HOME   »  ◆実録・教団幹部と地元幹部
Category | ◆実録・教団幹部と地元幹部

御神体の呪い?夫や父親を生け贄にした女たち

御神体に救いの力はなく当然!呪いの力もないはずですが下記に述べるような不思議な結果がある。但し私が知っているのは1道場13体でそれほど多くの例について知っているわけではありません

先ずは!ぱっと記号を観て頂きたい御神体御奉戴家の父親または夫が早死に大病、障害に遭っていることが解るでしょう(いずれも実在で私自身がよく知っている人達である)▲御奉戴前に死亡が8家 ◆御奉戴後死亡・大病3家 ●無事・詳細不明2家。読むのが面倒な方は太字だけを拾い読みしてください、けっこう凄いよ!

jj.jpg
この写真は記事に挿入するため先月撮影したモノである、現地では気付かなかったが画像をパソコンに取り込んでみて驚いたねー!この記事に登場する二人の女性が写っている、私の念写かなとも思ったけど偶然かなー?狙っても撮れないけど
続きを読む

真光にダメージを与えるには?幹部への実名攻撃が一番?

教団内部(道場)では絶対に幹部に勝てません、争っても何処にも訴えるところも相談相手もいないでしょう。どんな幹部に落ち度があっても必ず「幹部が正しく」「組み手が間違ってる」ことになるでしょう。
教団・道場はゾンビの巣窟なのです
世間の常識は一切通じないことを誰もが経験したはずです。


昨日の朝、長居公園で撮りました馬が空を駆けてるようにも見えませんか!

エソラさんの質問へ
続きを読む

月並祭に参拝してきました!

久々に大道場の月並祭に参拝してきました、最後の参拝のつもりです。
20131201daidoujyou01.jpg

式典のあと、真光隊前隊長の体験発表です、幹部をめざして訓練部いりが決まったそうです。若者らしく涙!涙のお話で本人にすれば一世一代の大舞台だったんでしょうね!つぎに木崎道場長のお話です、商売人だけに話はうまい、理路整然としている。なんとか+下座=仙洞の行?なんじゃ算数かい?


木崎道場長といえば渡辺顕真を思い出しますねー!
あのインチキ幹部です?傘下の道場長でありながら夕方5時頃になると家に帰ってしまう。その時にはこんな言い訳が出る。

渡辺道場長「木崎道場長は貿易会社の社長さんで、お忙しいので滅多に道場には居ません」「それでも藤井寺中道場はあんなに発展しているのですから道場長はべつに道場にいなくても良いのです」

なかなか便利のよい口実ではあるが?
そんなら給料貰うなよっ!


渡辺顕真は4人の子供がいる6人家族の世帯主で、それなりに給料は貰っているはずである。職場放棄の常習犯ですがそれだけではない、道場長の職権を利用して言いたい放題やりたい放題デタラメの教えを吹きまくる。私は耐えきれずに、この頃み役と舎人(宿直)を降り、徐々にマインドコントロールから醒め始めた。まー私にとっては恩人かな?でもそのまま力づくで押さえ込まれた女性組み手(信者)達は哀れですねー。


あの除名になった真光隊OGのKアケミちゃんは、よく母娘そろって道場参拝をしてましたが突然除名になった。私はW顕真のワイセツ行為があったと思うけどねー、残念ながら証拠はありません?二人っきりの密室で「テープカッター」をアケミちゃんが渡辺道場長に投げつけたと言うのが除名の理由?注意も警告もなく母親も同時に出入り禁止にして口封じした、おかしな話じゃ?



あの「涙の前隊長」も幹部になったら、使うんでしょうね「幹部は道場にいなくても・・・」と、「木崎道場長」とは便利の良い名前である。失恋が原因で35才にもなって幹部を目指すのだから、どうせロクなもんじゃないよ。

御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

志水ラテンアメリカ方面指導部長から聞いた話

志水宏僖ラテンアメリカ方面指導部長が関西の道場長のころ聞いた話

「救い主様は、お百姓さんが田植えのときヒルに喰われて困っているのを見て長靴を思いつき、これを制作して販売した。救い主様の優しさが認められ大儲けをして借金の返済をした。」

ンな!あほなっ?
長靴をはいて田植えをしている百姓なんか見たことがない。

この発言のどこが問題かと言いますと?
(何度も言いますがほんの一例ですよ)

269[1]社会常識に欠ける(志水道場長の非見識)
非常に単純な話しです。まず言えることは長靴を製造販売するためには大資本と技術開発の期間と専門家が要るはず、これを文無しのKO玉にできるはずがない。(KO玉は自らを王侯からルンペンになったと言っている)

270[1]真光の勉強ができていない。
崇教真光の公式発表では、靴の行商をしたり、不動産業で高給を得ていて、この時に借金を返済したことになっていて長靴の製造の話は御神書のどこにも書いていない。

両方ダメなら普通のバカでしょう(^_^;)

志水氏は口は達者ですが知性は低い、よく指導部長にまで成れたもんじゃ?と言うより上級幹部といえどもこの程度で十分なのでしょう。

正確な年月は忘れましたが7、8年前だったかな?志水氏が大阪大の道場長だったころ、傘下道場へお浄め巡回をしたことがありましたよね、その時に私も受けました。なんせ大道場長から頂くのは初めてでしたから奇跡の体験ができるかな!と大いに期待しましたね、でもガッカリでした、他の組み手も同じ見解です。
普通の組み手並みのオキヨメでした

当然、他の末端の幹部達もデタラメ発言が多い

W顕真氏の話(志水道場長の下にいた幹部)
み役者研鑽会の席で、KO玉の借金の額を当時の金額で300億円と言っていた。このW氏はなんでも「口から出まかせ」を言う相当タチが悪い。この男の事は後日、実名で詳しく書きたいと思っている。

幹部になる人はみんな
変な人ばっかりですね!(-^〇^-)
と言うより普通の人にはできません。


証拠となる記録はありません、私と当時一緒に聞いていた数人の組み手のメモと記憶だけです。

御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

強要とイジメで昇格した地元のおばさん幹部

私が真光から遠ざかったのはこのイジメですね
道場幹部達が高齢者を執拗に責め立てたり、温和しい主婦を甲高い声で叱責する、オバハラですね。もちろん私にも繰り返し言われました。昨年の、あの寒い時期の光神殿の清掃御奉仕の時のことです、ただ幹部達のメンツのためにバス二台分の人頭狩りに、私は「こいつら狂ってるなー」と思いましたね。「こいつら」とは幹部達のことですよ

H祐子補佐が参加を渋るIK子さんに「素直になりなさいっ」「考えるから悪いんですっ」「考えるのは我です」と理屈にならない理屈で彼女を罵るようにして行事への参加を強要する姿を、私は忘れません。

私は一瞬にしてマインドコントロールから醒め
この日を最後に20年続いた道場通いを辞めました。

彼女らは元々ご近所同士の同年代の主婦なのに
幹部になると狂ってしまうんですね!
この一年後H祐子補佐は道場長へ昇格する、これが真光の実態です
地元の幹部は使い捨てになるのも知らずに?バカな女じゃ

私自身はその数ヶ月後に偶然にも「竹内文書」の解説書を読んでしまったのですねー。竹内文書との出会いは上級者にとっては大ショックです、上級研修は大部分が竹内文書のパクリですかね。

真光の教えでは「一切は必然にして偶然なし」
ここは納得です(どうせパクリでしょうよ)


光神殿・11月から4月までは雪が深いので閉鎖されている、しかも夏場も奇数日しか開けれない。こんなモノは神殿とは言えないでしょう、そのうえ南米の遺跡のパクリです。
hikarusinden.gif
続きを読む

パチンコ狂いで金に困ったS良道場長は市川補佐に追放された

S良道場長VS市川勝一補佐
これは平成14年の話で、今更暴くこともないと思うが?この大阪市内の一道場の源流部分で、しかも真光のもつ醜い部分をよく象徴している。ご家族には申し訳ないが、放置すると多くの若者が無駄な人生を送ることと比べるとやむを得ないでしょう。一日も早く閉鎖すべき変人の巣窟である。

S良保道場長
私が入信した当時、道場長をしていた地元の幹部です、S良は派手好きで一見してやくざにも見える風貌で信仰者とは程遠い雰囲気の男だった。案の定、最後は金に困って辞めていったが、辞め際が悪い、お主枝和人副会長のY頼子とつるんでベルコの会員募集や健康器具のマルチ商法に走り、道場の組み手(信者)たちを巻き込み、中には高額なローンで健康器具を買わされ家庭不和に落ちったものもいる。

S良道場長は当時パチンコに没頭しており、道場にはほとんど来ることがなかった。私も何度か借金を申し込まれたりマルチの勧誘を受けたりもした「100万円ほど貸してほしい」といわれ断ったこともある、またこの神書は手に入り難いから3万円で買ってほしいと強請られたり、こちらは2万円とか、その他何冊か買わされた。組手の中にはお金を貸して焦げ付いた者もいるかも知れない。

最後は市川勝一補佐に内部告発でもされたのか突然姿を消した
そして市川補佐は道場長に昇格した
問題点は現場の幹部の対立抗争だけで決着が付いたことである

このS良道場長の義母であり初代道場長も最後の十数年は痴呆で御み霊をつけることもなく、自宅の開放から準道場まで育て上げた功労者なのに最後は組み手に見送られることもなくひっそりと亡くなった。

地元の幹部は哀れなもんじゃなー!

H祐子道場長も最後はこうなるでしょう?彼女はこのY頼子の後釜でお主枝和人副会長になったのが事のハジマリ


この写真はアオサギです、近所の公園で撮りました
20131006sagi.jpg


真光では都合の悪い部分は切り捨てて
残った部分が「愛和一体化」である

鈴木保雅導士
特に問題はなく明るい性格だったが遊び好きだった、私はこの男に自分の車ををガソリン付で自由に使わせたり、毎月ビール券を5万円相当恵んでやっていた。女性信者と結婚して現在子供は3人いる

市川勝一補佐
クマさんのような顔でオカマ風、S良保道場長を追放した男である、本山参拝のときは何時も私のところに昼飯をタカリに来たせこい男である。

道場長を永年勤めても最後は金に困るとは、何のための教団じゃ?
しかも教えを説いていた組み手(信者)を食い物にしてやめてゆくとはねー


御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
続きを読む

陰気で短気な近藤導士  幹部は切り捨て御免

では落ちこぼれ幹部について語らせていただきます
先ずは私が崇教真光に入信したばかりのころ拠点にいた近藤文男導士である、まあ普通の30歳くらいの男でひょうきんな面もあったが短気で陰気な部分もあった、一般の労働者であれば特に問題はないが、教団の職員ともなれば問題もある

かなり昔の話ですがこんなことがありましたね
組み手(信者)のY秀子、Yあつ子はこのK指導員に教団を除名にされた二人とも熱心な信者だったが軽い「精神障害」があり、思い通りには動かない近藤導士はこの2人の扱い困って橋本指導部長に相談の上除名とした。上役に相談とは言っても一方的に報告するだけの話であるから簡単


Y秀子とYあつ子は自分に欠点があるから宗教にすがって入信したわけでしょ?「崇教真光」では「人を救う」と言いながら、奉仕(無料労働)奉納(金)だけ取って哀れな2人は結局は少しも良くはならなかったと言うことですね

教団幹部はね自分に服従しない
信者は切り捨て御免なんですよ!

閉鎖社会ですからね!
 

「組み手なんか締め付けておきゃーいいんだよっ」
これは近藤文男導士から私が直接聞いた話である、導士達は仲間内ではこんなセリフがあるらしい!。幹部達は若いときから自分たちは上で、組み手はどうにでもできると思っている。


御み霊とオキヨメで病気は治りません 真光3代の教祖とパクリの教えの実態 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部

教団幹部は社会的落ちこぼれ?

これも私の経験による話ですが
崇教真光の幹部たちの人間的レベルはかなりひどい、まず知能指数が低いですね記憶力が悪く理解する力が弱い、教団がそんなできの悪い連中を養ってゆくことは良いのですが一つ重大な問題があります?


それはネ!
彼らの悪い頭で指導者となってしまうことです

信者達、特に女性に多いのですが幹部の言うことは何でも信じてしまうんですね、教えの中にもありあります「幹部批判はいけません」「裁いてはいけません」と最初に教えられます。悪い頭で「迷える子羊たち」指導されたらたまったもんじゃないよ。私個人的には7人ほど詳しく知っていますが、これから一人ずつ語ってゆきたいと思います。

 


真光3代の教祖とパクリの教えの実態 御み霊とオキヨメ病気は治りません 実録・魂を抜かれた組み手はゾンビになる実録・教団幹部と使い捨ての地元幹部
高丙文の近況twitter
広告欄
最新コメント
オミタマと光玉の写真

画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
情報提供をお願いします!
全記事表示リンク
ブログランキング
竹内文書/たけのうちもんじょ
カテゴリ
広告欄
検索フォーム
最新記事
このブログ発信者に直接届きます

名前:
メール:
件名:
本文:

関連リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ