FC2ブログ
    HOME

    崇教真光での20年間の実体験とオミタマや手かざし・岡田光玉・聖珠の正体について書いています

    岡田光玉のパクリ屋人生と神様商売の半生

    日本の宗教法人の数は18万社もあり、その信者数の合計は2億人近いとも言われています、各教団の水増しと重複によるものでしょうね。真光は7から9団体?もあるそうです。ここでは岡田光玉がいろいろな教団から教えをパクリながら、時代の後押しも受けながら自らが教祖へ登ってゆく様を説明しています。

    下記の図を1回、2回クリックしてください大きく見やすくなります!
    岡田光玉の世界真光文明教へ至る道

    s001.gif新憲法による宗教の自由 s002.gif高度経済成長期 s003.gif国民皆保険(国保)導入、この3つに注目してご覧ください 。1945年(昭和20)年 8月広島、長崎への原爆投下、日本は無条件降伏をした。
    ◆第二次世界大戦 終戦 敗戦国となった日本はアメリカの占領下となる。
    s001.gif1947(昭和22年)5月3日 主な都市は焼け野原となった終戦から2年後新憲法施行によって宗教的結社の自由が認められ、新興宗教にとっては都合の良い時代が到来した。



    光玉は「世界救世教」に入信したが5年で破門
    1947年(昭和22年)岡田良一(光玉)は47才の時に世界救世教に入信、二年後に教団幹部となり宗教で収入を得ていた。が1952(昭和27年)勝手な解釈行動から教団を破門となる。ココで光玉がパクッた教えが、世界救世教でのお光りさんは⇒御み霊、浄霊⇒お浄め、自然農法⇒陽光農法、手かざしはそのまま手かざし。その他いろいろ宗教的なノウハウはココで覚えた。

    「竹内文書」からのパクリ
    ス神7次元神界五色人などその他の用語は竹内文書からパクる。光玉は茨城県の皇祖皇太神宮へ通って竹内文書のお勉強をしていた。当時の宮司さんが証言している。

    また竹内文書研究の第一人者である高坂和導氏も熱海に1週間泊まり込みで光玉と聖珠に直接指導(すべて録音)し、教えにも取り入れられていると近い関係者は言っている。高坂和道氏と竹内文書 

     1953年(昭和28年)頃?kotama.gif岡田龍造を名乗る(光玉が)
    光玉は龍造先生と呼ばれ手かざし商売をしていた。マッサージ師・気功も?


    s002.gif1955年(昭和30年)頃から日本は高度経済成長期がはじまり、同時に新興宗教の開花期ともなった。戦災による焼け野原からの復興。追い風となった朝鮮動乱・ベトナム戦争による戦争特需などによって日本人の生活は急激に豊かになった。人口は年々増え、井戸から水道へ、薪や炭から都市ガスとなり、洗濯機、炊飯器、ガス器具など文明の利器が溢れ、主婦は重労働だった家事から解放された
    tarai.jpg  sentaku.jpg
    が一部の無知な女性は新興宗教のオバサンとなって教団のために狂奔した。当時の女性は社会進出する環境が少なかったのです。また核家族化によって先祖からの神社、寺院とのつながりが弱まったことも新興宗教にとって好都合だった。1956(昭31)創価学会員で元プロ野球選手だった白木義一郎氏が参議院に初当選した(公明党の第一号議員)
     



    ◆怪しいオヤジと無知なおばさん(班長さん)
    この宗教オバさんをカモにした神様商売の光玉が営業開始!下記の写真からも実物の光玉は変なオヤジだったことがお解りいただけるでしょう!組手の皆さんが知っている救い主様は死後教団によりウソ偽りで飾られた虚像なのです!
    0728koutama01.jpg  0728koutama02.jpg 
    いずれも「光玉師御写真集」より 左111頁 右66頁

    LH陽光子友の会設立
    1959年(昭和34年)kotama.gif光玉を名乗る
    1961年(昭和36年)kotama.gif聖玉を名乗る(光玉が)


    s003.gif1961年(昭和36年)に国民皆保険制度(国保)の導入と医療技術の進歩によって日本人の多くが病気の不安から解放された。例えば、これより前は高齢者は歯が抜けているのは普通だった、結核は不治の病で身代をつぶす{破産}と言われていた。(この年までは公的な医療保障はなかった)




    光玉の真光の業の正体とは日本経済の発展と健康保険と医療制度の充実。無知な(当時の)おばさん達をダマして、光玉は(うちの)神様の御守護としたのです。病気の治療は病院へ御守護御礼は教団へつまり医と十字に組むこれこそ最も大きなパクリでしょう。光玉の霊術なんか誰も見たことないはず?教団が勝手に宣伝してるだけです。


    宗教法人を設立、ここではじめて「立教」した
    (宗教法人)世界真光文明教 設立1963年(昭和38年)
    1968年〈昭和43年)kotama.gif聖凰を名乗る(光玉が)
    1972年(昭和47年)kotama.gif救い主を名乗る(光玉が)2年後病死

    ◆光玉の死亡と跡目相続争い
    1974年(昭和49年)6月光玉病死。大口出資者の関口栄氏(運送屋のオヤジ)と愛人の聖珠との間に跡目相続争いが始まる。関口氏は「聖珠は救い主様のコレだよ」と小指を出すしぐさ(妾の意味)をしたとか「導士なんてのは社会的に使い物にならない奴にやらせときゃいいんだよ」とも言っていたことが伝えられている。2年後に決着して関口氏が「世界真光文明教」を継承
     
    sekiguchisakae.jpgosienusinoimage.jpg 
     二代教え主 聖峰(関口栄1909-1994 三ツ矢タクシー(株)を経営していた)現在は三代教え主聖翔(関口勝利)昭和14年生まれ
     
    愛人でも立教できる!
    裁判で負けた聖珠は「崇教真光」をはじめる
     
    2daseisyu.jpg3daikuou.jpg 
    初代光玉の愛人が二代教え主聖珠(甲子)で、その聖珠の愛人の息子が三代目教え主光央(泰六)である。崇教真光は愛人系真光と呼ぶべきでしょうね。
      mahikari3dai.jpg
     

    二代目教え主聖珠 平成28年9月18日死去 享年86才(1929-2016) 

     転職組も独立?光玉病死の3月前のどさくさ に「神幽現救世真光文明教団」は山梨県の教員だった依田君美(1916-2003)が入信から僅か4年目、光玉病死前の混乱に乗じて独立して「救い主」を名乗っている。
     
    岡田光玉と真光osienusinoimage.jpg 
    現在は君美の長男である依田美希が教主らしい

     分裂・独立した新教え主達は光玉には霊能力などなく?誰にでもできることを見抜いていた証拠である。彼等は永年、光玉の傍で見ていたんですから一番よく知っているはずです!神様商売は儲かる!

    詳しくは知らないが分裂・独立によって真光系と呼ばれる宗教団体が7ツから9ツくらいあるらしい?


    ◆新興宗教の衰退期
    平成になるとオウム真理教の地下鉄サリン事件、法の華三法の福永法源、ライフスペースなど問題が明るみにでて新興宗教は全体に下火となる。さらに少子高齢化の進行、人口減少によって、信者数は必然的に減少し今後は逃げ遅れた現役組手(信者)への負担がますます大きくなってゆくでしょう?

    結論
    若者は早く逃げなさい!



    光玉の経歴【年表2】 真光のウソつき体験談は光玉から始まった!

    ■1945(昭和20年)8月15日第二次世界大戦終わる
    これより↓日本人の多くが「戦後」と呼ぶ時代。宗教屋の光玉はこの戦後の混乱と復興期に生まれたと言えるでしょう。

    岡田良一(光玉)は天空の彼方から「手をかざせ」の声を聴いて(昭和20年に?)苦しんでいた犬にむかって手かざし、飼い主から回復のお礼に2千円(現在の貨幣価値で2百万円相当)を貰う。この時のお金が行商の元手となり順調に借金の返済ができた。(祟教真光50年史40ページに『救い主様が神の声を聞かれた最初です』)犬への手かざし詳細 借金の返済はしていない詳細
    50nenshi.jpg
    ■1946昭21 日本国憲法発布・宗教的結社の自由  手島泰六が誕生(光央)
    ■1947昭22年 岡田良一(光玉)と井上甲子(聖珠)が一緒に世界救世教に入信
    ■1948昭23
    ■1949 昭24年光玉は世界救世教において幹部(教団の従業員)として宗教による収入を得ていた。岡田良一(光玉)は「仲道」を名のり仲道先生とか呼ばれて(呼ばせて)いた。
    ■1949昭24
    ■1950昭25朝鮮動乱朝鮮特需で 米軍からの発注により日本は経済的に大きく発展した
    ■1951昭26サンフランシスコ講和条約 日本国独立
    ■1952昭27年 岡田良一(光玉)世界救世教を破門になる(失業した)
    ■1952
    ■1953 昭28年岡田良一(光玉)が光開発(不動産屋ブローカー)はじめる、多田建設の傘下 岡田良一(光玉)は 「龍造」の名を使って手かざしをしていた
    ■1954昭29
    ■1955昭30 日本経済の高度成長期始まる。世界救世教の岡田茂吉 昇天(光玉と同姓だが他人)
    ■1956昭31
    ■1957昭32
    ■1958昭33
    ■1959昭34伊勢湾台風
    koutamasengo.jpg 
    岡田良一(光玉)は妻子と離別・愛人の聖珠と養子縁組ここで初めて「光玉」を名のる 「私の家の神様を拝んでいたら大きな声で『光玉と名のれ厳しき世となるべし』の声が聞こえたのです」・・・{御対談集280頁}5日間の高熱で人事不省の話は嘘・・・「・・・ふと犬に手をかざしてみたら犬の病気が治ちゃった・・・」LH陽光子の友を設立したが宗教法人ではなく個人的な組織で立教とは言えない。

    ■1960昭35 日米安保(60年安保)ベトナム特需
    ■1961昭36国民皆保険(国保)8月に光玉は「聖玉」を名のる、「光玉は仮に示せし名なり」と御神示。{真光五〇年史の55頁}同時に「真光呂」も名のる。
    o2500140813908763830.gif
    ■1962昭37第一回中級研修5月1日 上級研修11月10日
    ■1963昭38 ケネディ大統領暗殺
    宗教法人「世界真光文明教団」ここで初めて立教。光玉はすでに62才(当時は55才が定年だったから相当な高齢でした)
    sinmon02.jpg
    ■1964昭39 東京オリンピック  7月に初台で光央が初級研修
    ■1965昭40
    ■1966昭41
    ■1967昭42
    ■1968 昭43年5月光玉は「聖凰」を名のる
    ■1969昭44 東名高速道路開通 アポロ月到着
    ■1970昭45年「神慈秀明会」会主小山美秀子(みほこ)
    ■1971昭46年 真光隊(青年真光隊統一)
    koutamakeirei02.jpg 
    ■1972昭47 札幌冬季オリンピック・沖縄返還
    10月光玉は「救い主」を名のる 熱海元み霊座
    ■1973昭48
    ■1974昭49年 3月に依田 君美(よだきみよし)が「神幽現救世真光文明教団」を設立
    6月23日光玉病死 享年73歳 2代目継承問題裁判へ 関口栄(65歳)が世界真光文明教二代目を継承 
    ■1975昭50
    ■1976昭51
    ■1977昭52
    ■1978昭53年日中和平友好条約
    宗教法人「崇教真光」を設立 裁判で敗れた恵珠(聖珠)が二代目
    sinmon01.jpg
    ■1979昭54
    ■1980昭55
    ■1981昭56 「幸福の科学」大川隆法
    ■1982昭57
    ■1983昭58
    ■1984昭59年祟教真光の本山「元主大神宮」建立「聖珠」を名乗る。
    麻原 彰晃による「 オウム真理教」始まる
    ■1985昭60
    ■1986昭61
    ■1987昭62
    ■1988昭63年 本山で映画大霊界の撮影 丹波哲郎

    ■1989平成元年  昭和64年1月7日昭和天皇崩御
    ■1990平2
    ■1991平3年真光正法之會
    ■1992平4年光神殿完成
    ■1993平5年岡田晃弥(手島泰六)養子になる
    ■1994平6年世界真光文明教の聖峰(関口栄)死去
    ■1995平7年1月17日阪神淡路大震災 3月20日オウム真理教による 地下鉄サリン事件
    ■1996平8 アトランタオリンピック「オウム真理教」法人格喪失するが「アレフ」として存続
    ■1997平9
    ■1998平10
    ■1999平11年 光記念館・開館4月
    ■2000平12年 シドニーオリンピック
    ■2001平13
    ■2002平14年光央(晃弥・手島泰六)が三代目代理
    ■2003平15
    ■2004平16年 アテネオリンピック
    ■2005平17
    ■2006平18年 悠仁親王殿下誕生
    ■2007平19
    ■2008平20年 北京オリンピック
    ■2009平21年オバマ大統領 11月1日光央が三代目教え主
    ■2010平22
    ■2011平23年 東日本大震災3月11日
    ■2012平24年 ロンドンオリンピック
    ■2013平25
    ■2014平26
    ■2015平27
    ■2016平28年 リオ・オリンピック 
    9月18日祟教真光の聖珠が死亡  享年86才
    ■2017平29
    ■2018平30




    ニセ神!二代目教え主「聖珠」を追悼(追討)する!ねつ造を見抜けなかった上高森遺跡

    真光の教え主様は神の地上代行者?
    今年も秋期大祭の季節です、57周年大祭とか言うらしいが、その頃には聖珠さんの四十九日ですね!さて言うまでもなく聖珠/甲子は普通のオバ(婆)さんですが!先ずは下記ご覧ください、いずれも秋期大祭がらみのお話です。

    崇教真光二代目教え主の聖珠は平成8年の37周年秋季大祭の御教示で遺跡発掘の名人で神の手と呼ばれた藤森氏らによって発掘された上高森遺跡を北京原人より古い日本原人の存在を示す・・・と賞賛しました?

    1996-12-01.jpg

    実は上高森遺跡は捏造だったンです。覚えておられる方も多いと思いますが、当時は考古学会はもちろん日本全国が大騒ぎになった大事件です。
    yomi-kamitaka02.jpg
    近い例で言うと騒動の大きさではSTAP細胞の小保方さんの話と似ていますが、崇教真光にとっては教えが崩壊するほどの大不祥事であります。
    続きを読む

    神理のみたま、汝の腹中に入る。 御聖言は光玉の虚言・妄言集!

    今年も、もうすぐ御光誕祭とか言う光玉の誕生日と立教の記念日が近づいてきました。この根拠となる御聖言の「天地一切神の声」には実にバカバカしいことが書かれています。

    御聖言24頁後ろから3行目:汝、その奥を語らしめん、神理のみたま、汝の○○に入る。汝その聞く所を語らん。天の時到れるなり。起て、光玉と名のれ。手をかざせ。厳しき世となるべし。

    汝の○○と伏字を使ってますが元は汝の腹中ですね?また「神理のみたま」とは組手(信者)のこと!正に御聖言は光玉の口からデマカセ集ですねー(´ー`*)ウンウン

    恥ずかしくもなく岡田光玉は自分で言っているんです
    岡田光玉師 魁のメシア一世

    「神理のみたま」とは組手(信者)の意味で「救い主様のお腹が出てるのは組手の数が増えた分だけ膨らんでくる」そうです。御聖言によると組手(信者)は光玉の内臓脂肪?となりますがねー!現在ではメタボとか言いますが!

    前々回紹介したように光玉の額のコブからは、み光出ていたとかこんなバカげた話(教え)が昭和30年代(1955)から40年代(1975)には通用していたんですねー。またなんども紹介してますが光玉を名乗る前は龍道をつかっていました。本名は良一(よしかず)・龍道・光玉・聖玉・聖鳳・救い主。

    それでも立教から順調に教団を発展させてきた真光ですが

    【パソコンとインターネットの普及】によって急速に衰退!
    続きを読む

    「煎り豆に花が咲く」とは復活のこと 【節分の豆まき】

    立春大祭参拝のアホ組手諸君へ 
    今頃はバスの中か参拝の準備中でしょうね!私は今日はあびこの観音さんへ厄除けのお参りに行ってきましたよ!
    abikokannnon (7-1)

    真光では正神(火の神)に煎り豆を投げつけて「二度と出てくるなっ」と呪いの言葉をかけて追放したと教えられ、組手の家庭では豆まきをしてはいけないことになってますよね。つまり「煎った豆」は芽が出ないということですが?諺では逆の意味ですねー!


    【煎り豆に花が咲く】衰えていたものが、再び勢いを盛り返すことのたとえ。また、あるはずのないことが実現することのたとえ。煎り豆が生える。

    火(カ)+水(ミ)=神(カミ)
    火(カ)と水(ミ)を十字に組んで神(カミ)、火の神を正神、水の神を副神と呼びますね!この真光の教えは組手ならほとんどの人が知っていると思いますが?煎り豆は火で焼いてるんですよ!その(火で焼いた)煎り豆を火の神様である正神に投げつけて呪いがかかる?と思いますか?この教えはどこから拾ってきたんでしょうね?竹内文書にはなかったと思うけど?真光の教えは矛盾だらけです!また古事記では天の岩戸開きはアマテラスのことですが、大本(教)での艮の金神はスサノオのことだったりします、真光もたぶんそうでしょう?この辺はあまり深入りしないほうが良いと思います。


    真光の教えは岡田光玉が50才代に世界救世教や竹内文書からパクったり、仏教、キリスト教を自己流に解釈し寄せ集めて短期間に作り上げたものですから?こじつけとデタラメと矛盾だらけですねー?さらに3代目教え主光央もネットからコピペした情報をそのまま御教示にしてることがあります
    http://memo.kouheibun.com/blog-entry-81.html

    教え主にとって大切なことは教団の経営とマルチ商法的なシステム管理ですから、教えは二の次です、当然ながら教え主に神通力(霊力とか超能力)はありません。なにより証拠に私が3年以上も光玉や教え主たちの悪口を言い続けてもなーんにも起こりません(´ー`*)ウンウン 
    続きを読む

    光玉の額のコブは皮膚の腫瘍「粉瘤(アテローム)」

    明けましておめでとうございます!「私の体験記」も遂に4年目に入りました本年もどうぞ宜しくお願いします。今回の記事は私自身の最近の経験から書きました、光玉の醜い姿を暴き卑しめて迷える組手(信者)たちを目醒めさせよとの御神示です。・・・と新春に勝手に思っているm(__)m 高丙文

    20160101-1.jpg

    真光では病気のことを正常化と呼び!良くなるための変化で神様から頂く御守護と教えられますが?これが大ウソです!

    組手の皆様は教団発行の出版物で見られたと思いますが、岡田光玉の額にあった大きなコブは粉瘤(ふんりゅう)と呼び腫瘍の一種です。粉瘤はアテロームとも呼ばれ、なんらかの原因で、皮膚の下に袋ができ、その中に、本来は肌の新陳代謝によって剥がれ落ちるはずの古い角質(皮膚のカス)が溜まってしまった状態だそうです。
    koutama-funryuu-1.jpg

    岡田光玉は病気だらけでした。粉瘤のほかにもニコチン依存症があり、最後は脳溢血なのか心筋梗塞なのか詳しいことは知りませんが急死しましたね。初代・開祖がこのザマですから一般の信者の病気が治ることは絶対にありません。
    kinpikakoutama-1.jpg

    教団側では病気であることはわかっていた?なぜなら「御尊影」?用の正装した写真にはコブはありません!画像修正して消したんでしょうね。左の写真は瘤のあたりが不自然な平面である
    koutama0104-3.jpg koutama0104-2.jpg


    粉瘤のことはコチラに写真入りで分かり易く説明されています⏩長瀬内科医院様のサイトhttp://nagase-keiseikai.com/newpage23.html


    【私の粉瘤体験記】自分で撮った実際の写真はこのページの一番下に掲載してますが気持ち悪いから見ないほうが良いと思います。
    続きを読む

    「霊動」は真光の専売特許ではない

    ブラジルの元組手でAprendendo com a Sukyo Mahikari​ (SM)「真光から学ぶこと」の発信者キャリーさんからの投稿です。


    キャリーさんは「真光の霊動」のことを「氣功の自発動」と同じようなもの、つまり真光で教えられる心霊現象ではなく本能的(生理現象)なものとして解明しておられます。また岡田光玉も立教前に「外氣功」を学んでいたと言われています。

    当然ですが御み霊(オミタマ)とは何の関係もありません 暗示にかけるための手品師の小道具にすぎません
    1117ooharahi03.jpg 
     これより↓キャリーさんの投稿 太字・大文字による強調は高丙文


    教団の実態を知らされた真光の信者がそれでも教団を止められない最大の理由は「手かざし=霊術」の存在で、神の光により憑依霊が救われ、霊・心・体が浄められ、治癒されると信じて疑わず、その証拠に「霊動」を挙げますが、人体から発生しているオーラ=電磁波というものは、昨今では「オーラカメラ」で撮影も可能になり、科学的にも説明することが可能になり、「霊動」というものも実は身体が自然に起こす本能的現象だということなんですね。

    『気功 その思想と実践』 春秋社 廖 赤虹/廖 赤陽著の中で、真光が言うところの「霊動」についての記述がありますが、組み手の皆さんは知るべきですね。

    霊動は、気功でも知られており、真光の専売特許ではない。また 気功ではこれを身体が自然に起こす本能的現象として捕らえており、 神秘的なものとは考えていない。ゆえにこれに興味を持つこともなく自然に任せるという立場を取っている。

    真光では真光の業が人類で初めて霊を浮き上がらせることを許され た業であり、従来の方法では霊力がないため、起こらなかったなどと 主張しているが、気功では起こらないのではなく、起こそうとしない、 興味を持っていない というのが実態であろう。

    気功と真光の業との次元と格の違いを見せ付けられる一例である。 もちろん気功の方がはるかに格が高いということである。」 

    この本能的現象を自発動というのだそうですが、気療法(気功)の下記のサイトで詳しく説明されています。怪しい真光の手かざしなどに頼るよりも、気功を実践したほうが手っ取り早い感じがしますね。

    http://rakuan.biz/jihatudou.html身体

    続きを読む

    岡田光玉と真光の実態はポルトガル語に翻訳されて海外にも紹介されています


    ポルトガル語で世界真光文明教・祟教真光の弊害を告発するサイト
    真光から学ぶこと​​Aprendendo com a Sukyo Mahikari​
    0821mahikari01.jpg
    何度も紹介していますが発信者のキャリーさんはブラジルの元組手で、祟教真光の日本の訓練部にも所属したことがあり、真光の翻訳の仕事もしていました。上記の「真光から学ぶこと」はキャリーさんが何年もかけて日本語の資料を集めポルトガル語に翻訳し真光の害を若者に訴えています。 ここまで高丙文

    「真光から学ぶこと」2015年8月トップページの日本語訳
    続きを読む

    光玉の経歴【年表1】光玉がパクった新興宗教・明治・大正・昭和初期

    世界真光文明教、祟教真光などでは初代教え主の光玉が「天地一切神の声・・・」と神の声を聞いて立教した事になっているが真っ赤な嘘。真光の教えは広く浅く(良いとこ取り)パクって作り上げたまがい物である。

    「大本」立教 開祖出口ナオ(55歳)「三千世界一度に咲く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ」 大本の立教(1892)おほもとhttp://www.oomoto.or.jp/ 日本の神道系新興宗教の元祖のような教団で霊能者出口ナオ(左)、出口王仁三郎(右)によって設立された。艮の金神(国常立尊)を信仰し大きな力を持っていた。軍人も多く入信したためか「大本弾圧事件」と呼ばれるほどの攻撃を政府より2回もうけている。生長の家、世界救世教などの教団が大本から独立している。0728nao.jpg 0728onisaburou.jpg
    ■1893 26
    ■1894明治27 日清戦争
    ■1895明治28台湾併合(日本領) 
    ■1896 29
    ■1897 30
    ■1898 31
    ■1899明治32 出口王仁三郎(上田喜三郎)大本へ
    ■1900明治33出口王仁三郎(28歳)がナオの五女スミコと結婚
    ■1901img_o014.gif明治34年 岡田良一(光玉)誕生
    ■1902 35
    ■1903 36
    ■1904明治37 日露戦争 
    ■1905 38
    ■1906 39
    ■1907 40
    ■1908 41
    ■1909 明治42年 img_o012.gif関口栄 誕生(世界真光文明教2代目教え主)
    ■1910 43 韓国併合
    竹内巨麿が「竹内文書」公開 天津教を興す後に宗教法人皇祖皇太神宮天津教となる(茨城県北茨城市) 
    ■1911 44

    1912大正元年 7月30日までが明治45年
    ■1913大 2
    ■1914大 3
    ■1915大 4
    ■1916大 5 
    ■1917 大正6年 img_o012.gif光玉の父・岡田稲三郎陸軍主計官が54歳で死亡(光玉は16才)
    ■1918大 7
    ■1919大 8 第1次大本弾圧事件
    ■1920 大正9年 img_o014.gif岡田良一(光玉)陸軍士官学校入学 
    ■1921大10 出口王仁三郎「霊界物語」第一巻発行 酒井勝軍:「竹内文書の解説書月刊「神秘の日本」を発刊 
    ■1922 大正11年 img_o014.gif岡田良一(光玉)陸軍士官学校卒業
    koutamaguntaijidai.jpg
    ■1923大12 関東大震災  
    ■1924大13
    ■1925大14

    1926 昭和元年 12月25日までが大正15年
    ■1927昭2
    ■1928昭3
    竹内文書の公開 皇祖皇太神宮http://www.kousokoutaijingu.or.jp/ 竹内巨麿(左)によって公開され酒井勝軍(右)らによって解釈され広められた文献。およその内容は古代の天皇が世界(地球)を支配していた、日本は世界のひな形。 過激な日本軍人がこの「竹内文書」に心酔し大東亜共栄圏構想(アジアの植民地支配)、八紘一宇などへつながり危険な思想へと展開。天皇に対する不敬罪で裁判、無罪となるが「竹内文献」の資料は戦火により焼失する。
    m02_03.gif
    ■1929昭4年6月井上甲子(恵珠・聖珠)誕生
    ■1930昭5年img_o012.gif谷口雅春が 大本の分派「生長の家」を創設img_o012.gif11月牧口常三郎初代会長と戸田城聖第二代会長によって「創価学会」設立
    ■1931昭6
    ■1932昭7
    ■1933昭8
    ■1934昭9
    ■1935昭10第2次「大本」弾圧事件 壊滅的被害
     0728katutoki02.jpg 
    ■1935年(昭和10年)ころ酒井勝軍は竹内文書の解説書で月刊誌「神秘の日本」を3年間刊行していた、光玉(岡田良一)が30才代半ばだったので愛読していたかも知れない???戦後は皇祖皇太神宮へ通っていた。光玉は竹内文書にかなり心酔?

    「世界救世教」立教:「大本」の幹部だった岡田茂吉(54歳)が「大本」に対する二回目の宗教弾圧によって壊滅的ダメージを受けている隙に立教。特徴は宗教というモノは金集め、人集めは必須であると公言している。美術品にも深い造詣がありMOA美術館(真光では光記念館として真似ている)を設立してりる。「おひかり」と言うペンダントを首にかけ「浄霊」急所に「手かざし」をして病気を癒やす?真光では「オミタマ」「オキヨメ」「手かざし」
    (岡田茂吉↓岡田光玉とは同姓だが血縁関係はない)
     MS61.jpg  okada_mokichi.jpg 
    世界救世教と世界救世教いづのめ教団は同じモノかどうかは私は知りませんが?まあ似てる。http://www.izunome.jp/
     0801gosinden01.jpg
     御神殿も真光とソックリ(こちらが本家)ですが岡田茂吉氏の写真が飾ってある。

    ■1936昭11 二.二六事件
    ■1937昭12 日中戦争始まる
    ■1938 img_o014.gif昭13年岡田良一(光玉)落馬(3ヶ月の入院)
    ■1939昭14第二次世界大戦始まる
    ■1940 昭15
    ■1941昭16 太平洋戦争始まる
     img_o014.gif岡田良一(光玉) 仏印軍司令部付 鉄道輸送責任者(大聖主68ページ)脊椎カリエス再発 養生先で井上甲子(恵珠・聖珠)と出会う 光玉 飛行機会社?着手 
    ■1942昭17 ミッドウェー海戦日本軍大敗 
    img_o014.gif岡田良一(光玉)は飛行機会社?設立。 光玉は王侯のような生活(会社が儲かっていたと光玉は言うが?たったの3年では無理)実は妻の実家の遺産を食い潰して豪遊していた。
    ■1943 昭18
    ■1944昭19サイパン島の日本軍玉砕
    ■1945昭20 長崎・広島に原爆投下 img_o014.gif光玉の飛行機会社?空爆で焼失 
    8月15日第二次世界大戦終わる◆第二次世界大戦 終戦 広島、長崎への原爆投下、主な都市は焼け野原となり、ポツダム宣言受諾。日本はアメリカの占領下となる 写真はGHQマッカーサー元帥
     i320.jpg

    光玉の経歴【年表2】戦後から立教・病死まで
    光玉が影響を受けていた幕末の三大新宗教 
    黒住教(1814)http://kurozumikyo.com/ 天理教(1838)http://www.tenrikyo.or.jp/ 金光教(1859)http://www.konkokyo.or.jp/ 光玉は黒住教、天理教など・・・を勉強していたらしい?「崇教真光五十年史」41頁3段目 




    光玉はダイヤの指輪と金時計とワニ皮のサイフ?物主逆法の世?

    6月になりました23日は光玉の命日(病死した日)ですが聖日のみまつりとか言うらしい?光玉が聖人だったか?詐欺師だったか?はこの頁と前回の「光玉はニコチン中毒」の頁をみて頂くとよくお解り頂けると思います。

    豪華な金時計と両方の指には金とダイヤの指輪をして踊る光玉
    koutamayubiwa0428.jpg
    岡田光玉師 御写真集64頁より

    「救い主様み教え」 勿体ないという感謝の心
    {真光誌528号 平成18年9月号} 38頁3行目から
    私はいかにも贅沢をしているように思われるかも知れませんが、私自体としては決して贅沢をしません。0001.jpg私が毎朝使う鏡にしても、この20年間使っていた鏡は明治時代の鏡です。下の方は半分もう錆びてしまっている。上の方はモヤモヤになっていますが、立教当時ある方から頂いた鏡です。それを内院の者が割ってしまった。残念でしょうがないのですが、神様が新しくしなさいとおっしゃっておられるのだとおもって納得しています。・・・中略・・・娘(愛人の聖珠)が「お父さん、いくらなんでもこの財布を外へ行って使うのはと言って立派な0002.jpgワニ皮の財布を今年の誕生祝いにくれました。それが今持っている財布です。・・・・私は御神体や御み霊を御調整しても、中級研修、上級研修、また原稿も書きますが0003.jpg全部御奉仕です

    ↑上の記事と↓下の写真は同じ場面ですが、掲載日は30年以上離れている

    岡田光玉は御神前でもタバコを吸う
    岡田光玉師 御写真集41頁

    0001.jpg贅沢はしていませんと割れたカガミを見せて言い訳をする。その腕と指には金時計と金とダイヤの指輪をしている、しかも当時は高かった洋モク(外国タバコ)を吸いながら。

    これを「語るに落ちる」と言います。

    0002.jpg光玉が使っていたワニ皮のサイフは当然の手順ですがワニを殺して、皮を剥いでからワニ皮のサイフになります。こんなものを宗教者が使うと思いますか?
    愛人(聖珠)からのプレゼントならしょうがないかな!

    0003.gif全部御奉仕です=自分の教団の仕事を(無料で)御奉仕と言って自慢しているが?ここに光玉の本性が見えますネー!!


    大炎開陽霊祭の一斉お浄め中に金時計と金(ダイヤ入り)の指輪をしていた。光玉の感覚では例のあのインチキ勲章もダイヤの指輪もおなじなんでしょうかねー?小道具をつかって教祖の体裁を繕っていた?
    0429koutamaooharai.jpg
    岡田光玉師 御写真集33頁

    光玉を改めて金玉(キンタマ)にすべきであると、私(高丙文)は数年前から提案しているが一向に採用される様子はない
    続きを読む

    タバコを喫いながら真光の教えを説いていた光玉の本性

    タバコはコーヒーや酒と同じ嗜好品ですが、喫煙者の70%はニコチン依存症(タバコ中毒)と言われ脳の病気の場合もあります。現在ではこの治療には健康保険を適用できます。

    まじめな組手の皆さんが知っている大聖主光玉師病死したあと教団による誇張と歪曲によって「神格化」された虚像です、この頁に載っている姿こそ光玉の実像です。写真はすべて「光玉師御写真集」に掲載されていた本モノです。


    先日も少し書きましたが、光玉の「み声のテープ」をじっくり聞いたことのある方は気付いておられるでしょう、講義中に何度も「カシャカシャ」とライターの音が頻繁に聞こえます。

    そうです光玉はニコチン依存症と言う脳の病気でした。御神前でも、組手の前でも一般の人が吸わないような場所でも平気でスパスパやってました
    01koutamatabako0427.jpg


    0001.jpg本山の御神体はタバコの脂でベトベト
    下の写真は最も参拝者の多い大炎開陽霊祭の一斉お浄めの風景です、ここでも灰皿とライターは用意されている、大勢の信者のまえでも平気で吸ってたんですね?光玉は本山参拝の意義を「教え主のアウルの乗った言霊を聞かなければならない」と言っていたが実際はタバコの煙が混じった言霊ですね。大炎開陽霊祭でさえ休憩時間までタバコを我慢できなかったんです。自分がエライと思ってたのかな?と言うより人々(組手)を見下げていたんですね(カモですから)
    ohoharahi0428.jpg

    0002.jpg所構わずタバコを喫う光玉は病気
    ここでは灰皿はない信仰者なら自然には特別な敬意を払うはずです。教え主でなくても野草の上にタバコの灰をまき散らす人はいないでしょう、岡田光玉は人(組手)も草木も平気で踏みにじるような傲慢なオッサンだったのです。おまけに堂々と愛人(聖珠)を連れ歩いたり、やりたい放題です!病気じゃね
    koutamasougendetabako0428.jpg
    同じ日、光玉はヒマさえあればタバコを吸っていた
    koutamaseisyu0402-02.jpg
    続きを読む

    聖珠と光玉と手島右卿この三角関係を検証してみました!

    二代目教え主聖珠(甲子)の性癖について、いまとなっては確たる証拠を示すことはできませんが資料の積み重ねによる状況証拠で憶測することは可能です。前回は光玉との関係について書きましたが今度は別の男の話です。そう三代目教え主光央(泰六)の実父である手島右卿と聖珠の噂話の裏付けです。

    表紙に「右卿」の書と落款が浮き彫りにされた豪華本その訳は?
    0303yuukei33.jpg
    続きを読む
    高丙文の近況twitter
    最新コメント
    オミタマと光玉の写真

    画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
    情報提供をお願いします!
    全記事表示リンク
    竹内文書/たけのうちもんじょ
    カテゴリ
    検索フォーム
    最新記事
    このブログ発信者に直接届きます

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    関連リンク
    RSSリンクの表示
    月別アーカイブ