FC2ブログ
    HOME   »  2013年06月
    Archive | 2013年06月

    女子真光隊は教団専用の無料コンパニオン

    最近、何人かの元真光隊の女性から賛同のメールを頂きましたが、共通しているのは何十年も過ぎてから後悔することです。女子真光隊が犠牲になるのは立教の原点??ですね

     

    道場長や導士が女子真光隊に対して高圧的な態度をとる姿はよく見かけると思いますが、彼らはなんの権限があって彼女たちに命令を出来るのかよく解りません。私は真光隊の経験がないのですが、確か「真光隊は教え主様の尖兵」とか教え込まれているようですね、つまり(旧)日本軍の「上官の命令は天皇陛下の命令である」と同じ意味なんでしょうね


    幹部達(教団社員)は若い彼女らの将来を思いやることもなく、み祭りの飾りモノか無料で使える便利なコンパニオンにしか見えないんですね

     

    彼女らにとっては真光の組み手(信者)であること自体が人生の障害です、障害を乗り越えて素晴らしい人生を送る人もいるでしょうが負ける人も大勢います
     
    戦後、行商をしていた光玉が聖珠(井上甲子)と一緒に世界救世教に入信したのが昭和22年(1947)光玉が46歳で聖珠が18歳の時、つまり光玉は道場長くらいの年令で聖珠は女子高生くらいの年頃でしょう。ここが真光の原点です
    (二人が知り合ったのは40歳と12歳、いつ愛人関係になったかは解りません)

     

    聖珠(井上甲子)さんは教祖になれて幸せだったかもしれませんが?普通の女性は恋愛、結婚、出産と人並みの人生が幸せでしょう

     

     

    教団発行の出版物には初代と3代目のことは生い立ちから詳しく書かれていますが、聖珠さんのことは一切書かれていません。つまり教団は聖珠と光玉が愛人関係だったことを公式に認めている。

    また教団分裂の頃は大口出資者であった関口氏が小指を突き出して「聖珠は救い主様のコレだよ」と言った話は有名。さらに「導士なんてのは霊障がきつくて社会的に使い物にならないような奴にやらせておけば良いんだよ」とも言った話も残っています。{小指を突き出す仕草は「愛人」「妾」「スケ」などの意味で見下げた表現、恋人の意味に使う人もいるが適切ではない}


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    真光は衰退期”これからが危険です”若者は急いで逃げなさい!

    み祭り参拝者が年々大きく減少しているようです
    8月の月始祭も例年は二日間開催されていましたが今年から一回になりましたね、子供達の参加が減ったのでしょうか?いや親御さんが目覚めてきたんですね折角の夏休みになにもあんなとこに行かなくてもね、二日間はバスと本山に缶詰ですし、親子で二、三人くらいですと高山に近い人でも結構な費用がかかりますから、同じ費用で十分に家族旅行ができますからね、もっとノビノビと自然を満喫できるところに連れて行きたいでしょうね!

    大炎開陽霊祭も本山での開催になるそうです。私は一昨年、個人参拝をしましたが後ろのほうの席はガラ空きです、10年くらい前は畳一枚に六人座ってたんですよ、今は三人ですね、それでも埋まらないから大変でしょう。会場のポートメッセ名古屋を三日間借りると千数百万円かかり参拝者が少ないと採算が合わないんでしょうね。

     この衰退期は宗教団体にとっては一番危ないんですよ、過去の例を見ても末期にいろいろ問題を起こします.。成長期は教祖達はお上品に構えてれば良いのですが、いったん下降はじめると大変です。なんせ普通の商売と違って原価ゼロなのが逆に災いするんですね、奉納金が1億円入ると1億円自由に使って教団の運営が出来ますが、減収になるときはそのまま経営に支障がでるのです。例えば本山や光神殿、光記念館、青少年会館、熱海元み魂座とかも建てたら終わりではなく維持費が必要なんです。


    組み手(信者)の御奉納金以外にお金は入らないんですよ!

    麻原彰晃(松本智津夫)のオウム真理教も参議院選に大量の候補者を出して全滅のあと拡大路線が行き詰まり、地下鉄サリン事件のように大量殺人や誘拐へと舵をきり最後は解散へと追い込まれました。

    但し、オウム今でもアレフと名前を変えてしぶとく残っています。福永法源の法の華三宝行やどこかのキリスト教の統一教会も同じでしょう



    宗教は衰退期が怖いのです

    若者は早く逃げなさい!


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    光玉の犬への手かざし2回の初体験?と貨幣価値

    岡田光玉の最初の手かざしは犬ということになってますが?この初体験が2回あります光玉の話にはこの手の同じことが時代を変えて何度も出てきます。また貨幣価値も曖昧です。


    神の声を聞く】祟教真光50年史 50年史39頁3段目

    戦災による借金を返す当てなどありません。死を決するしか道はありませんでした。

    先祖からの財産をすべて失くしてしまい、本当に申し訳に事をしてしまったと悔悟の念にくれました。「せめて自殺する前に先祖から信仰してきた神様にお詫びのお参りをさせていただこう」との思いが沸き上がってきました。神様へのお玉串を何とかしなくてはならない。しかし何もない。結局ボロになった作業服をうるしかありませんでした。

    荻窪の駅前にある古着屋にそれを持っていって交渉しました。一時間ほど粘ると、

    とうとうとうとう事情を知った店のお爺さんは「あんたの命があたら必ず取りにきなさい。それまで預かっておこう」と言って500円を渡してくれました。救い主様は、先祖から大切にお祀りされてきた神様のもとを訪れ、お詫びのお参りをしました。神の前に頭を垂れる師の眼からは涙が止めどなくなく流れ落ちます。有為転変の人生が走馬灯のようにめぐり来たりて、身の不始末を心よりお詫びするしかありませんでした。救い主様はお参りが終わると自殺の場所を探しました。どれぐらい彷徨ったでしょうか。死に場所を探しているうちに不思議な現象を体験したのです。先祖の罪穢が消えたぞ。曇りが取れたぞ」突然声なき声が聞こえたような気がしました。救い主様は思います。・・・救い主様は一ぺんに明るくなって自殺するのを辞めてしまいます。


    その帰り道、不思議な体験をします。

    大きなお屋敷の前を通ると一匹の犬が苦しんで倒れています。周りに人が集まっているのですが、皆何もできないでいます。「かわいそうに・・・」と思われた救い主様は、そばによって様子を見ました。その時、天空の彼方から「手をかざせ!」と言う声がハッキリ聞こえて来たのです。これが救い主が神の声を聞かれた最初です。救い主様はしばらくは躊躇されましたが、天からの声に従って犬に手かざしを始めました。すると体に熱いエネルギーが充ちて、掌から霊光がほとばしる感覚を覚えたのです。10分も経過したでしょうか。何と、あれほど苦しんでいた犬がみるみる元気になって立ち上がったのです。これには救い主様自身が驚かれました。そこへ品の良いご婦人が来て「あら、うちの犬あんなに弱っていたのにこんなに元気になって」と抱いて帰ろうとしました。・・・ご婦人はあなたが治してくださったのですね。有難うございました」と頭を下げてお礼を言われたのです。・・・招かれるままに縁側でお茶を御馳走になって、御主人が帰ってこられました。奥さんが事情を話されますと大変喜んで、帰りがけに「たばこでもどうぞ」と言って白い封筒をくださいました。中見は2000円でした。これが後、行商の元でにもなるのですが救い主様はまずこのお金で神様と御先祖の位牌をお祀りされました。そうするとその後の借金返しがスルスルっと順調にすすんでゆくのです。


    100yen.jpg

    疑問:この頃の最高額紙幣は100円で貨幣価値は現在の10万円と言われている、つまり2000円は現在の二百万円相当?通りがかりの光玉にこんな大金をくれたのですか?


    昭和34年(1959)天地一切神の声のあと

    【御対談集】本山氏との対談280頁8行目

    救い主様:「・・・たしか昭和34年の2月27日ですが、私の家の神様を拝んでいたら、大きな声で「光玉と名のれきびしき世となるべしとい声が聞こえたのです。・・・ひょっとしたらキツネかタヌキに憑かれたんじゃないかというわけで、一週間ぐらいは立ち上がる気が全然しなかった。ところがふと犬に手をかざしてみたら犬の病気が治っちゃった。それが始まりで・・・」


    救い主様:「・・・友達から千円を借りて汽車賃をつくり田舎へ・・・」276頁


    汽車賃の話も古着を五百円で売ったり、友達から千円を借りたり話す度にブレが見られる。


    光玉の経歴年表にもどる


    御聖言は最初の「天地一切・・・」から分裂症気味!

    とにかくお粗末だったり、仰々しかったり、ボロボロの分裂症

    写真をクリックすると大きくなり文章が読めます
     
    「崇教真光50年史」 45頁中段
    天の時至れるなり。起て、光玉と名のれ。手をかざせ。厳しき世となるべし。

    しかし、この御神示を戴いた救い主様は、すぐに起ち上がることが出来ませんでした。「・・・ 何か狐かタヌキにでも瞞されているのではないかと、神を疑ってしまった。・・・・・・・・・・・そうしているうちに、ある日、車庫に停めてあった車の バックミラーが何もしないのに粉々に割れて飛び散るという事件が起きたのです。そこで救い主様は「過去を振り返るな」という神様のお示しであるとサトリ、人類の救いに起ち上がる決意をされたのです。


     この神示のでる7、8年前には「龍道先生」の名前を戴いて、すでに「手かざし」をしていた。(前ページに記載)ここで改めて狐だタヌキだと驚くこともないでしょう。

     バックミラーは過去を振り返る道具ではなく前に進むために、近い未来を予測する重要な部品でしょう(もちろんバックも前進です過去ではありません)

    神の声にしてはお粗末です。


    その割には、数日後は仰々しい出来事が起こります
    (45頁下段)み山の上に光り輝く金龍神が現れて衣擦れの如きヒレやウロコのすれる恍惚とした素晴らしい音色につつまれました


    バックミラーと金の龍神出現。このアンバランス
    救い主光玉は分裂症だった
    と言っても言い過ぎではないでしょう、もし正常な神経をお持ちなら信者(組み手)をなめてるんでしょうね?金づるかな?

    大本の最初は下記の様だったらしいですが、光玉はこれを真似たんですね

    出口ナオさんの神がかりの第一声は
    艮の金神であるぞよ
    「この神は三千世界を立替え立直す神じゃぞよ。三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。とどめに艮の金神が現われて三千世界の大洗濯を致し、一つに丸めて万劫末代続く神国(しんこく)に致すぞよ」

    子供達を真光に近づけてはいけません



    資料 上段の全文
    「御聖言」 24頁
    天地一切、神の声なり。神理の充満なり。神大愛より発する万象仕組みの律動なり。
    神の気吹きなり。万象息しある訳なり。
    神の道といい、経文、バイブルなどなど各々そのカケラを語らしめしのみ。
    おのもおのも万全と思わば、既にそれ、真如なり。慢心なり。我なり。「ガは大神かくし」、故に「ガ」という。「我と慢心」は、神々もしくじりしなり。
    人間「大神を軽んじ大仏を蔑ろにす」の証なり。
    汝、その聞く所を語らん。
    天の時至れるなり。起て、光玉と名のれ。手をかざせ。厳しき世となるべし。




    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    「光玉」の前に神様公認の「龍道」を名乗っていた

    救世教を破門になった岡田光玉は失業をしたことになる、この頃、愛人の聖珠は何をしていたか解りませんが生活費を稼ぐ必要はあったでしょうね。そこで光開発という事業所をつくり不動産業を始めることになるのですが、個人事業所では信用がないので「多田建設」の傘下に入って営業をしていたんでしょうね、この事業形態は現在の不動産屋さんでもよくありますよ。

     

    「光玉」の6年も前に
    神様お導きの「龍道」を名乗っていた


    崇教真光50年史 43頁
    翌年の昭和28年(1953)救い主様は借金返済を進めていくため、「光発興業」という会社を設立しました。..........この頃、救い主様は「岡田龍道」いう名前をペンネーム的に使っておられます。ペンネームと言いましても神様からお導きを受けてお使いになったお名前です。当時、救い主様と交流のあった人は親しげに「龍道さん」「龍道先生」と呼んでいました。時を同じくして、救い主様は知人の紹介で「多田建設」という会社に顧問として迎えられています

    クリックすると大きくなり文字が読めます
     
    立教の昭和34年「天地一切神の声.........光玉と名乗れ...」より6年も前には神様からお導きを受けた「岡田龍道」「龍道先生」を名乗っていた事になります


    あの「御聖言」は光玉の作り物でしょう。破門になったとはいえ師匠の師匠の師匠である出口ナオさんの「お筆さき」を真似たんですな!御み霊は師匠の「おひかりさん」を真似たんでしょうね。適当にくっつけてるうちに矛盾が起きてくるんですすよ。ネット情報では龍道先生ではなく仲道先生という説もある。
    すべて「マネ借り」ですね」


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    救世教と並木の坊さん 岡田光玉の失業

    ばらばらに記載されている光玉の経歴1945~1952の7年間
    第二次大戦:後の昭和20年(1945)から多田建設入社まで、光玉44才から51才で、聖珠(井上甲子)は16才から23才の頃で恋人 気分一杯の時期ですから、この期間の二人の経歴には教団も困ったでしょうね。出版物によりばらばらです


    救世教関連の書籍「超宗教」では
    光玉は救世教の幹部(給料を貰える教団の社員)となっている
    そして昭和27年頃破門にしたとある、

    光玉が聖珠(甲子)と一緒に救世教に入信したのは昭和22年と言われている



     1983年「大聖主 岡田光玉師」昭和60年6月初版
    第二次大戦後 昭和20年(1945)~27年(1952)の頃のことは記載がない
    昭和28年に多田建設に入社。光開発株式会社設立。そして昭和34年立教とある
     


     1994年「最後の天の岩戸開き」八坂東明・3代目教え主
    32頁~35頁
    「並木の坊さん」の元で「下座の行」「ス直の行」をしていたことになっている

      


     2007年「神の大経綸」 岡田晃弥・3代目教え主
    18頁12行目
    そう決意された師は、ゴム長靴や地下足袋の行商をしながら病人がいるとためらわず手をかざして救って歩かれた。その一方で師は神の世界を解明するため日夜研鑽に励まれた。それは心霊研究や各宗教の研究・・・・・・

      

     2009年「崇教真光50年史」平成21年(2009)発行 
    40頁行商を始める
    41頁三段目 宗教研究、そして・・・黒住教、天理教、大本教、世界救世教など時にはその団体に所属してまで宗教研究をしました

     

    この頃になるとインターネットの普及で情報が氾濫しヘタな作り話は通用しなくなり出来るだけ事実に近いかたちをとる

     

    言えることは光玉は昭和34年のLH陽光子友の会を始める前に宗教で収入を得ていた、外気功など治療師としての技術も修行していたと「超宗教」

    救世教を破門により失業した光玉は「多田建設」に入社となるのかな?


    なんせ28歳年下の恋人を抱えてましたからね
    偉いねー!よく頑張るよ光玉さんは


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    被害者も加害者となるんです

    「振り込め詐欺」「オレオレ詐欺」「母さん助けて詐欺」
    被害者の皆さんは高齢者が多く大変お気の毒なことは言うまでもありませんが、残念ながらこの被害者の皆さんからでた年間300億円以上のお金は正に
    「豊かな漁場」となってプロのハンター達を呼び込んでいるのです

    つまり変な表現ですが被害者を無くすためには被害者をなくす事が一番ですね

    クリックすると大きな画像となります

     私自身も真光の組み手(信者)としての20年を後悔し、後輩達には申し訳なく思っています。私も共犯ですがこれからは裏返しにゆきます


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    「お母さんを真光から脱会させたい」

    「サミアどんさん」のコメント
    私も崇教真光の信者でした。現在、母が信者をしていますが、私は崇教真光が完全なカルト教だと知ってから、すごく居心地が悪くなりました。家族はゴタゴタになってるにも関わらず母は家族の救われがどーこーと言ってきます。完全に母を真光から縁を切りたいです!!どうしたら切れますか?ちなみに母は16年真光をやっています。


    サミアどん様
    管理人の高ですコメントにお答えさせていただきます
    すでに家族内にゴタゴタがあるようですが、正直言いましてお母様を真光から切り離す妙案は私には解りません。私は入信して20年目に我に返りましたが、昔は簡単に入信しない妹と永年もめたことがあります.。肉親は入れるのも辞めさせるのも難しく家庭不和の元となり易いですよね。


    無理に辞めさせるのはマイナスだと思います。何でもないような不幸現象をとらえて「ホラー!みてご覧、あんたが余計なことをするからこんなに悪くなった」と新たな争いの種をつくりかねません。


    お母様が中級以上でしたら「竹内文書」と中級、上級研修のテキストを比較して貰ったら解かり易いと思いますが

    このブログのテーマ
    上級研修は竹内文書のパクリ(盗用)を参考までにご覧くださいませhttp://ameblo.jp/kouheibun/theme-10067509651.html「竹内文書」については今後さらに詳しく書かせていただきます


    答えになってないかもしれませんがまたお暇なときにはこのブログにお立ち寄りくださいませ。
    コメントにも「カルト」とありますが、真光は反社会的集団である事は間違いないとおもいます。


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    崇教真光の月並祭に潜入してきました

    本日は全国的に月並祭ですね

    道場長の話は相変わらず恢弘、人救いです(人集め)
    お導きによって霊体が浄まるそうな?(新規に入信させる)


    その割に神前はガラ空きでしたね、大炎開陽霊祭と同じく畳1枚に3名です。崇教真光は、すでに低迷期に入ってかなり経つ、こんなブログを書くまでもなく終わるのかなとも思います

    帰りの電車の中で顔見知りのアラフォーの女性組み手Todomiちゃんに合いました。彼女も友達の女性組み手もまだ恋人は居ないとのこと、結婚願望は昔から強そうでしたがなぜ?み祭参拝、御奉仕、御奉仕、道場行事でアットいう間に時間が過ぎ去ってしまったんですね。私は「必ず運命の人には逢えるよ 」と無責任に励まして駅で別れましたが?


    彼女らも真光に時間を奪われた 犠牲者です
    但し、彼女らは自分が犠牲者とは思っていませんね?気付くのは50才を過ぎてからかなー?遅すぎると思うけど?

    私はこのブログをヒットさせようと決意を新たにしました

    2014ikagoke06.gif


    御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ