HOME   »  2013年07月
    Archive | 2013年07月

    上級研修に命を捧げた?女性組み手は49才のときガンで死んだ

    このブログの始めの頃に書きかけて忘れていた「49才のときガンで死んだHoriちゃん」のことを思い出しましたので改めて書きたいと思います。

     


    Horiちゃんは熱心な組み手と言うより狂信的な信者でした。当然、毎日道場参拝して、教団・道場行事にはすべて参加していましたね。ただ熱心すぎて他の人に命令調で指図するのが過ぎて私は嫌いでしたが、いったん人に指図(命令)すると相手が聞き入れるまでは徹底的に攻め込みます。温和しい女性組み手から見ると恐かったと思います。典型的な真光バカです

     


    組み手の価値観として御み霊の昇格がありますが、Horiちゃんは私が入信したときは既に中級で上級を目指すために日々、恢弘(布教)に頑張っていましたが、40才代半ばを越えたあたりから頭に「ずきん」をかぶってくるようになりました。本人に聞くまでもなく、これは抗がん剤の副作用による脱毛だとすぐに解ります。


    それでもめげることなく47歳くらいの時に叔母さんのお導き(入信)で正味7人のお導きに成功して上級研修の受講ができました。

    但し、その頃にはもう働くこともできなくて経済的にも困っていたはずですが、真光誌100冊(3万円相当)を取り寄せて布教活動に励んだり、さらに力を振り絞って翌年には上級研修の再聴講を受講します。でも力つきて1年も経たずに49歳で他界しました。

    まさに上級研修に命を懸けたのです!

    Horiちゃんの死後、道場内ではみんなが言いましたね「Horiちゃんは救われた」「Horiちゃんは幸せだった」「だれか弟さんのお導きを・・」両親と叔母さんは既に組み手(信者)です


    仏教の教えでは親より先に死ぬと成仏できないんですが?


    他人には解らないでしょうが?Horiちゃんは生きたかったのかも知れません?上級者になれば病気が治ると思っていたのかも知れません?Horiちゃん自身が幸せと思えば幸せなんでしょうかねー?


    まもなく叔母さんもガンで死にますが、その夫である叔父さんがその後入信します。が、その叔父さんも癌で闘病中です。

    ガーン!
    としか言いようがないなー

    この頃から私には道場にいる人たちがゾンビに見えてきました。
     
    Horiちゃんは30才くらいの時にY頼子さんのお導きで入信したらしいです。Y頼子さんはSラTツ道場長と連んで組み手にマルチ商法の健康器具を売りつけて退会していった、上級者で元お主枝和人副会長です。
    上級者って変な人ばっかりですねー

    Horiちゃんは姓(苗字)です、私と同じ道場の人に解るように書いてます。
    みんな見てるー?オレオレー!


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    続きを読む

    御み霊(おみたま)の写真を公開しました

    最近撮影した御み霊(おみたま/おまもり)の写真を「写真コミュニティサイト フォト蔵」にアップしました。誰でも自由にダウンロードできます、オリジナルのままアップしているので、かなり鮮明です


    「写真コミュニティサイト フォト蔵」へのリンク
    http://photozou.jp/photo/top/3027897

     

    {ご注意}
    マインドコントロールの醒めていない方は、ご自身の御み霊は粗末に扱わない方が良いと思います。恐る恐る蓋を開けたりしますと不思議と悪いことが起こることがあります。


    その逆もあるんですよ!良くなると思って、頑張って道場参拝すると良いことが起こることもあります!

    エー話が違うじゃないかって?

    いいえ!

    「ブラシーボ効果」といわれます!
    私たちはコレに嵌められたんですね
    そして永い年月を無駄にしたんです



    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    七次元神界やマルチョンもパクリ(無断転載)

    中級・上級研修を目指す真光隊諸君!偽物に青春を奪われてはいけない。

    日々情熱的に御神業に励んでおられるのに申し訳ないが一言申し上げますとね(なかには嫌々無理矢理お導き親にさせられて受講へと追い込まれた隊員もいるでしょうが?)


    中級・上級研修はほとんどが「竹内文書」からのパクリなんですね!
    図があるので分かり易い例としてここでは7次元神界をご覧ください。

     

    中級研修テキスト12頁見開きの大きな図があります、

    「第四 神霊層界」図
    一番上に御聖言にもあるマルチョンがあって第7次元界 カクリミ神界 6次元 カゴリミ神界 5次元 カガリミ神界 4次元 ハセリミ神界第3次元 現界、2次元、1次元と続きますが。
    (平成8年のものですから現在は変わってるかも知れませんが)

    画像をクリックすると大きくなります
     

    下記の画像は市販されている「竹内文書」の解説書のコピーです縦書きと横書きの違いだけで全く同じと言えますね。これはほんの一例です中級研修から上級研修まで延々とパクリの教えが続きます。もっとも初級研修の段階で世界救世教のパクリですから


     私たちが夢中になったのは救い主様が人類史上初めて直接神の声を聞いたと信じたからでしょう

    私も新組み手のころ秋季大祭で真光隊が大きく手を振りながら元気よく御神紋旗と共に入場してくる姿をみて大いに感動したよ!他の組み手のみなさんもそうでしょう、若者がこんなに頑張っているような教団なら間違いないと確信した。


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    参議院選挙も終わりました

    前回の民主党に風が吹いているときには悠々当選の石井一さん今回は落選

    石井さんは兵庫県の現職で、岩井元崇教局長のお導きで入信した立教当時からの古参組み手です。公示前から各道場巡りして支持を訴えていましたが落選でしたね。また今回は新党大地から立候補した(元)民主党の萩原仁さんも熱心な組み手(信者)なんですよ。なんと泡沫候補なみの2934票で遙か彼方で落選でしたhttp://www3.nhk.or.jp/senkyo/


    全国区で一人の議員も送り出せないのが実情です

     

    9月には「Filled with Green」とかががあるみたいですが?たぶん真光隊の中級研修でしょう、これはね、かなり強制的に頭狩りされますよ(もう今頃は終わってるかな?)2年くらい前にもオールグリーンとか言う「真光隊の上級研修」があったでしょう、私の道場でも3人が受講しましたが、そのうち一人はそれほど道場には来ない目立たない女子隊員でしたね。経済的に余裕がある、休みが取れそうな若者は狙われるんですよ。私には「パワハラ」見えましたが?
    (オールグリーンの受講料が600人×70,000円=42,000,000円ですから)

     
    いよいよ若者にとっては
    厳しき世となるべし
    はやく逃げるべし!!



    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    御み霊(お守り)は命を守ってくれる?人々の命も救う?

    お守りを首に懸けていると命を守ってくれる。

    初級研修のテキスト62頁から67頁には延々6頁にわたって御み霊の重要性が書かれている


    「真光の御み霊は、主の大御神様より霊波線がつながれており、神組み手一人一人にその霊波線通して神の真光、ご加護光、神秘光線を46時中お送り頂いております。


    「御み霊」を拝受されることによって皆様は、人生上未だかつて体験し得なかった大変なみ力を発揮できるようになります。ですから今までの俗に言う諸々のお守りとは全然意味合いが違います。

    絶えず皆様の命をお守りくださり、多くの人々の命をも救わさせて頂く御み霊であります。

    私たちはそのような御み霊を身につけさせて頂くわけです。そこで、「命よりも大切に」という想念で「最高のお取り扱い」させて頂く事が極めて大切です。


    と、組み手(信者)は教えられるんですが?

    さてコレが事実かどうかが問題です
     
    少なくとも入信の時には、命を守ってくださるとか、事故の時には御み霊が身代わりになってくださるとか教えられる。多くの組み手(信者)は信じている、というより信じる人が現役組み手(現役信者)である。
     




    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    「み光」は遠赤外線(電磁波)である

    「み光」は電磁波であると教団も認めています

    「真光50年史」49頁2段目20行目「人体からは一種の電磁波が出ています・・・御み霊を通して神のみ光を自分の意識のなかに刻み込み・・・」

    ここの教え(説明)は知性的で良くできていると私も思いますが、たぶん3代目光央ではなく組み手(真光ボケをしていない組手)の解釈でしょうね。遠赤外線の存在が光玉の時と違って一般の人も知る時代になってきたから誰もが納得のいく今様の旨い説明が必要ですね。

    問題は神通力がなかったらどうにもならない、単なる言い訳になるでしょう。

    真光で言う「み光」とは遠赤外線と断定しても良いと思います

    人の体からは手はもちろん全身から電磁波の一種である遠赤外線が出ています。体のある部分に向かって手をかざす(照射)と「ピリピリ」とした感触があったり、ほんの少しですが「暖かく」感じることがありますが、これは遠赤外線による作用で特別な治療効果はありません。

    腰や肩などの「コリ」には温熱効果で血液の流れが良くなり苦痛が和らぐ効果はあります。真光の道場へ行くと「お楽になりますよ!」とか言いますが、その程度の効果はある。但し、風呂へ入ったり、マッサージや整体院ほどの効果はないと思いますよ!
    mihikari-02.jpg
    mihikari-01.jpg

    防犯灯など人が通ると明かりが付くことがありますが、あれは遠赤外線を感知して点灯するんですね。


    この「真光50年史」を読んでると「頭のいい人」が書いていたり「バカ」が書いていたり、いろいろな組み手が分担して編集してるのが見えてきますね。
     
    重要なことは、この「遠赤外線のみ光」による「お浄め」で病気が治ったり、運勢がよくなったりする事は絶対にありません。過信すると大変なことになりますよ。この記事は経験に基づいて書いています、私は遠赤外線の専門家でも研究者でもありません、また気功のことは全く知りません。


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    お粗末すぎる3代目教え主光央の教示

    毎月真光誌が手元に届くたびに文句を言ってますが

    今月号(7月/610号)の教え主の教示
    ここから引用
    13頁7行目 救い主様の経営の基本的想念について
    (一)自分の家庭はよく話し合って仲良くする。
    (二)お店をきれいにして整理する。
    (三)買い物に来られる人が気持ちよくいられるようにする。

    この三つの原則を実践しますと。するとそのお家とお店の波動が明るくなります。明るくなると不思議にお客さんが集まってきて品物が売れるようになります。
    --ここまで引用--
    まず言えることは、こんなものは経営・・とは言わない、確かにお店はきれいにするのは当たり前として、こんな事でお店が栄えることはありません。さらに分類が変ですね、例えば項目(二)のお店をきれいに・・・は(三)の小分類にはいるべき項目でしょう下記の様に分類するのが正しい。
    (一)自分の家庭はよく話し合って仲良くする。
    (二)---
    (三)買い物に来られる人が気持ちよくいられるようにする。
     (イ)お店をきれいにして整理する
     (ロ)--は清潔にとか愛想よくとか
    私の個人的な感覚ですが、どうも3代目の光央は頭が悪そうです「正法実践十項目」もそうでしたが大分類と小分類が理解できない、これは知能指数(IQ)の問題ですね。つまり努力してもどうにもならない。学校の成績は良いのに知能が低い例は組み手には多いよ。
     
    また先月も書きましたが
    「バックミラーが割れた・・・・過去を振り返るな」の件ですが

     真光五十年史(平成21年)では(45頁3段目)
    「天地一切神の声・・・・」のあとの出来事となっているが
     今月号では(18頁3行目)多田建設を辞めるか辞めないか迷っているときです。

    僅か4年前に書いたことを忘れている初代開祖の立教の原点に関わる話ですから、ここは厳密であるべきだと思いますが、まあ元々立教の時期は適当なんでしょうね?

     

     3代目光央は今年で確か67歳、まだ呆ける年でもないと思うが

     (一)自分の家庭はよく話し合って仲良くする。
    この頃に光玉は奥さんや娘さんと別れている。よく話し合って仲良く別れたんかいっ!




    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    なぜか高学歴者も嵌まる?カルト教団

    アレフとひかりの輪(元オウム真理教) 現在の状況

    忍び寄る「影」-オウム真理教(産経新聞に7月10日から連載された)
    (1)ではオウムの復活と勧誘が活発化 前ページに紹介しています
    (2)では「国家の陰謀」説。若い信者に「地下鉄サリン事件を」オウムを弾圧するための国家のでっち上げと教え込んでいる
    (3)ではオウム真理教の退会者のお世話をしている元代表の話です


    連載3のタイトルは「アレフと決別した元代表」
    元アレフ代表の野田成人氏(46)はオウム真理教のころは教団内で最も「麻原原理主義者」だったそうですが、麻原が予言した「ハルマゲドン」が外れたことをきっかけに醒めていったようです

    また氏は麻原 彰晃(あさはら しょうこう、本名:松本 智津夫)の逮捕後にも教団に留まり事件と信者への責任から教団の代表になりましたが教団批判のブログを書き除名処分を受けたとあります。


    いま野田氏はオウム真理教の後継団体アレフと、光の輪からの脱会を手助けしたり、その後の生活の援助をしたりしている様ですが?両団体からの脱会者はまだ8名だそうです。元代表が関わってもたったの8名ですから簡単ではなさそうですねー


    この野田氏は東大理学部卒で、殺された教団№2の村井秀夫も大阪大理学部卒とか、先日このブログに書いた「籠の中のおっさん」のKH氏も皆さん超エリートなのに一瞬の隙を突かれて嵌まってしまうんですねー。
    いったん入信すると一般社会から遮断されるので簡単には醒めません。
     
    私は産経新聞の月極購読者ではありませんが、一昨日たまたまコンビニでオウム真理教の記事が掲載されているのを見て3日間だけ近くの喫茶店に持ち込んで読み、迷っている人の参考になればと思い紹介しました。


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    オウム真理教が復活!勧誘を活発化している

    今日(7月10日)の産経新聞の朝刊トップ(関西版)に
    忍び寄る影-オウム真理教№1と題して大きく扱われています

    画像をクリックすると大きくなります
     
    地下鉄サリン事件が平成7年それから18年ですから当時のことを知らない若者をターゲットに復活を始めているんですね。あれほど恐ろしい大量殺人事件をおこし誰もが忌み嫌うカルト教団のオウム真理教がいまだに、信者数1,500人もいて、驚くべきは昨年1年間で新たに信者を255人獲得したとあります


    現在のオウム真理教は主流派「アレフ」と上祐史浩の率いる「ひかりの輪」の2団体に別れて大学のキャンパスなどで教団名をふせて勧誘を活発化しているらしい。さらにインターネットの交流サイト(SNS)で接触を図ったりもするようです


    また同紙3面にも大きく紙面を割いています
     
    「正体を隠し大学を浸食」とうたってますから大きな問題になりつつあるんでしょうね。若者を中心に「対人関係のセミナー」や「占い」「コンパ」など正体を隠し信頼関係を築きながら加入を勧めてゆくようですね。

    この記事が掲載されているのは産経新聞の関西版だと思います、本日は(1)とありますから連載するんでしょうね?今日見れなかった方は明日からどうぞ。(私は産経新聞の関係者ではありませんが)

    このブログでも先月書きましたが、カルト教団は組織が衰退をし一見弱体化してからが危険なんですね

    真光の3代目の教えにも「デモクラシー(民主主義)からテオクラシー(神主主義)へ」とあります神主の神とは「教え主」のことでしょう、だって教え主以外誰も神の声は聞こえないんですからね。17才で入信して真光以外のことはなにも知らない人物ですから何を考えているか解りません「天地一切神の声」ですからね。

    若者は急いでゆっくり逃げよう。


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    かっこいい若者も真光に入信すると「籠の中のおっさん」に

     私が入信した20年前、恢弘担当のお主枝人だったKHさんのことを書きます

    KHさんは関西の一流大学の工学部卒の秀才で、合気道2段まさに文武両道で、男っぷりも悪くはない。親兄弟はいないが資産はある入信歴は30年以上のベテラン組み手で上級者でもあり現在はお主枝和人副会長である。体調の良いときは、ほとんど道場に来て「施受行」「御奉仕」に励んでいる、教えにも精通しており模範的な組み手(信者)である、その上、女性関係も潔癖である(実はここが大問題なのですね)

     

    若い頃、おそらく20代後半頃から「鬱の症状」があり入退院を繰り返している、中年になってからは前立腺にも異常があるようで、苦しんでいるように見えました

     

    私の知っている20年間でも道場通いと病院への通院と入院の日々でしたねー。

    何年か前に私は彼に「結婚をする」かもしくは「少し女遊びをしてみてはいかがですかと進めてみました」(もちろん重要なのは性的関係ですが)

    彼は「それは神様が一番嫌うことだからしない」とキッパリ言い切ります。「では商売女はどうですか?これなら少しは罪が軽いでしょう」と進めましたが、KHさんは「うーん罪が軽いのかなー?」と検討の余地ありと言いたげな表情でしたが?{女性からみると嫌らしいオヤジの会話に聞こえるかもしれませんが、以外と重要で思いやるのある会話なんですね。うん}


    最近一年くらい顔を見ていません、入院しているらしいんですがお主枝和人に聞いてもよく知らないらしい、現職の副会長なのにねー。ミソギをしながら少しずつ未組み手(一般の人)よりよくなってゆくと教えられますが嘘ですねー
     
    {中級研修テキスト22頁:有神無神向者の人生大差の図}
     
    入信当時はかっこいい若者だったのに
    30年ほど経って「籠の中のおっさんになりました


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ