レベルの神様だったら話は別です。
    「インチキ」呼ばわりしてどこが悪い。



    273[1]聖凰
    神向き讃詞41頁13行目それから現在は「聖凰」になっております。
    泊まった旅館の部屋が鳳凰の間とか?いろいろ言ってますが?

    この頃の時代背景は私の作った年表をご覧戴くと分かり易いでしょう


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ